過去を変える方法!?

こんにちは。
金川顕教です^^

 

「若い頃は○○だった」
「あのときこうしておけば良かった」
なにかと過去にすがりついている人っていませんか?

 

それは今の生活に満足していない証拠です。

 

だったらこれからの人生を
より良いものにするしかないと思いませんか?

 

過去の栄光にすがりついたり、後悔したって
未来がよくなることはありません。

 

過去は変えられません。

 

大学を留年したことをないことにするとか、
絶対にできませんよね?

 

でも、過去の出来事に対する捉え方を変えることで、
過去の出来事の意味づけは変えることができるんです。

 

例えば、金川顕教の場合、
両親の離婚と養子問題という過去があります。
もちろんそのときは辛かったです。

 

そして、大人になってからも辛いことはたくさんあります。
でも、両親の離婚と養子問題という過去は、
あらゆる場面で金川顕教を支えてくれています。

 

ちょっとやそっとの辛いことじゃ
動じなくなりました。

 

あのときに比べれば全然辛くないって思えるんです。

 

つまり、両親の離婚と養子問題という過去は、
ただの辛い経験ではなく、むしろ金川顕教を成長させてくれる
貴重な経験だったんだと、いまなら思えます。

 

このように、
過去の出来事をどう捉えるかでこの先の人生は変わっていきます。

 

過去にネガティブな経験をしたからって
それを引きずっていたらどんどんネガティブになります。

 

それよりも、今後なにか困難に直面したときに、
「あのとき乗り越えられたんだから大丈夫」
と過去の経験をポジティブに捉えたほうがいいです。

 

辛い過去はあなたが成長するための糧となっています。
辛い経験や失敗というのは決してムダじゃないんです。

 

過去の栄光にすがりついたり、
後悔ばかりしている人は
過去の出来事の捉え方を変えてみてください。

 

過去は変えられませんが、
意味づけを変えることはできますよ。

金川顕教

 

=================

金川顕教の無料メルマガはこちらから

あなたの先輩成功者たち3.5万人が愛用する金川顕教の
無料メールマガジンの内容とは?

「僕の人生を変えた、お金を稼ぐ力をつけるためのメルマガです」(30歳男性)
「これを読んで年収1000万円達成しました!今や年収は2400万円です」(31歳男性)

これらは購読者のお声です。

超有料級の内容をお届けいたしますので、是非ご購読ください!!

金川顕教の無料メールマガジンはこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/mailmagazine/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。