損をせず、得するために・・・

どうも〜。金川です^ ^

 

 

これまで損した経験はありますか?

 

 

「ん〜、なんかいつも俺、損な役してるな…」

 

 

・断れない性格をいいことに、
仕事を振ってくる先輩。

・勤務シフトの調整係として扱われる駒。

・会社のプロジェクトチーム5人の中で
自分だけ責任を追及される。

・仕事を頑張っていると、
あいつに任せておけば、勝手にやってくれると
手を抜かれる。

「なんでいつも俺ばっか、そんな役回りなんだ…」
と感じたとき。

「あの人、いつもちゃっかり美味しい役だよな」

と羨ましがることもありますよね。

あの人は、気ままに生きてるようで、
ちゃっかり良いとこを持っていったり。

あの人は、無理なお願いも上手にかわしたり。

「なんで、自分はいつもこうなんだ・・・」

「他人から軽く扱われる運命なのか・・・」

「ナメられやすいんだろうか・・・」

そんな嫉妬心を抱いているあなたへ。

今日の記事を読むと、

・急な頼みごとを依頼された時、
特に用事がなくても断ることができるようになります。

・相手のことを気にせず、自分は断る権利をもっていると
自分を正当化することができるようになります。

・「その頼みごと引き受けるから、こっちをお願いします」
と交換条件さえ出せるようになります。

 

 

そのための方法が、

 

『わがままスイッチを押す』

です。^ ^

 

 

「金川さん!わがままスイッチって何ですか?」

 

『わがままスイッチ』というのは、
僕の友人Hくんが3ヶ月前に編み出した技です。

 

 

Hくんは29年間、
ずっと損した人生だと感じていました。

 

 

クラスでも、部活でも、生徒会でも、
アルバイトでも、会社でも。

 

 

このまま一生呪われたかのように
生きていくのかと悩んでいたんです。

 

 

そんなHくんは
この『わがままスイッチ』を編み出してからは、
頼まれごとを断ることができるようになったんです。

 

 

Hくんは、「気の優しい人」を理由に、
周りの人から頼られていました。

 

 

Hくんは、頼られること自体は
嫌じゃなかったみたいです。

が、ストレスも同時に感じていたようです。

 

 

悩んでいたときです。

書店で立ち読みした本に

「人間関係は自分を映し出す鏡だ」という文を読みました。

 

 

Hくんはそれを

「周囲の人は自分が発する自己イメージに合わせて、
自分とコミュニケーションを取る」

と解釈。

 

 

分かり易い言葉や行動だけじゃなくて
仕草やその人独特の「間」も相手は読み取って
コミュニケーションしているということです。

 

 

頼まれごとをした時に、
すぐに笑顔で応じる人。

 

 

ちょっと、「うーん」と考えて間をとってから反応する人。

 

 

実は、このように、
意識的、無意識的な周囲への表現が
人間関係を作っています。

 

 

ここで初めてHくんは、
自分がどういう印象を周囲に対して与えているか
初めて客観的に意識することができました。

 

 

また、Hくんとは対照的に、
いつもちゃっかり得をしている人を観察してみたそうです。

 

 

いつも損していることが多いHくんと
いつもちゃっかり得をしている人を比べてわかった違い。

 

 

得をする人は

『ちょっとわがまま』

なことに気がついたんです。

 

 

Hくんは、わがままな性格ではありません。

「頼み事をされたら、出来るかぎり期待に応える。
それをしないの失礼だ」

というスタンスでした。

 

 

その優しさの摩擦が、

『損な役回り』

になっていたんです。

 

 

Hくんは
ちょっとわがままな心を持つことにしました。

 

 

それが

『わがままスイッチ』

です。

 

 

「あ、損しそう…」
と思ったとき、

心の中で、

「わがままスイッチ!ON!」

と唱えるんです。

 

 

コレだけで、
どういうこと起こるのかというと…

今まで通りに、
人から言われたことを受け入れていた自分とは別の自分。

本当の自分の気持ちや、意見が活性化されます。

 

 

あとは、自分なりにどうやってそのわがままを実現させるのか
方法はじわじわと思い浮かんでくるのです。

 

 

さらに、「わがままスイッチ!」と心で叫ぶことで、
一拍の「間」が生まれます。

 

 

これだけでも、あなたの自己表現が変わります。

「気安く何でも頼んで良い訳ではない雰囲気」

を醸し出されるのです。

 

 

人は習慣の生き物。

余計なことを考えなくても、
スムーズに状況に反応出来るように、

無意識があなたの言動を
「自己イメージ」に基づいてコントロールしています。

 

 

つまり、人が良すぎる人は、放っておけばそのまま

「人が良すぎる反応」

をし続けます。

 

 

ここで、「わがままスイッチ!」と叫ぶことで
無意識のコントロールを一時的に中断させるのです。

 

 

実は、コレが自分自身の無意識に対するメッセージにもなるのです。

「私は、今までとは違った自己表現をはじめる」

というメッセージです。

 

 

このメッセージを受けた無意識は、
新しい自己イメージにあった自己表現を
探してくれるようになるのです。

 

 

続けて見ればわかりますが
徐々に状況に対する自分の反応は変わっていきます。^ ^

 

 

大きな山を登る時だって、進むのは足下の一歩を踏み出すから。
今すぐ、出来るこんな小さなことが
大きく未来を変えてしまうかもしれません。

 

 

あなたにあったペースで
わがままな自分の表現スタイルを取り入れていきましょう。

 

 

この方法はシンプルです。

この記事を読んだあとから、
すぐに「わがままスイッチ」を
使ってください。

 

 

では、最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

 

 

共感してくださったかたは、共有。
感想をお持ちになってくださったかたは、
コメントいただけると大変幸いです。

 

 

スタンプだけでも、いただけると
大変励みになります。

 

 

2冊目の出版セミナーを
全国でやります!

 

 

懇親会もあるので、一緒にワイワイしましょう!
⇒ http://bit.ly/2fuSZCZ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。