自己アピールが止まらない人はまず目標を持て

こんにちは。
金川顕教です^^

 

自己顕示欲って聞いたことありますか?
かんたんに言えば、
自分のことを多くの人にアピールしたいという欲求のことです。

 

自己顕示欲は
多かれ少なかれ誰にでもあるものだと思います。

 

しかし、これが強すぎると
インスタ中毒になって、
自慢投稿する毎日から逃れられなくなるので
注意が必要です。

 

今やインスタでリア充アピールするために
人を雇ったり、
インスタに載せるために海外に行くなんていう人も
多いみたいです。

 

それが原動力になって
がんがん行動できるなら
それはそれでいいと思いますが、
自己顕示欲はそれを達成しても
満たされることはありません。

 

だから注意が必要なんですね。
というわけで、
今日は自己顕示欲をコントロールする方法について
書いてみました。

 

「海外に行った!」
「ブランドのバッグを買った」
こんな経験をすると、
誰だって誰かに言いたくなりますよね。

 

でも、ここで2つのパターンに分かれます。
「単純に友だちとシェアしたい」のか、
「自慢したいのか」。

 

もし自慢したいのなら
ちょっと待ったほうがいいです。

 

自慢したい気持ちを抑えるべき理由

①満たされることはない

食事を食べれば食欲が満たされるように、
自慢すれば自己顕示欲も満たされます。

 

しかし、自己顕示欲はとても強い欲です。
次の日にはまた欲が湧いてきます。

 

どれだけ自慢しても次から次へと欲が出てくるので
キリがないのです。

 

毎日自慢する日々。
本当の意味で満たされることは
ないんですね。

 

②思っているほどあなたに興味がない

自分が思っているほど
人は自分に興味がありません。

 

あなたに興味があるように見えて、
実際のところどうでもいいと思われている
パターンがほとんどです。

 

なぜかというと、
人は自分の生活でいっぱいいっぱいだからです。

 

あなたが自慢投稿を続けても
こちらの一人相撲になっているかもしれませんね。

 

③敵を増やすことになる

例えば「宝くじが当たった!」と投稿したとします。
(普通はしませんが。笑)

 

すると、他人の反応は3パターンに分かれます。

・「すごいね!」と喜んでくれる
・お金目当てで寄ってくる
・悪口を言われたり妬んでくる

 

宝くじはちょっと極端かもしれませんが、
このように自慢すると
大抵このような3パターンの人が現れます。

 

「すごいね」と喜んでもらえたら
それはそれで自己顕示欲が満たされるのかもしれませんが、
具体的なメリットは何もないですよね。

 

④むしろ恥ずかしいと思われている

あなたの自慢投稿に
「すごい!」「いいなー」と
素直に尊敬する人も確かにいるでしょう。

 

でも、どちらかと言えば
そうじゃない人のほうが多いです。
「また自慢が始まった」と
思われてしまう傾向があります。

 

強い自己顕示欲が行動力になる

ここまで自己顕示欲は悪いもののように話してきましたが
決してそうとも言えません。

 

「人に羨ましがられたい」と思うことは、
高いレベルの生活を目指すことになるので
行動するための原動力になります。

 

逆に自己顕示欲が弱いと、
何もアピールしようとしないので
行動を制限してしまうことがあります。

 

ただ、その行動の先に目的を持つことが大切です。
延々インスタで自慢していても意味がないです。

 

あなたが裏で目的を達成していれば、
自分にも自信が持てますし、
周りからも本当の意味で尊敬されるはずです。

 

自己顕示欲が強い人は、
まず目標を持ってください。

 

その強い自己顕示欲を原動力に
どんどん行動していってほしいと思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

金川顕教

 

=================

金川顕教の無料YouTubeはこちらから

金川顕教のYouTubeでは
あなたにとって有益な情報をすべて無料で
配信しています。

「このYouTubeで年収がおよそ10倍になりました」(30歳男性)

「現在の年収は2400万円以上です。僕はこのYouTubeをきっかけに
ビジネスを始めました」(25歳男性)

これらは視聴していただいた方からのお声です。

ぜひご覧ください。

金川顕教のYouTubeはこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/youtube/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。