空気を読まないことが金持ちになる方法なのか否か

こんにちは。
金川顕教です。

 

「空気読んでよ!」

 

人生で一度は言われたことがあるのではないでしょうか?

 

では、空気を読むことは本当に大事なのか。
今日はそんな話をシェアしていきたいと思います。

 

交友関係だけではなく、会議や上役との折衝、取引先との商談など様々なシーンで
空気を読むことが求められるかと思います。

 

ところが、空気を読みすぎるがゆえに話が進展しない場合もありませんか?
そんな状況を打破できるのは、”空気を読めない人間”だけです。

 

空気を読むことの是非を考える際には、
『セルフモニタリング』が役に立ちます。

 

セルフモニタリングとは、
相手の気持ちを察することができる”感受性”と
その場に合わせた適切な行動がとれる”変容性”を指します。

 

つまり、セルフモニタリングが高いほど空気が読める人ということです。
空気が読める人はあらゆるシーンで対応することができますが、
優柔不断だとも言えます。

 

一方でセルフモニタリングが低い人は、
他人を気にせず自分の考えを貫き通します。
外国に比べてハッキリしないところが日本のお国柄でもありますから、
空気を読めない人はやや否定的な目でみられてしまうかもしれません。

 

しかし、空気を読みすぎることが
今の日本の社会を停滞させていると
言っても過言ではありません。

 

どういうことか?

 

例えば、会社で有給休暇を取得するとき、
あなたは遠慮せずに申請できますか?

 

これは会社にもよりけりですが、
申し出にくいという人が多いと思います。

 

こうした会社での息苦しさが、
近年のブラック企業を蔓延させているのかもしれません。

 

金川顕教的には成功者こそ、
セルフモニタリングが低く感じます。

 

スティーブ・ジョブズだって周りの意見は聞かないし、
空気なんて少しも読んでいませんでした。
それでも自身の信念を曲げずに続けてきたから彼は成功しました。

 

トランプ大統領だってそうです。
善し悪しは置いておいて、
どんなに反対されても強固な姿勢を崩さない、
こういったことが評価につながったのではないでしょうか。

 

「じゃあ成功するのは空気が読めない人なの?」

 

という声が聞こえてきそうですが、
そういう訳でもないのです。

 

セルフモニタリングが低い人には、
セルフモニタリングが高い相棒がついているのです。

 

これはあくまで一部ですが、
ジブリの宮崎駿監督には鈴木敏夫プロデューサーがいたから
名作を作り出すことができたと言われています。

 

宮崎駿監督は決して空気を読むタイプではありませんが、
鈴木敏夫プロデューサーはもの凄く空気を読む方だと言われています。

 

変革を起こす空気を読めない人には、
空気を読める人がつく。
このコンビを組むことができれば
ビジネスは大きく飛躍するでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。