自己啓発~コンフォートゾーンについて~

こんにちは。
金川顕教です。

 

「金川さん、コンフォートゾーンって一体なんですか?」

 

今日はそんな質問をいただきましたので、
コンフォートゾーンについてお話ししたいと思います。

 

そのまま和訳すると、
コンフォート(快適な)、
ゾーン(領域)ということですから、
自分にとって居心地のいい場所ということになります。

 

このコンフォートゾーン、
とても重要な言葉なので解説していきます。

 

人は無意識に居心地のいい場所を探しています。
“寒いから建物に入る”、こんな当たり前の行動も無意識に行われているのです。
これは目に見える部分ですが、
目に見えない部分でも、
人は無意識のうちに居心地のいい場所を探しているのです。

 

例えば、自分より見た目もカッコよくて、
仕事でもばんばん結果を出している人に対しては
引け目を感じてしまうものです。
一緒にいて居心地がいいとは言えません。

 

無意識のうちに、
そういう人とは距離を置いていることでしょう。

 

反対に、年収や生活レベルが同じくらい、
もしくは自分より下の人に対しては
優越感を感じるので、
一緒にいて居心地がいいでしょう。

 

「私は居心地のいい場所にいたいです」という
声が聞こえてきそうですが、
居心地のいい場所にはプラスの面だけはなく
マイナスの面もあるのです。

 

プラスの面からお話ししていきましょう。

 

サッカーの試合を想像してください。
ホームとアウェイという言葉がありますよね?
要するに自分のチームのグラウンドで試合するのか、
相手のチームのグラウンドで試合するのかということです。

 

ホームはいつもいる場所ですから
居心地がいいのです。

 

サッカーの場合、芝生のコンディションやサポーターなども
影響してきますから尚更です。

 

短期的に結果を出したいのであれば、
居心地のいい場所の方がいいでしょう。

 

「じゃあマイナスな部分って何ですか?」

 

答えは簡単です。

 

“成長できない”ということです。

 

アウェイで試合した場合は、
芝生のコンディションも違えば
サポーターからのブーイングも浴びることもなります。

 

この環境で試合すれば、
確実に成長できるのです。

 

長期的に考えたら
居心地の悪い場所の方がいいでしょう。

 

サッカーでもビジネスでも、
成功するにはコンフォートゾーンを
突破する必要があるんです。

 

居心地の悪い場所を居心地のいい場所に変えるということ。

 

例えばリッツカールトンのカフェ、
初めて行った人は大抵そわそわします。

 

「うわー、凄い場所に来てしまった!」

「何だか緊張する・・・」

 

こんな感じの人多いです。

 

この時点では居心地が悪いということになりますよね?

 

では、どうしたら
コンフォートゾーンを変えることができるのか?

 

人は24時間の中で自分との会話を4万回以上しています。
これを”セルフトーク”と言います。

 

例えばエレベーターに乗って6階のボタンを押す時にも、
「6階押さなきゃ」と心の中でトークしているのです。

 

このセルフトークの内容をとにかく
ポジティブなものにしなければいけません。

 

例えば株と聞いて、
「ちょっと怖いなー」と思うより
「やったー、これで一生お金が入る」と思える方が
強いです。

 

新しいことを始める時、人はネガティブになりがちです。
しかし、ポジティブに考えられるようにならなければいけないのです。

 

「俺は絶対できる」

 

そう思える人は
必ず成功します。

 

ポジティブな思考に変えることができたら
環境を変える必要があります。

 

会社を辞める、交友関係を変える、引っ越しする、
いろいろあります。
どのくらい思い切れるかはあなたの決意次第です。

 

環境はあなたの人生を左右します。
ガリガリな人でもボディービルダーの集団と生活すれば
筋肉隆々になりますし、
孫正義さんと生活すれば孫正義さんくらい稼げるようになるのです。

 

いかがでしたか?

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
コメント、シェアしてくれたら嬉しいです。

 

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。