説明を短くすることが月給アップにつながる

こんにちは。
金川顕教です。

 

大したことではないのにやたらと説明が長い人、
あなたの周りにはいませんか?

 

実は、こんなデータがあります。

 

“頭のいい人ほど例外なく説明が短い”

 

思い返してみると、
頭のいい人は確かに説明が短い。
今日は、上司やクライアントに上手く説明するコツをシェアします。

 

説明が長い人は、
情報の量を増やせば増やすほどわかりやすいと考えています。
ビジネスシーンでは、説明が長ければ長いほど混乱を招くもの。

 

長ければ長いほど何が言いたいのかわからなくなり、
話の趣旨とは違うことに興味がいってしまいます。
挙句の果てには勝手な妄想をはじめてしまうことも・・・

 

『メディアトレーニング』というものがあります。
主に、経営者や広報担当者が受講する研修で、
新聞やTVなど、マスメディアの取材に対応するためのトレーニングです。

 

このトレーニングでは、メッセージの伝達効率を上げるために
様々なコツを学びます。
そのなかでも最も強調されているのが、「長く話さない」ということなのです。

 

では、どうやって”不要な情報”をカットして、
説明を短くするのでしょうか?

 

不要な情報とは、聞き手にとって重要度の低い情報のことで、
話の流れを考えた際後回しにされる部分のことです。

 

この部分を”背景情報”といいます。
背景情報イコール不要な情報なので、
後回しにするか、カットするかしたいところです。

 

それを心掛けるだけで説明がぐっとわかりやすくなります。

 

では、重要度の高い情報と重要度の低い部分を
どうやって区別したらいいでしょうか?

 

答えは簡単です。

 

「相手が聞きたいこと」が重要なのです。
とはいってもイメージしづらいかと思うので、
具体例で説明していきましょう。

 

あなたはある業界の展示会に参加しました。
翌日、展示会の内容を上司に説明しなければいけません。

 

説明が長い人は1~10までみっちり説明します。
例えば、
「〇〇線に乗っていきました」「天気は快晴でした」「3日間開催されたうちの1日目に行きました」
「入り口にはこんなマスコットがいました」などなど・・・
上司はこんなこと説明求めていません。
コミュニケーションの一環としてはいいかもしれませんが、
重要度の低い情報ですから後回し、もしくはカットするべき部分なのです。

 

展示会の内容を説明しなければいけないのに、
関係ない部分を一生懸命説明してしまっています。

 

説明が長いと、聞いている側も疲れてしまします。
「この人話長いなー」と思ったことありませんか?
上司にそんな風に思われては出世も遠のいてしまうかもしれませんね。

 

まとめると、
重要度の低い情報イコール背景情報を
後回しにするか、カットするかで
説明を短くすることができるのです。

 

「そういえば俺って話長いかも」、
思い当たるあなたは明日から実践してみてください。

 

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。