確信を持たせることが、夢をかなえることにつながる

こんにちは。
金川顕教です^^

 

一概に「結果が出る」という確信を持たせることが大事・・・とお伝えしても、
「将来のことなんてどうなるかわからないのに、どうやって確信を持たせればいいんだ・・・?」
「自分にはどうせ無理だろうなあ・・・」と不安や疑問に思う人もいますよね。

 

実は結果が出る(成功する人)というのは、普段の考え方から違いが生まれます。
つまり「自分はどうせできないしなあ」と考えている時点で、すでに結果が出ない道を歩むことになってしまうのです。
一体どういうことかというと、結果が出ない人(成功しない人)というのは、デメリットばかり考えてしまいます。
皆さんもまさに今、「起業することのデメリット」ばかり考えていませんでしたか?

 

確かに会社を辞めて起業をすると、会社に属さなくなるので、
毎月の安定した収入は入らなくなります。
それに起業すると一定の収入が入る保証がないので、不安になることも多くなるでしょう。

 

そのため、皆さんが「起業して本当にやっていけるのか」と不安になる気持ちも、金川顕教は理解しているつもりです。
しかし、その気持ちが成功への道の妨げとなってしまうんです。
厳しいことを言うかもしれませんが、その不安な気持ちのままだと一向に前に進めなくなってしまうからです。

 

では、逆に成功している人はどのような考え方をしているのでしょうか?
この先、起業する上で何か高いハードルにあたったとしても、
「どうすればこのハードルを乗り越えられるか?」と考えるのです。
成功している人というのは、常に「どうすれば結果が出るか?」・・・ということを前向きに考えながら行動しています。

 

こういった考え方を意識すると、時間がかかったとしても解決策が見えてきます。
解決策が見えれば、どんなに高いハードルでも飛び越えていけるでしょう。

 

実は、この「どうすれば結果が出せるか?」という考え方を身につけずに起業してしまう人は多いです。
でもその考え方ができずに高いハードルにぶつかってしまったら、
「自分にはやっぱり無理だった、もう起業は諦めよう」とマイナス思考になってしまいます。
だからこそ、どんな困難にも立ち向える、ポジティブな思考で解決策を考えていくことが大事なのです。

 

とはいえ、考え方を変えるにも時間がかかります。
では一体どうすればいいのかというと、普段から「どうすればできるようになるか?」と言う考え方を、
周りの人に話をするというのも一つの方法です。
この方法は何がいいかというと、自分の考えたことを周りに話すことで
「相手もポジティブにさせる」というメリットがあります。

 

基本的には自分が考えたことというのは連鎖します。
マイナスをことを相手に話したら、相手の考え方もマイナスになってしまうのです。
でも、自分から「その悩みはこうすれば解決できるんじゃない?」とポジティブな話を次々していけば、
きっと相手もポジティブな考え方に変わるでしょう。

 

これは金川顕教も体験済みです。
だから金川顕教自身も普段困難な壁にぶつかった時は「どうすれば解決できるか?」と考えるようにしていますし、
周りの人にもそう話しています。この心がけひとつで、気がついたら自分の思考はポジティブになっていますよ。

 

「本当かなあ」と半信半疑に思うかもしれませんが、嘘だと思ってやってみてください。
このポジティブな思考が、成功を引き寄せるきっかけにもなりますから。

 

このように、実は成功している人はマインドから違います。
皆さんもお金持ちになって自由な時間がほしいと思うのであれば、
先ほどの「ポジティブな思考」のように、マインドから変えていくことが大切なのです。

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。