金持ちになるには失敗も必要?

こんにちは。
金川顕教です。

 

こんな質問を頂きました。

 

「金川さんのビジネスは失敗しないイメージですが、
何か失敗談はありますか?」

 

答えはイエスです。
でも、どちらかというと
失敗というより反省や後悔といった方が
しっくり来るかもしれません。

 

今日は趣向を変えてそんなお話です。

 

『成功と失敗』という言葉を聞いたことがありますか?
何事もプラスとマイナスに捉えることができますが、
僕はどんなに失敗してもプラスに捉えるようにしています。

 

すなわち、失敗を失敗と思わないということです。
僕にとって失敗とは学ぶためのきっかけにすぎないのです。
失敗をしたからこそ今があるということです。

 

そんな金川顕教はどんな失敗をしてきたのか?

 

例えば初めてのセミナーです。
今でこそ即興で喋ることができますが、
当時はパワーポイントで20~30ページに及ぶ資料を持ち込んで、
延々と読み上げていました。

 

「金川さんどこ見てるんですか?」と
声がかかったほどです。

 

これは失敗でしたね。
このことから学んだことは、
セミナーをやる際は準備しすぎないこと。

 

なんで?

 

作った資料を読み上げても素の自分が出ないのです。
書籍などから取り込んだ情報には自分が実践していないものも含まれるでしょう。
「あれ?オレこんなことやったかな?」なんてことになれば、
信憑性がない上、相手に伝わることもありません。

 

それから、僕は2012年11月からビジネスをはじめて翌年3月に会社を辞めたのですが、
11月12月はただひたすら作業に没頭していました。

 

作業したらすぐ教える(インプットしたらすぐアウトプット)のが
頭の中に残る方法なのですが、
当時はそんなこと全くしていませんでした。
今の金川顕教なら11月の時点でセミナーをやるでしょう。

 

加えて11月の時点で会社を辞めてもよかったかな、
なんて思っています。

 

やるのが遅すぎたという失敗です。

 

今でこそ即実行に移せますが、
最初は不安や疑いによりなかなか行動できないのも事実です。
しかし、「~したい」というように興味があるものは、
すぐに取り組んだ方がいいです。

 

逆に興味がないものをやる必要はありません。
これは間違いありません。

 

少しばかり金川顕教の失敗についてお話させていただきましたが、
はっきりいって失敗なんて書ききれないくらいあります。

 

でも、失敗が多いということは、
よく言えば人より行動しているということです。
同時に学びも増えていくので、
結果オーライという風に捉えていただきたいです。

 

少しでも皆さんの励みになれば幸いです。
本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。