相手を説得するテクニック~フット・イン・ザ・ドア~

こんにちは。
金川顕教です^^

 

「新聞の勧誘の人がドアに靴を挟んできた・・・」
今はあまり聞きませんが、
こんなことをされた方も
いるのではないでしょうか。

 

実はコレ、
単なる嫌がらせではありません。
昔からある勧誘のテクニックなんですね。
嫌がらせに感じるかもしれませんが、、、

 

今日お話しする
「フット・イン・ザ・ドア」は、
「片足をドアの間に挟んで
閉ざせなくすることができれば、
契約したも同然」
というまさに新聞の勧誘の人がやっている
テクニックが由来になっています。

 

これは、
ビジネスの商談や人間関係の中で、
相手を説得するためのテクニックです。

 

最初に小さな要求から承諾してもらい、
徐々に要求を大きくすることで、
最終的に本当のお願いを受け入れやすくする
効果があります。

 

フット・イン・ザ・ドアは、
意識すれば誰でも簡単に使えるテクニックです。
無意識のうちに使っていた、
なんていうこともあるかもしれません。

 

方法はとても簡単で、
①最終的な目標を設定する
②小さな欲求を設定する
この2ステップです。

 

小さな欲求は、
「これだったら間違いなく承諾してくれるだろう」
というものにすることがポイントです。
この差が大きすぎると効果を発揮しません。

 

例えば一万円を借りたい場合、
最終目標は一万円を借りることですよね。
なので、3000円借りることを
小さな欲求にします。

 

A「申し訳ないんだけど3000円だけ貸してもらえないかな?」
B「それくらいならいいよ!」
A「ありがとう!できたらなんだけど一万円でも大丈夫かな?」
という感じですね。

 

もちろんこれで断られる場合もありますが、
「一万円貸してくれない?」
といきなり要求した場合に比べると、
確率はかなり高くなります。

 

親が子どもにお手伝いさせたい場合、
親「テーブルの上を片付けておいてくれる?」
子「いいよ!」
親「ついでに自分の部屋も片付けておいてね」
という風に小さな欲求を挟むことで、
最終的な目標を承諾してもらえる
確率を高めることができるんですね。

 

「小さな欲求→大きな欲求」という流れが一般的ですが、
さらに小さな欲求を挟んだ
「小さな欲求→小さな欲求→大きな欲求」という
方法もあります。

 

これをツー・フット・イン・ザ・ドアといいます。
最終的な目標が大きい場合は、
こちらを使ってみてもいいかもしれませんね。

 

フット・イン・ザ・ドアは、
会社で部下に仕事をお願いしたいときや、
知人に頼みごとをしたいときだけではなく、
契約を取りたい場合にも
大いに使えるテクニックです。

 

無意識に使っている方もいるかもしれませんが、
これを意識的に使うことができたら、
より効果を発揮することができるはずです。

 

ぜひ実践してみてくださいね。

金川顕教

 

■■金川顕教の新しい書籍が発売されました■■

“毎日チェンジ手帳”

●内容紹介
成功者が実践! やるべきことを守り、
やってはいけないことを断捨離。
毎日自分を採点し、
日々の変化を実感できる!

高校の偏差値は35。
そこから奮起し猛勉強。
2浪を経て立命館大学に入学。
在学中に公認会計士試験に合格、
のち世界一の会計事務所
「有限責任監査法人トーマツ」に就職するも、
3年後に副業を開始すると給料以上に稼いでしまう。

これを機に、会社に辞表を提出し、起業。
2017年は年商10億円を見込む。
この手帳は、実践してきた成功者のメソッドが満載。
「やるべきこと、やってはいけないことを見極める」
「断捨離の極意」「PDCAではなくCAPD」
「スゴイ効率化を実現する時間管理術」など、
自分の理想を実現するために、日々チェンジ。

手帳には採点欄をもうけ、
毎日自分と向き合い、
日々の成長を実感できる。
「日付記入式」だから、
いつからでも始められる。
この手帳を手にした瞬間から
確実に結果を出せる自分に変わる!

●『毎日チェンジ手帳』の特徴
□変わりたいと思った瞬間から始められる「日付記入式」
□朝活、夜活に特化した24時間バーチカル&全ページ方眼
□やらなければいけない「現状/理想」リストの作成
□やってはいけない「断捨離リスト」の作成
□毎日自己採点☆☆☆
□購入者特典動画付き&フェイスブックグループで情報共有&アウトプット
□成功者が実践する常識を伝える12コラム……etc.

金川顕教の書籍はこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/books/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。