1週間で友達5000人!?フェイスブック集客の秘訣

こんにちは。
金川顕教です^^

 

SNSで集客をするのが当たり前になってきましたね。
今日は、フェイスブックにフォーカスをあてていきます。
フェイスブックを使った集客の方法とは一体・・・?

 

どんなに素晴らしい内容の投稿をしたとしても、
やっぱり多くの「いいね!」を獲得しなければ意味がありません。
あくまでフェイスブックだけで集客を考えるなら、金川顕教的には「1000いいね!」はほしいです。

 

あなたは「1000いいね!」されている投稿を見たことがありますか?
企業や有名人のフェイスブックページならあるかもしれませんが、
おそらく個人の投稿ではなかなかいないと思います。
多くても、「200~300いいね!」くらいではないでしょうか。

 

でも、一体どうして「1000いいね!」必要なのでしょうか?
それは、他のフェイスブックユーザーから「あの人すごい!」と思ってもらうためです。
先程もお話ししましたが、個人で「1000いいね!」を獲得している人はそうそういません。
「1000いいね!」を獲得している人が少ないからこそ、効果があるのです。
よって、自分に興味を持ってもらいやすいです。

 

では、「1000いいね!」を獲得するためには、何が必要だと思いますか?
ほとんどの人がお分かりだと思いますが、必要なのは”友達の数”です。
友達の数を増やさなければ、「1000いいね!」は難しくなってきます。

 

フェイスブックの友達の上限は5000人なので、まずは5000人と友達になってしまいましょう。
「いやいや、金川さん!そんなのムリだって!」なんて声が聞こえてきそうですが、1週間あればできるでしょう。

 

友達の数を5000人に増やす方法はとてもシンプルです。
一体どんな方法なのでしょうか?

 

「友達が多いユーザーの投稿に”いいね!”している人に”友達申請”する」
たったこれだけです。

 

この作業を繰り返せば、あっという間に友達が5000人に到達します。
「そんな簡単に友達申請を承認してくれるものなの?」と疑問に思う人も少なくないでしょう。
それがしてくれるんですね。

 

【フェイスブックのユーザー層】
①アカウントを持っているだけ(登録しているだけ)
②投稿は見るけど、いいね!はしない
③ほぼすべての投稿にいいね!する

 

友達を5000人に増やすには、③のほぼすべての投稿にいいね!する人がターゲットになります。
こういうタイプの人は、友達申請をされたら即承認してくれる可能性が極めて高いです。

 

友達を5000人まで増やすことができれば、肝心の「1000いいね!」も夢ではありません。
ただ、どんな内容の投稿でもいいのかなというと、当然そんなことはありません。
ちゃんとした内容の記事を最低1日1投稿することができれば、
「1000いいね!」を獲得できる可能性は極めて高いです。

 

最後に、いいね!を獲得しやすい記事の書き方についてお話しします。
いくら友達が5000人いても、「○○をしました。楽しかったです」なんていう小学生以下のレベルの投稿では、
いいね!はほとんど獲得できません。
当然ですよね?あなたがそんな記事を見てもいいね!しないと思います。

 

【フェイスブックでいいね!されやすい記事の内容】
①自分のプライベートに関すること
②人生に対する考え方
③仕事に対する考え方

 

これらの内容を必ず書かなければいけないのかというと、そんなことはありません。
大切なのは”ユーザーの立場にたって投稿すること”です。

 

自分がユーザーの立場だったらいいね!したいと思うか、
どんな写真だったらユーザーの感情が揺さぶられるか、
ビジネスに関することや、自分の商品の宣伝になっていないか、
これらを意識することができれば、あなたの記事も他のユーザーから共感をもらえ、
「1000いいね!」に到達できるでしょう。

 

今日から早速やってみてくださいね^^

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。