脱サラすることは本当にリスクなのか

こんにちは。
金川顕教です^^

 

「俺、脱サラして会社をつくるわ!」
家族や友だちにそんなことを言ったことはありませんか?

 

あなたが起業するというと、
あなたの家族や友だちはまず反対するでしょう。
なぜなら、それはリスクが大きいと思われているからです。

 

将来生活に困るかもしれないし、失敗して借金を背負うかもしれない・・・
常識の世界に生きる人々にとって、リスクをとるということはありえない行為のひとつです。
彼らは未来の保証がないことに強い不安を覚えています。
定年まで雇用が維持され 、毎月口座に決まった給料が振り込まれることを無上とし、
その状態をできるだけ長く持続させることこそ幸福の条件だと思っているのでしょう。

 

あなたが正社員でなくなることは、
つらい仕事であなたの心や身体が壊れてしまうかもしれないということよりも、
彼らにとってははるかに由々しき問題なんだと思います。

 

彼らはあなたが死んだ魚のような目で毎日満員電車に揺られ、
年収 3 0 0 万円くらいで一生働いてくれれば十分幸せだし、
あなたにとってもそれがいいことだと本気で信じているのです。

 

心理学の研究によると、人間は利益の獲得よりも、
損失の回避を優先するという性質をもっています。
人間は得をしなくても生きていけるが、損失を繰り返すと生きていけない、
だから損失を避ける行動をしようと、本能にプログラムされていると言われています。

 

正社員を辞めることにわずかでも不安要素があると、
人はそれを避けたほうがいいと判断しがちになります。
ただ、彼らが見落としている重要な点は、正社員=安泰は”昔話”だということです。
確かに昔は、終身雇用・年功序列が約束されていましたが、
現代はもはや正社員だからリスクがないなんていうことはありえません。

 

正社員になるべきだという人たちは、おそらく正社員になりさえすれば、
老後まで安心して暮らしていけると思っているでしょう。
毎年昇給するし、定年する頃には退職金がたくさんもらえる!これで老後も安心だ!
と思っている人は、終身雇用・年功序列といった高度経済成長期の常識を、
今でもかたくなに信じ続けているのでしょうか?

 

中小企業の昇給率はたった1.45%というのが現実です。
月給25万円の人で3500円程度ということですね。
むしろ昇給すらしない会社、逆に減給する会社だって今や珍しくありません。
最悪給料が支払われない会社だってありますよね。

 

変化に敏感な会社はどんどん成果主義にシフトしています。
そもそも終身雇用 ・年功序列はめちゃめちゃ非合理だと思いませんか?
一般的に3 0 ~ 4 0代の社員は働き盛りと言われますが、
それを過ぎれば急速に生産性が衰えていく、しかし終身雇用 ・年功序列の場合、
生産性の衰えた社員の給料が増えるのですから。

 

また、社員は普通生産性の高い社員、生産性の低い社員に分かれるものですが、
終身雇用・年功序列の会社では、生産性の低い社員でも年齢を重ねるだけで自動的に給与が上がります。
一方で生産性の高い社員は、一生懸命働いて会社に大きな利益をもたらしても、
あまり働かない社員と給料が変わらないのだから、もっと努力しようというインセンティブが働かないですよね。

 

こんな非合理的なシステムが当たり前だと思われているのは世界でも日本くらいです。
グローバル化によって合理的な欧米の会社が日本に流れ込んできたいま、終身雇用・年功序列はありえません。
現代の社会では、能力の高い社員や成果を出した社員が評価され、出世していくなか、
成果を出せない社員は低い収入にとどめられ、若い社員が年長の社員を使うといったような光景も当たり前になりました。
日本の非合理なシステムでは太刀打ちできず、
1 9 9 0年代以降、トヨタ、日産、パナソニック、ソニ ー、 J A L、N E Cなどの多くの大企業が倒産したり、
大規模なリストラを余儀なくされたりしました。

 

絶対に安心と思われていた銀行すら次々と潰れる有様でした。
アベノミクスによって景気が回復傾向にあると言われてはいますが、
終身雇用・年功序列をとなえる会社はほぼないといっていいでしょう。

 

急成長している会社は例外なく成果主義を取り入れています。
正社員になりさえすれば一生安泰!などと考えているような人の居場所は、
今後どんどんなくなっていくのではないでしょうか。

 

もちろん起業すること=安泰だとはいいません。
僕は今日、正社員にもリスクがあるということをお伝えしたかったんです。
これを見ても正社員=安泰だと言えますか?

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
これが何かのきっかけになれば嬉しいです。

金川顕教

 

■■金川顕教の無料メルマガはこちらから■■

 

あなたの先輩成功者たち3.5万人が愛用する金川顕教の
無料メールマガジンの内容とは?

 

「僕の人生を変えた、お金を稼ぐ力をつけるためのメルマガです」(30歳男性)

「これを読んで年収1000万円達成しました!今や年収は2400万円です」(31歳男性)

これらは購読者のお声です。

 

超有料級の内容をお届けいたしますので、是非ご購読ください!!

 

金川顕教無料メールマガジンはこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/mailmagazine/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。