KKAコミュニティで学ぶブックメーカーは投資なのか、ギャンブルなのか

こんにちは。
金川顕教です^^

 

「ブックメーカーはギャンブルであって、投資ではないのでは?」
ブックメーカー質問ランキングがあったらトップ3に入る質問です。

 

確かにブックメーカーで行われている
「スポーツの試合結果を予想して賭け、予想が当たったらオッズに応じた金額が払い戻され、
予想が外れたら賭け金を失う」という行為自体は、ギャンブルと言えます。

 

しかし、ここに以下の2つの条件が加わったらどうなるか?

①試合のデータを精査することで、勝率をかなり高めることができる
②もし予想が外れそうになったら、その時点で賭けを降り、損失額を限定できる

 

これなら、投資といえるのではないでしょうか。
株式投資を例に出してみましょう。
株式投資では、企業の業績などのデータを精査して、投資する(値上がりしそうな)銘柄を選定していきます。
同じように、ブックメーカーでも、試合のデータを精査することで、賭ける(勝率の高そうな)試合を選定できます。
また、株式投資では、投資した銘柄が予想に反して値下がりした時など、
一定以上の損失を避けるためにある時点で売却し、リスクをコントロールします(いわゆる「損切り」です)。
同じようにブックメーカーでも予想に反して負けそうになったら、その時点で賭けを降り、
リスクをコントロールできるのです。

 

このように考えると、投資するのが株価スポーツの試合か、という点以外には、
実は大きな差はないということがわかりますね。
ブックメーカーはもちろんギャンブルとして楽しむこともできますが、
やり方によっては立派な投資になりえるのです。

 

しかし、①②について「本当にそんなことができるの?」と思う人もいるかもしれませんね。
まず、①の試合のデータを精査することで、勝率をかなり高めることができるという点から説明していきましょう。

 

例えば野球の試合を想像してみてください。9回の裏、巨人軍の攻撃、
5者連続でホームランを打つ可能性は何%くらいだと思いますか?
野球に詳しい方もそうでない方も、正確な確率は出せなくても、ものすごく低い確率であることは予想できるでしょう。
したがって、このような場面で「5者連続でホームランを打つか、打たないか」という賭けがあり、
「打たない」に賭けたら、ほぼ間違いなく勝てますよね。

 

これと同じようなことが、ブックメーカーで行われているサッカーやテニスの試合においてもできるのです。
ある一定の条件を満たした試合であれば、90%以上の確率で勝てるというルールが、実は存在します。
それについてはまた別の機会にお話させていただきますね。

 

次に②のもし予想が外れそうになったら、その時点で賭けを降り、損失額を限定できるという点について。
これはどのブックメーカーでもできるわけではないのですが、多くのブックメーカーでは「キャッシュアウト」という機能が用意されています。
このキャッシュアウトというのが、まさに「途中で賭けを降り、賭け金を返金してもらう」機能なのです。

 

もちろん途中で賭けを降りるわけですから、賭け金が全額返ってくるとは限らないのですが、
それでも賭けに負けて賭け金を全額失うよりは、はるかに損失が少なく済みます。
それどころか、キャッシュアウト時の返金率はその時々の状況によって変化するので、
場合によっては「キャッシュアウトしたら、賭け金以上の金額が返金される」ということすらありえます。

 

このキャッシュアウトをいかに使いこなして、
投資の原則である「利大損小(利益はなるべく大きくし、損失はなるべく小さく抑えること)」を実現するか、
というのが、ブックメーカー投資の大きなポイントとなってきます。

 

いかがでしたか?
ブックメーカーが投資と言われる所以がおわかりいただけたのではないでしょうか。
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

金川顕教

 

追伸

「らくらく・簡単・超楽しい!ブックメーカー投資入門」という著書も出版しておりますので、
興味のある方はぜひご覧になってくださいね。
金川顕教のOfficial Web Site右上にある「書籍紹介」からご購入いただけます。

 

金川顕教のOfficial Web Siteはこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。