説明を短くすることが月給アップにつながる

こんにちは。
金川顕教です。

 

大したことではないのにやたらと説明が長い人、
あなたの周りにはいませんか?

 

実は、こんなデータがあります。

 

“頭のいい人ほど例外なく説明が短い”

 

思い返してみると、
頭のいい人は確かに説明が短い。
今日は、上司やクライアントに上手く説明するコツをシェアします。

 

説明が長い人は、
情報の量を増やせば増やすほどわかりやすいと考えています。
ビジネスシーンでは、説明が長ければ長いほど混乱を招くもの。

 

長ければ長いほど何が言いたいのかわからなくなり、
話の趣旨とは違うことに興味がいってしまいます。
挙句の果てには勝手な妄想をはじめてしまうことも・・・

 

『メディアトレーニング』というものがあります。
主に、経営者や広報担当者が受講する研修で、
新聞やTVなど、マスメディアの取材に対応するためのトレーニングです。

 

このトレーニングでは、メッセージの伝達効率を上げるために
様々なコツを学びます。
そのなかでも最も強調されているのが、「長く話さない」ということなのです。

 

では、どうやって”不要な情報”をカットして、
説明を短くするのでしょうか?

 

不要な情報とは、聞き手にとって重要度の低い情報のことで、
話の流れを考えた際後回しにされる部分のことです。

 

この部分を”背景情報”といいます。
背景情報イコール不要な情報なので、
後回しにするか、カットするかしたいところです。

 

それを心掛けるだけで説明がぐっとわかりやすくなります。

 

では、重要度の高い情報と重要度の低い部分を
どうやって区別したらいいでしょうか?

 

答えは簡単です。

 

「相手が聞きたいこと」が重要なのです。
とはいってもイメージしづらいかと思うので、
具体例で説明していきましょう。

 

あなたはある業界の展示会に参加しました。
翌日、展示会の内容を上司に説明しなければいけません。

 

説明が長い人は1~10までみっちり説明します。
例えば、
「〇〇線に乗っていきました」「天気は快晴でした」「3日間開催されたうちの1日目に行きました」
「入り口にはこんなマスコットがいました」などなど・・・
上司はこんなこと説明求めていません。
コミュニケーションの一環としてはいいかもしれませんが、
重要度の低い情報ですから後回し、もしくはカットするべき部分なのです。

 

展示会の内容を説明しなければいけないのに、
関係ない部分を一生懸命説明してしまっています。

 

説明が長いと、聞いている側も疲れてしまします。
「この人話長いなー」と思ったことありませんか?
上司にそんな風に思われては出世も遠のいてしまうかもしれませんね。

 

まとめると、
重要度の低い情報イコール背景情報を
後回しにするか、カットするかで
説明を短くすることができるのです。

 

「そういえば俺って話長いかも」、
思い当たるあなたは明日から実践してみてください。

 

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。