質の良い「即断即決」とは?

質の良い「即断即決」とは?

社会に出るとどうしても
避けられないことの一つに

「とっさに決断をする」

ということがあります。

仕事の合間、上司に

「この案件だけど、
君の意見を聞かせてよ」

と聞かれたとき、

「えーと、そのあの…、
その件はですね、うーんちょっとその
わかんないないですけどもね、その」

なんて感じにすぐに
自分の意見を言えなければ
上司も呆れてしまいますよね。

こんなことを繰り返していると
そのうち、大きな仕事の案件は
任せてもらえなくなります。

それでは収入はいつまで経っても
上がりません。

即断即決の能力、
即決力は、会社員だけではなく
起業家や投資家にとっても
とても重要なスキルです。

起業家、投資家は

「今このタイミングで
決断しないと2000万円の案件が
流れてしまう!」

「この瞬間に決断できたおかげで
500万円の利益が確定した」

という事案と頻繁に遭遇します。

『即断即決する力は
ビジネスの必須能力!』

とは言い切れないかもしれませんが、
即断即決ができると明らかに
お金のめぐりは豊かになると感じます。

「どうして自分には
すぐに考えを出せる力がないんだろう…」

「もう少しだけ頭の回転が早ければ…」

普段からそんな悩みを持っている人のために、
今日の記事では即断即決をする方法を
ご紹介します。

僕の本、

『年収300万円はお金を減らす人、
年収1000万円はお金を増やす人、
年収1億円はお金と時間が増える人』

にも書かせていただきましたが、
収入が高ければ高い人ほど
即断即決をします。

「これ、どうします?」

に対して、間髪入れずに

「こうしましょう」

と返すことができるんです。

僕は、大体の決断は3秒以内に答えを出すと
心に決めています。

外食した時にメニューを
注文するスピードも速いですし、

愛車のマセラティもお店に見に行った
その場で購入を決めました。

時間というのは本当に貴重です。

過ぎ去った時間は
取り返すことができません。

少しでも時間を無駄にしたくないので
僕は即断即決を常に頭の中において
生活しています。

勿論、

「時間をかけてじっくり考えたほうが
いい考えが浮かぶことも
あるんじゃないですか?」

「慎重に行動したほうが
失敗のリスクを減らせる場合も
あるんじゃないでしょうか?」

という意見もあると思います。

でも、時間をかけて悩んだからと言って、
問題が解決されることって、
僕の経験上ではほとんどないです。

僕は、即断即決にも「質」があると
考えています。

普段から自分にとって
最高の選択ができるように
思考を巡らせている人と、

普段から考えなしの
行き当たりばったり思考で
行動を決めているひと。

この二者の「即断即決」の質は
まったく別のものだと思うんです。

普段からちゃんと「考えている人」の
即断即決は、

『30分以上熟考したのと
変わらぬ決断ができている』

という研究結果もあるんです。

考えなしの人がテキトーに出した
行き当たりばったりの直感による
即断即決とは「質」がそもそも違うのです。

普段通りの思考能力を引き出しながら
即断即決をするためには、普段から
考える力を鍛えていくしかありません。

鍛える方法として僕がおすすめするのは

『徹底アウトプット』

です。

これは頭に浮かんだ疑問やアイデアを
とにかく即座にメモとして
アウトプットしまくります。

「あの人はなぜあんなことを言ったのか?」

「なぜあの人は
いつも黒い服しか着てこないのか?」

「どうしてこの店の名前は○○なのか?」

「なぜこの人は
いつも変な帽子をかぶっているのか?」

思ったことを片っ端から
メモを取りまくります。

普段、思いを巡らせないようなことも
書き出すことによってどんどん
アウトプットしていきます。

人は1日に6万回思考をしていると
言われています。

この記事をスマホで読んでいるあなたも、

「スマホを持つ」「画面を見る」
「見やすい位置に画面角度を調節」
「目の焦点を画面に合わせる」
「指で画面を動かす」

こんな感じで、実はいくつもの思考を
複雑に組み合わせて記事を読んでいるんです。

普段、あなたは何気なく
スルーしているしているでしょうが、
そんなとりとめもない思考を
6万回もしているんです。

普段から脳にはとても大きな
「思考の負荷」がかかっているんです。

その中から少しでも
アウトプットをすることによって、

あなたの脳は「スッキリ!」とした
状態になっていきます。

疑問やアイディアを書きまくることで
脳にたまりすぎた思考を
外に出していくことができるんです。

それにより、あなたの考える力は
遥かに高速で鍛えられていきます。

手順をまとめると

1、ペンとメモを普段から常備しておく

2、疑問やアイデアが浮かんだら
とにかく書く

たったこれだけです。

毎日最低1ページほど書くと
あなたの考える力は
爆発的に発展していきます。

そしてこれを3ヵ月も続ければ、
あなたも即座に物事を考えて
判断ができるようになるはずです。

この練習法には
性別、年齢、経験は関係ありません。

本当に、やるか、やらないかで
大きく差が出ます。

ぜひとも今日から
メモ帳とペンを胸元に忍ばせて
生活してみてください。

あなたの考える力は
必ず上がります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。