金川顕教が考える、金持ちに共通する5つのポイント

こんにちは。
金川顕教です^^

 

ネットなんかを見ていると、お金持ちの共通点というトピックスを度々見かけます。
お金持ちというと、あなたはどんな人をイメージしますか?
今日は、金川顕教の実際の経験を踏まえて、
お金持ちに共通する5つの特徴をシェアしたいと思います。

 

①余裕がある

まず最近の話で言えば、お金持ちの人が集まる会があったんですが、
先輩が約束の時間になってもこなかったんです。
それでしばらくして「すいません!車の中で寝ちゃってました!」と連絡があり、
先輩は遅れて参加することに。

 

その場にいた人は某有名飲食店をチェーン展開されている社長さんもいたりと、
そうそうたるメンバーだったんです。
その時金川顕教は思いました。「お金持ちってどこか余裕がある」ということ。

 

時間に遅れてきた先輩も、その場で待っていた人たちもどこか余裕がある・・・
なんだか不思議な感覚でした。

 

②コミュニケーション能力が高い

対人関係に対してスムーズなコミュニケーションが取れるということもですが、
難しい内容でも簡単にわかりやすく人に説明できるという”会話力”が問われますよね。

 

相手の話していることを理解する能力や、
自分が伝えたいことを簡単に噛み砕いて相手に理解してもらうこと。

 

お金を稼ぐことと少し視点がずれているのでは?と思いがちですが、
特にビジネスはたくさんの人と関わって進めていくことが多いです。

 

お金持ちになるために会話力やコミュニケーション能力を上げる練習をするのは、
ビジネスが上手くいくための項目として視野に入れていいと思います。

 

③おしゃれ

おしゃれに関しては、靴より腕時計にお金をかけている人が多い印象ですね。
お金持ちのイメージなのかな?と思いがちですが、
でもよく自分の周りのお金持ちを観察していると、8割9割はいい時計を身につけています。

 

ロレックスとかフランクミューラー、
金川顕教みたいに人と違ったものが好きな人はハリーウィンストン・ウブローなんかを着けていたり。
一方靴はどうかな?と見てみると、お金持ちの人によりますがピンキリな気がします。
綺麗だったらなんでもいい、見えないからあんまり気にしないという人が多い傾向です。
ちなみに金川顕教は靴大好きなんで、いい靴を履いています。笑

 

でも、トータル的に考えるとおしゃれな人が多い、
外見に気を使っている人が多いというのは確かですね。

 

よく仕事ができる人かどうかは靴を見て判断するというイメージがありますが、
それは女性目線なような気もします。
自分好みという部分もありますが、お金持ちとして周りから見られていることや人となりがわかるような判断基準としても、
良質で高級な時計を身につけることに意味があるのではないでしょうか。

 

④嫉妬、痛みに慣れている

そして、周りのネガティブな嫉妬に一喜一憂しないというのも、
このことからわかると思います。
お金を稼ぐと周りからの妬みや嫉妬はつきものですが、
それに対しての”防御力”と表現したほうがいいでしょうか。

 

ドラクエで言えば、攻撃力より防御力のほうがすごい高い感じですよね。
草の盾より鉄の盾で、すごい強い装備をしていていくら攻撃されても倒れない感じ。笑
いい意味で、人に嫌われることを恐れていないと言ったらいいのでしょうか。

 

人は平均的なものを”普通”と判断する傾向にありますが、
お金持ちの人たちが行う行動や思考は当然ながら”普通から外れている”と考えていいでしょう。

 

よくあるのが、僕たちがドライブした!高級な鉄板焼き食べた!などの何気ない日常をSNSにアップしたりすると、
「お金持ち自慢ですか?」なんてメッセージがくることがあります。
しかし僕たちからするとごく普通の日常であり、
一般の人がプリウスでドライブしたり近くの定食屋でご飯を食べたことをSNSでアップしているのと同じことなんですね。
いわゆる”嫉妬”がほとんどで、成功者の多くはその嫉妬や批判を言われることにすら慣れているんです。

 

もちろんポジティブなマインドを持ち合わせているということもありますが、
耐久性や防御力も備わっていると考えていいのではないでしょうか。

 

⑤お金に対して執着心がない

お金持ちはお金に対してクールなんですよね。
意外かもしれませんが、お金を持っている人イコールお金に執着心があるわけではありません。
一般的なイメージでは、お金がすごい好きで執着しているからお金持ちなのかな?と思いがちです。

 

しかし、真実は真逆。
お金持ちはお金があることに慣れているので、
お金に対してクールに捉えている人が多いと思います。

 

感情的に扱っているわけではなくて、非常に冷静にお金と接しているといった方が伝わりやすいでしょうか。
買い物をする際にも値段を見て、高いか安いかを吟味してから買う!というよりは、
欲しいという気持ちを大事にしていると思います。

 

お金持ちは一般の人たちよりお金を持っているので、
通常のお買い物や食事などで高価な金額で支払いを躊躇するという感覚はありません。
金額で判断するのではなく、”お金を出すだけの価値があるかないか”を見極めて賢く判断していると思うんですよね。

 

お金をツールや道具だと捉えて、
冷静に付き合っていると思います。

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。