臨機応変なんて極めなきゃ無理!!

ども金川です。

 

『強いものが生き延びるのではなく

変化できるものが生き延びることができる』

 

耳にタコができるほど

よく聞くことかと思います。

 

停滞は退化、

前進が停滞、

進化が前進。

 

商品も、動物も、人間も

社会も、金融も、

 

常に進化し続け

変化し続けなければ

必ず終わりがやってきます。

 

だから僕らにとってどんな状況下でも

自分をさらに進化させ変化させていくことが

唯一の前進です。

 

ただ、この話は当然大切な話なのですが、

今日はこの話をしたかった訳ではありません。

 

安定志向が強く

「今の生活が維持できれば良い」

という方は多くいます。

 

純粋に欲が少ないこともあると思いますが、

 

「変化し続けなければいけない」

 

なんて思ってもいませんし、

逆に

 

「変化したくない」

とさえ思っていることが

多いでしょう。

 

でも、僕たちは

世の中はイレギュラーしか存在しない

ということは本能的にわかっています。

 

一見矛盾してますよね。

 

「変化したくない!」

 

とは思っていても、

 

「安定など無い」

と本能的に実は思っているんです。

 

「安定なんて無い!?!?

 

いやあるでしょ!!!」

 

という方もいらっしゃるかと思います。

 

もちろん、冒頭で話した

進化し続ければ、安定して君臨し続ける

ことはできると思います。

 

ここで言いたいのは、

「今の暮らしを続けたいから、

今の暮らしのままでいい」

という方に伝えたい話です。

 

「今の生活を持続させたいから、

何も変化しなくても良い!」

 

そう思ってる方でも

本能的には「変化しないとダメ」

ということですね。

 

誰かが誰かにものを教えるときに、

最終的にこう言いませんか?

 

「ま〜臨機応変にやってみて!」

 

教えの極論って

これだな〜と思っているのですが、

『臨機応変』って言葉、

 

どんな状況になっても

その状況にあった最適の対策する

ことを言いますよね。

 

つまり、ひな形では通用しないので

それぞれやり方を変えていかないとけない

ということです。

 

例えば、野球のバッティングだったら

毎日素振りを1000回、

バッティングセンターで打ち込み100回

自分のフォームと打撃のひな形を作る。

 

でも、実際に相手にするのは

バッティングマシーンではなく

生の人間。

 

どこで何kmの球で

どんな球種で投げてくるか

なんて全てを予想することはできない。

 

バッティングマシーンのように

全てストレートとは違う。

 

しかも、バッティングセンターに立った時の

プレッシャー、自分の気持ち

ピッチャーの調子、キャッチャーの調子

全て練習通りではありません。

 

どうするか?

 

自分のひな形で

臨機応変に対応する。

 

これが極論となります。

 

仕事にしても、

人それぞれ臨機応変に営業トークを変える。

 

そもそも臨機応変という言葉は

物事はイレギュラーの塊だから

そのイレギュラーに対し

どう自分の武器を応用することができるかが

重要ということです。

 

何が言いたいかっていうと、

物事がイレギュラーだということを

認めているのが前提。

ということです。

 

イレギュラーが前提にあるから

人は

「臨機応変に!」

という言葉を多用します。

 

何かアドバイスをする、

もっともっと、となっていけば

最終的には臨機応変です。

 

臨機応変にできる人は

どんどん成功していくし

できない人は停滞していく。

 

世の中はイレギュラーで

自分がそれに応じて対策していくのが

一番ベストだと思っているんです。

 

イレギュラーがあることは

誰もが認識している。

 

でも、そのイレギュラーを

無くそうとしている人が

あまりにも多い気がします。

 

イレギュラーは絶対に無くなりません。

 

イレギュラーに対し

自分が臨機応変に対策していくから

人生や全体を通して

イレギュラーなくなったと勘違いを

しているだけです。

 

「イレギュラーが無い」と勘違いしたいがために

みな努力するんです。

 

あれ?

 

そんなのって何のために??

 

となりますが、

これ以上を話すと、

長くなりすぎるので今日は

ここまでにしておきます。

 

ありがとうございました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

40,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。