KKAコミュニティで学ぶ、ブックメーカー投資のメリット~後編~

こんにちは。
金川顕教です^^

 

昨日から、ブックメーカー投資って他の投資と違って何がいいの?という内容を
お伝えしていますが、本日もブックメーカー投資のメリットをお伝えしていきたいと思います。
昨日のブログを見ていない方は併せてご覧になってくださいね。

 

・ブックメーカー投資のメリット

⑥資金の回転率を高くできる

結果が出るまでの時間が短いと、何がよいのでしょうか?
それは、資金の回転率がよくなるということです。これがどれだけ大きなメリットかは、
投資経験が豊富な方ほどお分かりになるかと思います。

例えば、株式投資で月1回売買する間に、ブックメーカー投資なら100回ベットすることだって難しくありません。
そうすると、資金は100倍どころか、それ以上のスピードで増えていくことになります。
なぜなら、ベットで得られた利益を再投資することで、複利の力を味方につけ、資金の増え方に爆発的な加速度をつけられるからです。

実際にブックメーカーで成功している方の中には、月利1000%以上という驚異的な成績を残している方もいらっしゃいます。
ここまで効率よく資金を増やせる投資方というのは、世の中を見渡してもそうそう存在しないのではないでしょうか。

 

⑦月利が高い

資金の回転率に関連して、月利が高いというのも魅力です。
ブックメーカーの賭けではオッズが刻一刻と変わっていくので、ケースバイケースではあるのですが、
金川顕教が推奨する条件を満たす試合に賭け、勝った場合に得られる利益は、平均して賭け金の数%程度です。
これだけ聞くと「悪くはないけど、特別いい数字でもない」と感じる方もいるかもしれませんが、
これは「1回のベットで得られる利益」ですからね。

前述の通り、ブックメーカーでは1ヶ月でかなりの回数のベットができますから、
その利益を積み上げていくと月利ではかなり大きい数字になります。
具体的には、金川顕教は「初心者の方は、まずは月利60%を目指しましょう」とお伝えしています。
なぜなら、そのくらいであれば初心者がマニュアル通りにベットするだけでも十分達成できるからです。
実際には、上級者になると月利何百%とか、1000%超えという世界に入ってきます。

写真者でも月利60%得られる投資なんて、なかなかないのではないでしょうか。
株式投資などでは株価が2倍になる銘柄も存在しますが、株価が2倍になるまでにはたいてい何ヶ月か、
それ以上かかりますよね。月利に換算した時に60%というのは、「他にはない」とまではいいませんが、
かなり高い数字だと思います。

ちなみに比べるべくもないですが、現在の大手都市銀行の定期預金の利率は、月利0.01%です。
もちろん定期預金と投資ではリスクが違いますから、比較しても意味がないんですが、
笑っちゃうほどの差ですよね。

 

⑧平日の夜や土日にできる

例えば株式投資ですと、もちろん夜のうちにネットで注文を出しておくことはできますが、
やはりメインとなる取引時間帯は日本でマーケットが開いている平日の9時~15時までとなります。
また、FXの場合は、平日であれば24時間世界のどこかでマーケットが開いていてリアルタイムに注文できますが、
その場合でも相場の動きが気になって、仕事中についスマホで為替チャートをチェックしてしまうという人が
少なくないのではないでしょうか。それに、やはり土日はマーケットが閉まってしまいますね。

これに対して、ブックメーカー投資では、日本時間のPM8時~AM3時あたりがメインの時間帯になります。
なぜなら時差の関係で、この時間帯が、サッカーやテニスの盛んなヨーロッパのアクティブタイムとなるためです。
しかも、平日はもちろん土日も世界中で試合があります。
24時間365日、世界中のどこかしらで試合があればエントリーできるのです。

これは特に、昼間は仕事で忙しいサラリーマンの方には嬉しい特徴ではないでしょうか。
ブックメーカー投資は、どんな職業、生活スタイルの方にでも適している投資法といえるでしょう。

 

⑨すぐに現金化できる

さらには、現金化しやすいのも、ブックメーカー投資のメリットといえます。
そもそも、株式、FX、不動産、これらすべては「買いたい人」がいて初めて売ることができ、現金化できるのです。
保有しているA社の株を売って現金を得たいと思っても、A社の株を買う人が現れないと売却することができず、
現金化もできません。特に不動産となると、ものが大きいだけに、なかなか買い手が付かない場合もあるものです。

もちろん、株式の場合は証券取引所を介するので取引自体は成立しやすいですが、
その場合でも、売却注文が約定してから証券会社の口座に売却代金が入るまで、4営業日かかります。
つまり、売却できても、現金を手にするまでに多少の時間がかかります。これはFXも同様ですね。

一方ブックメーカー投資では、賭けた試合において、自分の勝利が確定した直後にブックメーカーのサイト上の残高に反映されます。
海外のブックメーカーサイトを利用するので、出金して手元に現金を持ってくるために何ステップか踏む必要はありますが、
それらはすべてネット上の操作で手続きできるので、ほとんどタイムラグなく現金を引き出すことができるのです。

入金したり出金したりする際に多少の手数料がかかるので、あまり頻繁に出金することはおすすめできませんが、
いざ急に現金が必要になった時にはすぐに現金化できるというのは、意外と大きなメリットだと思います。

 

以上、ブックメーカー投資の9つのメリットをお伝えしてきました。
もしブックメーカー投資や金川顕教のコミュニティ「KKA」について詳しく知りたいという方は、
以下のLINEへ「KKA」とメッセージを送ってください。

 

金川顕教のLINEはこちらから
http://line.me/ti/p/1zFBg-690U

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。