転職したほうがいい理由

こんにちは。
金川顕教です^^

 

皆さんは、
今の会社にどんな理由があって入社しましたか?

 

「なんとなく今の会社に入った」
「とりあえず就職した」
という方も多いのではないでしょうか。

 

結果やりがいを
感じているのであれば
問題ありませんが、
惰性で働いている方も
多いと思います。

 

やりがいを感じられない仕事を無理に続けたり、
ただただ惰性で働くということは、
生産性が低くなる原因になります。

 

じゃあどうすればいいのでしょうか?

 

金川顕教は転職も視野に
入れたほうがいいと思っています。

 

しかし、多くの人は一度入社した会社に
定年までいようと考えます。

 

「せっかく入社したんだから」
「転職した会社がもっと過酷だったらどうしよう」
などと考えてしまうんですね。

 

あるいは、
「転職は考えたけど時間がない」
という人もいるでしょう。

 

でも、好きでもない仕事を
あと何十年も続けられますか?

 

そんな状況でモチベーションを維持し続けるのって
めちゃくちゃ難しいと思うんです。

 

もちろん仕事にやりがいを感じていて、
前向きに働き続けられる人は
転職する必要なんてないでしょう。

 

例えば
「尊敬している上司がいる」
「この会社の理念が好き」
「会社でトップになる」
というような目的や希望があれば、
その会社で働き続ける意味があります

 

しかし、生活費のためだけに
今の会社で働き続けているという人も
かなり多いのではないでしょうか?

 

生活費のためだけに
好きでもない仕事を無理やり続けても、
生産性は下がる一方です。

 

転職っていうと
ネガティブなイメージがあるかもしれませんが、
むしろ今は、上を目指すために必要な手段です。

 

そして、転職して当たり前の時代です。

 

例えば面接でも、
一つの会社に長く勤めている人よりも、
転職して幅広い経験を積んでいる人の方が
「経験が豊富」と優遇されることすらあります。

 

なので、今の仕事を無理やり続けているのであれば、
自分自身の生産性を上げるためにも
転職を視野に入れたほうがいいでしょう。

金川顕教

 

=================

金川顕教の無料YouTubeはこちらから

金川顕教のYouTubeでは
あなたにとって有益な情報をすべて無料で
配信しています。

「このYouTubeで年収がおよそ10倍になりました」(30歳男性)

「現在の年収は2400万円以上です。僕はこのYouTubeをきっかけに
ビジネスを始めました」(25歳男性)

これらは視聴していただいた方からのお声です。

ぜひご覧ください。

金川顕教のYouTubeはこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/youtube/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。