生涯年収1億6000万円でどんな暮らしができるのか

こんにちは。
金川顕教です^^

 

今日は、生涯年収1億6000万円で一体どんな暮らしができるのか、という内容をシェアします。
現実は残酷なほど厳しいので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

人生の3大出費は、税金・保険料、マイホーム購入費用、子供の子育て・教育資金だと言われています。
30歳独身、年収400万円のAさんの場合、税金・保険料だけで年間87万2000円も徴収されます。
87万円を40年間収めたとすると、その額はなんと3480万円にもなります。

 

マイホーム購入費用についてはもちろん物件によりけりですが、
全国平均で見ると、マンションで3389万円、戸建住宅で3357万円です。

 

また、子供にかかる費用は、幼稚園から大学まですべて国公立に入学した場合の学費だけで、
総額およそ1100万円もかかります。もし大学が私立文系だったら、学費総額はおよそ1250万円、
私立高校から私立大学文系に入学した場合は、およそ1400万円にものぼります、、、!!

 

子供にかかる費用はもちろん学費だけではありません。食費など必ずかかるもの以外にも、習い事をさせたりすれば、
さらに費用は大きくなっていきます。学費と子育ての費用を合計すると、
どんなに安く見積もっても一人あたり2000万円を下らないのが実情です。

 

実際これらの出費を生涯年収から引くと、どれくらいのお金が残るのでしょうか。
計算してみましょう。

 

1億6000万円ー3480万円(税金・保険料)ー3389万円(マンション購入費用)ー2000万円(子供にかかる費用)=7131万円

 

一生にかけられるお金は、わずか7131万円しかありません。
この数字を見てあなたはどう思いますか?
一見大きい数字に見えるかもしれませんが、このお金で40年間生活するとなると、
年間に使えるお金は178万2750円、ひと月に換算すると、およそ14万8500円です。

 

夫婦2人に子供1人、1ヶ月15万円を切る金額で生活していけるでしょうか?
いま日本人に突きつけられているのは、こういった現実です。

 

これから先の人生を生きていくには、3大出費のような莫大な出費がすでに予定されています。
最低でもそれらを支払うことができなければ、生活すらできません。
1ヶ月15万円で家族を養っていくのはあまりにも酷なのではないでしょうか。
なぜもっと危機感を持って行動しないのか、不思議でなりません。

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。