1年の終わり方

1年の終わり方

忘年会ってありますよね?

正直これ
やばいと思うんですよね。

「嫌なことを忘れる」

そんなことを言いながら
居酒屋に向かいますよね。

忘れちゃいかんでしょ!!!

と思うわけです。

この文章を読んでる人は、
あくまで自分の生活を
何かしら良くしたい
と思っています。

そういう会を
大切にしたい気持ちは
わかりますが、

忘れるのは
何も未来に良い影響を
もたらしません。

この『嫌なことを忘れる』という行為は
30万円で購入した教材を捨てるのと
同じです。

むしろ、失敗経験は金銭的価値には
変えられませんから
お金に換えられない価値を捨てる行為です。

ほんとにもったいない。

嫌な思い出
失敗
黒歴史

というあなたの経験は
お金に換えられない
最高の価値があります。

こんな格言があります。

『死ぬほど後悔しろ』

普通は、後悔しないようにしようと
言われてます。

失敗したと自覚しても
自分のやったことを後悔しないように
「これで良かった」と
自分に言い聞かせる。

なんていう風にしている人も
いると思います。

でも、この格言は逆です。

失敗を認めて、死ぬほど
「ああすればよかった、
こうすればよかった」と
後悔しろというものです。

すこしイメージ
しにくいかもしれません。

でもこの格言の威力は
あなたもすでに体験済みだと
思います。

例えば、

子どものころ
クリスマスプレゼントをお願いするとき
変なお願いをしてしまって、

「ちゃんと考えこんでから
行動する」

という学びを得て、
今優柔不断になっている人が
いたりします。

他にもこんな
面白い話があります。

ギャンブル好きの
父を持った
長男と次男の物語です。

父さんは母さんに
毎日暴力をふるい
酒にまみれ
涙を流させてばかりでした。

それを毎日目の前で見ていた
長男と次男は15年後・・・

2人にはこの悪魔のような記憶が
こびりついていました。

しかし、行く道は
全く逆のものでした。

長男は父に似て、
ギャンブルと酒まみれの生活。

次男は真逆
ギャンブルも酒もせず
パートナーに優しく愛のある生活。

面白いことに
長男と次男に

「父があんな人で、あなたがそうなったんですか?」

と聞くと。

返したセリフが

「あんな父親を見てたら
こうなるに決まってる」

でした。

それなのに、
2人は真逆の道を進みました。

この二人の差は、まさに
『死ぬほど後悔したか』どうかです。

長男はそんな父親を見て
忘れようとしました。

無かったことにしたんです。

だから、反省も改善点も
自分だったらどうするかも
考えることなく育ちました。

その結果
「あんな父親なんだから
似るのは当然だろ」と言わんばかりに
同じような生活になりました。

長男と違って
次男は死ぬほど後悔しました。

最悪の父親を見て
目を閉じず、受け入れ
自分ならどうするかを
考えました。

その結果
「あんな父親のようには
絶対になりたくない」
と愛のある生活になりました。

あなたも幼少期の時の思い出から
なにか影響され
今の自分を作っている
なんてことがあると思います。

というより、
絶対にあります。

僕たちは過去によって
今が形成されています。

良いか悪いかは置いておいて
過去が今を作っているのは
事実です。

そして、

過去を深く反省したり
深く後悔することは
未来につながります。

ギャンブル好きの父を持った
2人の子どものように
過去をどう未来に活かすかは
捉え方次第なんです。

そのために、
忘れるなんてことは
もっての外。

死ぬほど後悔して
同じ失敗を繰り返さないように
同じ過ちが起きないように

何ができるかを
考えなければいけません。

ですから、
忘年会はやばいです。

論破会とかが良いんじゃないですか?

5人でやったとしたら
4人が1人を滅多打ちにする。

「そんなことやってっからいけねーんだよ」
「俺ならこうするな」
「そっちじゃないだろ!」

と1人の1つの失敗の傷をエグリまくる会です。

これをすることで、
その人は、その時死ぬほどむかつくと思います。

しかし、同時に死ぬほど後悔します。

それは良い未来を創る
最高の原動力になると思います。

では、今日も最後まで
お読みいただきありがとうございました。

コメント

    • 優希
    • 2017年 12月 28日

    いつも記事読んでます(*´꒳`*)
    記事書いて下さりありがとうございます‍♀️
    忘年会に対しての考え方が凄く変わりました
    確かに失敗したことは忘れてはいけないですね、
    失敗したことを成功へ近づけるためにも
    失敗したこと嫌だった過去をぐわんぐわん
    引き出して向き合い、絶対そうならない自分を
    未来へ作って行きたいと思います!(*´꒳`*)
    よろしくお願いします(^人^)
    凄く勉強になりました!

    • Hamabe
    • 2017年 12月 28日

    今年は金川さんのメルマガに大変お世話になりました。感謝です。
    初めて知りました。とても心に響く言葉ですね、死ぬほど後悔する。生きる気合いが入ります!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。