束縛され男

束縛され男

金川です。

束縛されて死にそうな人はいませんか?

会社に束縛されていて、
土日も気を抜いて遊べない!

彼女の束縛が強すぎて
女友達でさえガミガミ言われる!

家の門限がきつい!

会社での勤務時間がエグイ
普通のブラック企業の度を
超えている

さまざまあると思います。

もっと言ったら、
法律もそうですよね。

普通に考えて、
シートベルトをしていないだけで
罰則を与えられるなんて
酷い束縛です。

シートベルトをしてないだけでは
誰の迷惑をかけてません。

ま、結果自分のため
ですが・・・

そう考えてみると、
この世は、ほんとに
がんじがらめです。

束縛の社会といっても
過言ではないです。

法律というルールがあり
社内ルールがあり
家庭ルールがあり

息抜きすることさえできない

海の中で窒息死する
寸前のような感覚ですよね。

だから、

自由になりたい!

自由になりたい!

って思うんだと思います。

束縛って嫌ですよね。。。。

僕も、

「こらあきのり!

家には19時までに帰って
夜23時までには寝なさい!」

なんて親に言われたら
かなりむかつきます。

誰にも縛られたくないですし、
そのために頑張ってお金を
稼ごうと思いました。

やっぱりお金があると
ある程度は自由になります。

お金に縛られることって
結構ありますからね。

何か買い物をしようと思ったときに、
貯金残高や手持ちのお金、
今月のお小遣いのことを真っ先に
気にすると思います。

だいたい気にしますよね。

もはやそれが
お金の束縛なわけです。

ですから、あなたは
この文章を読んで
何かを変化させようと
頑張ってるわけです。

時間だってそうですよね。

会社の勤務時間が長すぎる!

だから副業から
コツコツ積み重ねていって
今の会社からの給料くらいになったら
脱サラして起業する。

時間の自由です。

僕たちは、自由を求めています。

常に、自由を欲しています。

でも、本当は

すでに、僕たちは自由
なのかもしれません。

束縛だらけの社会だけど、
もうすでに『自由』

「金川さん!

僕の嫁は携帯の連絡帳から
女という女を全て強制削除
したんです!

自由なわけがありません!

束縛され男です」

と聞こえてきそうですが、

あなたはそのお嫁さんと
離婚することができます。

「会社の勤務時間が長くて
辛すぎです!」

という人は、会社を辞めることができます。

これって自由じゃないですか?

過労死のニュースを
聞いたことがあります。

労働時間が長すぎて
過労死って、どんだけ・・・・
と正直引きましたが

過労死する前に、
会社を辞めていればいいだけです。

会社を辞めちゃいけない
なんてルールはないと思います。

というか、

一番大切なことは、
僕たちは『何を選択するか自由』
ということです。

法律?
社内ルール?
家庭のルール?
対人マナー?

そんなのは知りません。

あなたが何をしようか
何を選択しようかは自由です。

何も束縛されていません。

つまり、

束縛だらけと思っていた
この世の中は実は自由です。

お金に縛られるという話を
上でしましたが
僕たちはお金を稼ぐか稼がないか
その選択を自由にすることができます。

日本人ってすっごいまじめだから
もう決められてるとか思ってる人が
多いです。

例えば、

Aさん「会社がつらいのです・・・」

Bさん「じゃあ辞めれば」

Aさん「だって生活あるし」

Bさん「じゃあ辛いとか言わないで続ければ」

Aさん「でもこのままではやってけるかどうか・・・」

と「でも」「だって」が
エンドレスに続いていく人が
多すぎます。

でも、何を選択しようが
その人の自由なのは変わりありません。

そして、

今のあなたを作っているのは
束縛やルールではなく
間違いなく自分の選択で
今のあなたが出来上がっています。

あなたには選択の自由があります。

何をしようがあなたの自由です。

法律や社律は関係ありません。

そもそも自由です。

ってことは、

今のあなたを作り出しているのは
過去のあなたの選択の積み重ねです。

そして、これからのあなたを作っていくのは
これからのあなたの選択です。

細かい話ですが、
この瞬間も小さな選択の自由が働いています。

「文章を読もうかな・・・」

「後で読もうかな・・・」

「人生変えるために読むぞ!」

など、いっぱい選択どころがあります。

その一つ一つが
未来のあなたを作り出しているのです。

さて、

あなたは未来どんな生活を
送りたいですか?

そのために、
自由に選択して
楽しい人生を作っていきましょう!

では、最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。