集中を極める「フロー状態」に突入せよ!

集中を極める「フロー状態」に突入せよ!

 

あなたの小学生時代って、

どんな感じでしたか?

 

ちょっとだけ

思い出してみてください。

 

毎日、学校が終わってからも

ずーっと友達と

遊んでませんでしたか?

 

夕方5時のチャイムが鳴るまで

鬼ごっこしたりかくれんぼしたり

ヒーローごっこやったり、

 

めっちゃ遊ぶことに集中して

気づいたら5時、みたいな

感じだったと思います。

 

で、チャイムが鳴って

それぞれ慌てて家に帰っていく、

 

みたいな経験があなたにも

あったと思います。

 

子どもの頃に限らず、

好きなことに熱中してたり

面白い漫画とか読んでるときって、

 

時間が過ぎるのが異常に

早く感じないですか?

 

あまりに楽しすぎて、

時間の感覚がなくなるような

イメージです。

 

こういう、楽しいことや

趣味やスポーツに没頭して、

 

時間感覚がなくなり

特別な状態になることを

 

『フロー状態』

 

といいます。

 

Flow=流れること、

つまり流れに乗っている

状態のことです。

 

人間は、この状態に

入ることができると

ものすごい集中力を発揮します。

 

良いパフォーマンスが

行えるだけでなく、

学びが身に付くスピードも

速くできるんです。

 

特に、

 

成功者やスポーツ選手などは

フロー状態を上手く利用して

結果につなげている人が多くいます。

 

たとえば、

 

スティーブ・ジョブズは

「マインドフルネス」という

瞑想を利用して

深い集中状態を作り、

 

新しいアイデアや

クリエイティブな考えを

生み出すための

キッカケにしていました。

 

スポーツ選手で有名な例だと、

 

ラグビーの五郎丸選手が

キック前にしている独特な動き。

 

あれは「ルーティーン」と

呼ばれるもので、一定の動作を行って

その一点に気持ちを向けることで、

 

次のプレーのための

準備をするというものです。

 

野球のイチロー選手も

バッターボックスで

決まった動作をしています。

 

あれもルーティーンです。

 

1つのことに意識を集中させて、

それ以外の余計なことを思考から

叩き出してしまうんです。

 

そうすると、目の前のことにだけ

グッと集中して取り組めるように

なるわけなんですね。

 

人間って、集中力がなかなか

続かないようにできています。

 

あなたも、いざ会社終わりに

副業をやろうとしても、

なぜか作業に集中できずに

 

「ヤバい…もう12時だ、寝なきゃ」

 

なんてことがありませんか?

 

作業は、後回しにしていると

どんどん手を付けるのがおっくうに

なってきてしまいます。

 

毎日、少しずつでも

続けてやることが重要なんです。

 

10日に1度、10時間バーっと

一気に作業するよりも、

 

10日間毎日コツコツ1時間ずつ

やったほうが、しっかりと

身に付くんです。

 

では、あなたが毎日しっかり

作業に集中できるように、

 

『フロー状態』

 

になるための引き出し方を

3ステップでご紹介します。

 

================

ステップ1:深呼吸をして目の前の

課題に意識を集中させる

================

 

日常では、なかなか意識しないと

深い呼吸をするタイミングがありません。

 

深呼吸は心と体をリラックスさせる

効果があり、頭の中の雑念を

クリアにしてくれます。

 

これから行う作業について

考えながら、ゆっくりと深呼吸を

1分ほど繰り返します。

 

集中モードに思考が切り替わり、

効率的に作業に取り組めるように

なります。

 

================

ステップ2:時間を区切り、目標を持つ

================

 

毎日、作業する時間を区切って

目標を持ってみてください。

 

作業がなかなか続かないという人は、

最初から大きな目標を

抱えすぎているということが

たまにあります。

 

そうではなく、

 

「今日は、これから22時~23時まで、

○○の作業を1時間だけしよう」

 

と最初に決めてから

取りかかります。

 

時間と作業の内容を最初に

決めてしまうことで、

 

途中でダレて止めてしまうことが

なくなります。

 

================

ステップ3:ルーティーンを行う

================

 

「毎回、作業の前に必ず行う動作」

を決めておいてください。

 

コーヒーを1杯飲むことでも、

決まった椅子に座ることでも、

ストレッチをすることでも、

 

何でも構いません。

 

ルーティーンの目的は、

 

「これをしたら作業に移る」

 

と、はっきりと思考を

切り替えるための

作業スイッチを押すようなことです。

 

これを行うことによって

自然に集中力が高まり、

 

作業にスムーズに

移行できるようになりますよ。

 

以上の3つのステップを

踏んでから作業に移ることで、

 

あなたはもう

 

「集中できない…」

 

という理由で作業に

取りかかれないことが

なくなります。

 

毎日1時間だけでいいので、

「作業を続ける」ということを

してみてください。

 

途中でやめてしまうと、

また動き出すために膨大な

エネルギーが必要となります。

 

少しずつ、コツコツと。

 

1時間が難しければ、最初は

30分でも構いません。

 

『フロー状態』

 

に慣れてくると、

無意識でもスイッチが

入れられるようになります。

 

そうなればあなたはもう

集中力の鬼と化して、

 

Flow=流れに乗って、

超スピードで結果を出すことが

できますよ^^

 

では、今日も最後まで

よんでいただき

ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。