自己啓発~燃え尽きてしまった時の対処法~

こんにちは。
金川顕教です。

 

何か目標を達成した途端、
あしたのジョーの矢吹丈の如く
燃え尽きてしまう人いませんか?

 

このような状態をバーンアウト症候群といいます。
ひとつのことに一生懸命努力していた人が、
急にやる気を失い、無気力に襲われる症状です。

 

例えば、副業で毎月10万円稼ぐという目標を掲げ努力してきた人が、
目標を達成した途端にやめてしまう、
金川顕教の知る限りでもこういう人は少なくありません。

 

スポーツの世界では、オリンピックでメダルを獲得するまで
血の滲むような努力をしてきた選手でも、
夢を叶えた途端無気力に襲われてしまうアスリートも少なくないといいます。

 

一度バーンアウト症候群になってしまうと、
それまで努力していたモノに対して継続的に努力するのが難しくなります。
頭ではわかっているのに体が動かないという感じでしょうか。
こんな状態で無理に体を動かそうとしても、
結果的に質は下がる一方なので、精神的にも疲弊してしまいます。

 

そもそもなぜバーンアウト症候群になってしまうのでしょうか?

 

もっともシンプルな要因としては、
頑張りすぎであるということです。
かといって、頑張らなければ目標は達成できないと金川顕教は考えます。
しかし、頑張るということがおかしな方向に行ってしまい、
自分自身を教条的なルールで縛り、完璧な行動を課してしまうのです。
結果、目標を達成するまでその事柄を楽しめなくなってしまうのです。

 

完璧主義であるということは、自分自身でハードルを上げてしまうことでもあります。
そのハードルを越える行動ができないと、
「いくら頑張っても無理なんだ」とネガティブな状態に陥ってしまいます。

 

組織で生きる人は、上司に完璧な仕事を求められたり、
完璧にこなさなければと自分を追い込んでしまうようなことが状況が多々あります。
こういった空気の中では、全力で仕事をすることが目的になってしまい、
知らず知らずのうちにバーンアウト症候群になってしまっているケースもあるのです。

 

では、もしもバーンアウト症候群になってしまったら
どうしたらいいのでしょうか?

 

最初のうちは「おかしいなー、なんでやる気が出ないんだろう・・・」と、
自分がバーンアウト症候群であることを気づかないものですが、
まずはこれを自覚することが重要です。

 

それから、今までのライフスタイルを見直すために
休養期間を設ける必要があります。
会社勤めの人は思い切って休職の連絡を入れるのもいいでしょう。
真面目な人ほど無理をしますが、
こんな状態で無理をしても仕事の質は下がりますし、
最悪うつや無気力のような状態にもなりかねません。

 

休養期間に加えて、人間関係も見直す必要があります。
人との接し方がうまくいかずにバーンアウト症候群になってしまうケースもあります。
例えば、上司をサポートする機会が多い人が、「自分が頑張らなければ」と過剰に努力するのですが、
気がつくと職場に行くのが億劫になっている、
これは上司からの要求に縛られてしまって、気づけば燃え尽きてしまっているのです。

 

こうした義務感で自分の充実感を失うことは、誰の得にもなりません。
ひとりひとりが自分の人生を生きて、その上で他者と支えあっていくことが大切です。
他人の目線を気にしないということもポイントなのかもしれません。
他人の目線ばかり気にしていたら、それは他人のための人生になってしまいますから。
自己犠牲しすぎず、まずは自分の人生を生きてください。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
コメント、シェアしていただけると嬉しいです。

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。