自分の弱い脳みそを入れ替える方法が判明…

自分の弱い脳みそを入れ替える方法が判明…

 

金川です。

 

あなたも人間なので、
考えたくもないことをつい考えてしまったり、

なぜか、なにかに依存してしまったり、

理論的に考えたことを遂行すべきなのに、
できなかったりするかもしれません。

 

そんな経験はありませんか?

 

ダイエットしたいから、チョコレートは
食べちゃダメなのに、つい食べてしまうとか。

 

金欠だから我慢しなきゃいけないのに、
ついコンビニに寄ってしまうとか。

 

副業をしたいのに、つい寝ちゃうとか。

 

こういったことがあるとしたら、
『自分の脳をコントロールできていない』
と考えることもできるのではないでしょうか?

 

あなたの脳を
あなたの脳に変換することができます。

 

「え!私の脳はすでに私のものですが…」

そう考える人がほとんどだと思います。

 

実際に、一人一つ脳みそが
あなたの人生の専属として
後頭部に入っています。

 

物事を考えるときは
誰よりも、親身になって
あなたの脳は、あなたのことを考えてくれます。

 

それなのに、いきなり

「あなたの脳は、実は
あなたのものではないかもしれません!」

なんて言われたら、戸惑うに決まっています。

 

でも、

今回の記事では、あなたの脳をあなたのものにして、
自由自在に操り、成功脳にする方法を
話していきます。

 

自分の考えたことを実現するために
最善の行動をとることができるようになれたら
成功スピードがかなり上がると思いませんか?

 

副収入10万円を稼ぐために、
会社の仕事を終えて、23時から深夜2時まで
副業の時間と決めたなら。

それをやる。

 

やりたくないことも、
目標達成のためにやる。

諦めない。

心が強くなる。

 

自分との約束を守れる人間になれる
ということですね。

 

自分との約束を守れれば、
自信もつくと思います。

 

自分の脳を自分のものにするために、
知っておいたほうがいいのは、
人間の思考は無意識レベルで
1日に4万回もされている。

ということです。

 

これを話すと、

「え、私はそんなに考えていませんが…」

と考えるかもしれません。

 

そうです。

 

それが自分の脳が
自分のものではないと
実感できるところかもしれません。

 

人は、1日に4万回以上の思考を
無意識的に行っています。

 

今、あなたはこの文章を読みながらも、

「あ〜眠たい」

「腹減った〜」

「明日もだるいな〜」

「なるほどなるほど」

など、無意識的に思考している。

ということでです。

 

僕たちの脳は、思っている以上に高機能です。

 

あらゆることを思考してくれています。

 

自分で考えようとしなくても
自動的に考えてくれています。

 

脳が、高機能すぎるんです。

 

逆を返せば、
勝手に考えまくってくれているということです。

 

意図していないのに、
勝手に思考してくれて、
イメージを膨らませてくれます。

 

自分の脳なのに、
コントロールできない状態で、
思考しまくっています。

 

まさに、この状態が
自分の脳なのに、自分のものではない
という状態です。

 

実際、アメリカの科学者の研究発表によると、
この無意識レベルで思考していることが
大きく日常生活を影響させることがわかっています。

 

つまり、

コントロールできないところで、
あなたの脳は思考を続けていて、
その思考が日常の生活へ影響を及ぼしているのです。

 

あなたの生活が、今退屈と感じるのであれば、
あなたの脳が勝手に思考したことの影響で
そうなっています。

 

今、あなたの生活が最高に幸せで
順風満帆な時間を過ごしているなら、
あなたの脳が勝手に思考したことの影響で
そうなっています。

 

もっとわかりやすく言えば、
意識的に、

「よし!今日は、副業を3時までやろう!」

と意気込んだとしても、
無意識レベルで、

「今日は眠いな」

「だるいな」

「明日の仕事もあるしな」

「つかれた」

「こんなことやってて本当に稼げるのか?」

と考えていれば、
それが影響してしまって、
途中で寝てしまったり
してしまうわけです。

 

つまり、

無意識レベルで考えている
あなたの脳みそを
コントロールすることさえできれば、

あなたの生活は好きなように
コントロールすることができるわけです。

 

これは、ものすごく大変な作業です。

 

本当のことを言えば、
今、最強のノウハウをあなたへ
お知らせして、パッとはできません。

 

何年もトレーニングを実践して、
ようやく手に入れられる代物です。

 

僕の場合は、高校3年から、
公認会計士の試験に合格するまで、
誰と遊ぶこともなく

1日12時間勉強をし続けてきた時に、
無意識レベルの思考をコントロールできるように
なっていたのかなと思います。

 

あなたが今からできる
トレーニングがあるので、
お伝えすると。

 

これ、意外と面白いです。笑

 

例えば、今、この文章を読んでいる
あなたの姿、
座っている人は、足の組み方、
背もたれへの寄っ掛かり具合、姿勢

今、ごく自然に、その姿をしているのだと思います。

 

まさに、それがあなたの脳が勝手に思考して
生活に影響したものです。

 

ですから、それを意図して、
今の姿に、なるようにするんです。

 

例えば、

無意識で座り、右足を上にして
足を組むのではなくて、

「よし、今日は、右足を上にして
足を組もう」

と意識的に、足を組むんです。

 

玄関から出る時も、
無意識的に、足を踏み出すのではなくて、

「今日は、右足から家の玄関から出発しよう」

と決めてから、
玄関を出るのです。

 

蚊に刺されて、かゆさを感じた時も、
無意識でかくのではなくて、

「お、昨日蚊に刺された右手の甲がかゆいから
左手でかこう」

といって、意識的に行動するんです。

 

こういうトレーニングを続けていくと
あなたの無意識レベルな思考を
コントロールすることができていきます。

 

最終的には、

無意識で考えたことを意識的に感じて、
その無意識と会話をするようにできていくと
自分の望んだとおりの生活を送るようになっていきます。

 

例えば、あなたはサラリーマン、
21時に帰ってきて、深夜2時まで副業をしようと思っています。

 

そんなとき、心の中で

「あ〜〜眠い!」

と無意識さんが思ったとします。

 

そしたら、あなたは意識的に

「眠いけど、やらなきゃ今の生活は変わらない。
今の生活を変えるためには、やらないといけないんだ」

と無意識さんを否定します。

 

この無意識さんとの会話は
ものすごく大切です。

 

もしかしたら、最初のうちは、
無意識さんがいることすら感じることができないかもしれません。

 

でも、最初のトレーニング
いつも無意識で行動をしていることを
意識的に行動してみる。

 

というステップ1のトレーニングを経たら
あなたの無意識さんを感じやすくなっていると思うので、
大丈夫です。

 

ですので、

まずは、いつも何気なく行動を取っているのを
意識的に、行動していきましょう。

 

例えば、この文章を読んで、
スマホの電源をOFFにするとき

「今回は、電源をOFFにする時は、
右手の人差し指でOFFにしよう」

と意識的に、行動してみましょう^^

 

では、最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

 

共感してくださったかたは、共有。
感想をお持ちになってくださったかたは、
コメントいただけると大変幸いです。

 

スタンプだけでも、いただけると
大変励みになります。

 

2冊目の出版セミナーを
全国でやります!

 

懇親会もあるので、一緒にワイワイしましょう!
⇒ http://bit.ly/2fuSZCZ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。