老後を自由に生きるにはどうするべきか?

こんにちは。
金川顕教です^^

 

ニュースなどでよく目にする話題ですが、今の若い世代が老後を迎える頃には、
年金がもらえる可能性ははるかに低いと言われています。
しかも、年金をもらえたとしても受給額が低かったり、受給開始の年齢が、今よりも上がる可能性もあります。
そうなると、年金だけで生活するのはとても不安になりますよね。

 

それに定年退職を機に旅行に行ったり、趣味に費やしたりと悠々自適に暮らしたいのであれば、
なおさらお金に余裕がないと思ったような暮らしはできません。
そう、老後も楽しく暮らしていくためには、経済的な余裕は欠かせないのです。

 

不動産投資を始めたい、もしくは興味を持つ理由は人それぞれですが、
「豊かな老後を過ごしたいから」と答える人は多いでしょう。定年退職した後も何十年と生きていく中、
少ない退職金と年金だけで生活していくのはなかなか難しいものだと思います。
だからこそ「定年退職後も豊かな暮らしをするには、どうすればよいのか」を考える必要があります。

 

現在、会社で働いていて一定の収入があっても、老後に対する不安が募る人は多いです。
たとえば年収が800~1000万円ある人でも、老後の貯金までできている人は、
あまりいらっしゃらないのではないでしょうか。大きな収入を得ている方は、その分税金を払わなければなりませんし、
ご家庭をお持ちの方であれば、住宅ローンや車のローンの返済など、毎月の支出を差し引くと、
貯金できるほどのお金が手元に残らないという方は多いです。

 

だからといって他に収入源を作ろうと思い、副業を始めるのは難しいでしょう。
仕事で日夜忙しいでしょうし、本業が終わった後に、「さあ、もう一働きしよう」とはなかなかならないですよね。

 

さらに年収が800万円あったとしても、老後にもらえる年金は月20万円にも満たないといわれています。
せっかく何十年も働いてきたのに悲しい現実ですよね。ひとりだったら月20万円でも生活していけるかもしれませんが、
夫婦で生活していくには、足りないのではないでしょうか。
これまで40年近く必死で働いてきたのに、老後も節約生活では非常にもったいないです。

 

そこで老後の備えとしておすすめしたいのが、不動産投資です。
不動産投資であれば、家賃収入で年間1000万円以上得ることも、十分可能となります。
年収1000万円となれば、今の年収よりも高くなることもありえますね。

 

しかも会社で働きながら両立することができるので、給料分の年収とは別に1000万も所得があることになります。
これだけの収入が増えれば、老後も余裕のある生活ができると思いませんか?
もちろん、しっかり貯蓄したり、この収入を元手に再投資し、お金をさらに増やすことも可能になります。

 

当然のことながら、長生きすればするほどお金が必要になります。
定年した時からどうやって過ごしていくのか。
先のことだからと放置せずに、ここで少し考えてみましょう。

金川顕教

 

■■金川顕教の新しい電子書籍が出版されました■■

 

“家賃収入で人生が楽になる”

 

第11弾は不動産投資の本!
今回は30代以上向けの方に読んで頂きたく、
不動産投資について出版しました。

多くの人は不動産投資について、
「リスクがある」
「初期投資が大きい」
「そもそもよくわからない」
など思われているのではないでしょうか。

しかし、その反面どこか「家賃収入のような不労所得が欲しい」と
思っているかと思います。

今回のこの本では、
そういった疑問を無くすような内容にしていますし、
家賃収入という不労所得を手にいれるための方法を教えています。

ぜひ、読んでみてください!

 

金川顕教の無料電子書籍はこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/production/

 

“40代からは不動産投資を始めなさい”

 

老後や健康について心配になってくる40代の方々に向けて出版しました。
今回も不動産投資の本となりますが、40代以上の方に読んでもらう事を想定して出版しました。

「不動産投資をしておくという」
という選択肢は今まであったでしょうか。
不動産投資を始めるには敷居が高いとか思う方もおられますが、
本書では自己資金ゼロで始める方法をご紹介しております。

これまで色々な方に不動産投資のための物件をご紹介してきましたが、
ほとんどの方がすぐに第2の収入を得られる生活となりました。

今回は入門編でもあるため、初めての方向けのレベルで書いていますので、
ぜひ試しに読んでみてください。

 

1冊30分程度で読めるので、
いますぐダウンロードして読んでみてください!

 

金川顕教の無料電子書籍はこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/production/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。