4歳でもできる「自制スイッチ」切り替え法

4歳でもできる「自制スイッチ」切り替え法

あなたは、自分のことを

「自制できる人間」

だと思いますか?

「はい!できます!」

と、堂々と答えられる人は
多くないと思います。

ほとんどの人間は
欲求に対して弱い生き物です。

もちろん、ビジネスをやる上では、
欲を持って物事に取り組むことは
非常に大事です。

しかし、マイナスな欲求に対して
自制がきかないというのであれば
少し問題かもしれません。

経済面での自制ができないから
いつもお金の不安が消えなかったり、

浪費・消費癖のせいで
貯金ができなかったり、

自制ができないと
いつまでもお金の悩みが消えず、

ビジネスに挑戦するときも
足を引っ張られる要因に
なりかねません。

欲求を上手くコントロールして
ビジネスで成功を手に入れるために、
あなたは

『稼ぐための自制』

を身につける必要が
あるんです。

以前にテレビなどで
話題になりましたが、

「マシュマロ・テスト」

という実験があります。

マシュマロテストとは、

スタンフォード大学の心理学者
ウォルター・ミシェルが
長期にわたって行った実験のことです。

のべ600人以上が参加した
大規模なこのテストは、

人間が持つ本来の欲求に
対抗できる

「自制心」

の研究を大いに
発展させました。

これは、4歳の園児たちに

「マシュマロ1個を今すぐもらう」

か、それとも

「しばらく待って、
マシュマロを2個もらう」

か、選択させるというものです。

まだ4歳児ですから、

「お菓子を食べたい!」

という生理的欲求のほうが、
我慢しようとする自制や理性を
圧倒してしまいます。

すぐに目の前のマシュマロを
食べてしまう、いわば欲求に
負けてしまう子が続出しました。

当然と言えば、当然です。

しかし、これに対して
自制によって生理的欲求に
打ち勝つ子もいました。

実験の結果、

3人中2人はすぐにマシュマロを食べ、
1人は決められた時間を待って
2つのマシュマロを手に入れました。

その後、この実験に参加した
子供たちを長年にわたり
追跡調査したところ、

マシュマロを我慢して2つ手に入れた子は
すぐに食べてしまった子よりも

・大学進学適正試験(SAT)の点数が高い
・中年になったときの肥満指数が低い
・自尊心が高い
・ストレスにうまく対処できる

ということが分かりました。

マシュマロ・テストによって、

『自制心』

と呼ばれる

「将来のより大きな成果のために、
自己の衝動や感情をコントロールし、
目先の欲求を抑える能力」

が、人の成功に重要であることが
判明したわけです。

このように、

「自制ができない人」

は、目の前にマシュマロがあったら
我慢できずに食べてしまう人です。

これはビジネスの世界でも
まったく同じことが言えます。

目先の利益にとらわれる人は、
その先のより大きな利益が
見えていません。

ビジネスで成功を手に入れたいなら、
欲求のバランスをとらなければ
いけません。

せっかくビジネスで稼いでも、
消費や浪費でいつもお金がない、
という事態におちいる前に、

『自制』

をコントロールすることで
その危機を回避できます。

そこで、

あなたの自制心を上手く
コントロールしていくために
必要な

『ホットシステム&クールシステム、
簡単スイッチ法』

をご紹介します。

人間の脳には、

「ホットシステム」
「クールシステム」

というものが存在しています。

「ホットシステム」とは、
欲求を感じたときに衝動的にそれを
満たしたくなること。

「クールシステム」とは、
冷静に対象や物事の
価値を判断できる状態のことです。

たとえば、服を買いにお店へ
行ったとき

「あ、これほしい!」

と思う衝動がホットシステムで、

「いや、本当に必要か?」

と冷静に考えるのがクールシステムの
役割です。

人間の脳は、この2つが常に
せめぎ合っています。

「今月ピンチだけど…
この靴欲しいな…」

「こんな時間にケーキ食べたら
絶対太るよね…」

など、様々な衝動と常に
戦っています。

たいていの人は、
欲求の衝動がきたときに
ホットシステムに逆らえません。

だから衝動買いで後悔するし、
夜遅くにケーキを食べて後悔します。

このホットシステムを
冷却して、クールシステムを
作動させることが必要です。

ホットシステムのスイッチを
クールシステムに切り替えるには、

『即時判断をしない』

ということを
意識してください。

あなたにも身に覚えがあると思いますが、

「今日は絶対に○○が食べたい!」

と思っていたとしても
仕事や用事でバタバタしていて、
先延ばしにすれば

「あれ?そういえば○○を
食べてないけど、まあ、いっか」

と、衝動が収まった経験が
あると思います。

瞬間的に湧き上がる欲求は、
とにかく即時判断せずに

『先延ばしにする』

ことで、ホットシステムを
冷却することができるんです。

マシュマロ・テストで
2つ手に入れた子供たちは、

マシュマロから
視線を外したり、

マシュマロそのものに対する
イメージを変えたりして、
自制心を最後まで持ち続けました。

その結果、目先の利益より
大きな報酬を得ることができたんです。

ホットシステムは
使い方によっては

ビジネスのモチベーションを
維持できたりと
いい面もあります。

ホットシステムと
クールシステムの両方を
上手く使い分けることによって、

あなたはビジネスで
成功を手に入れることができます。

まずは、
衝動的な欲求に襲われても
グッと一呼吸おいて、

クールシステムを呼び起こすことを
意識してみてください。

それだけで、あなたは

『自制』

を上手くコントロールできるように
なりますよ。

では、最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。