成功者の共通点~サイコパスについて~

こんにちは。
金川顕教です。

 

今日は、サイコパスの人並みに
集中力を高める方法をシェアしていきたいと思います。

 

冷静である、自信がある、メンタルが強い、集中力が高い、
これらがサイコパスの人の特徴ですが、
特に集中力に関していえば、ずば抜けて高いと言われています。

 

ただし、サイコパスの人がいつでも集中力が高いというわけではありません。
彼らがそのずば抜けた集中力を発揮するのは、十分な見返りがあるときだけです。
サイコパスが多いと言われている外科医も普段の集中力は著しく低いのですが、
いざ手術となるとそのずば抜けた集中力を発揮するのだそうです。

 

サイコパスと言うとマイナスなイメージがあるかもしれませんが、
そんなことはありません。
むしろ、そうではない人よりも仕事を完璧にこなそうとするため、
プラスの方が大きいかもしれません。

 

政財界の人もサイコパスの人が多いと言われていますが、
渦中のドナルド・トランプ大統領はどうなのでしょうか?

 

社会的影響力、恐れを知らない度合い、ストレス耐性、自己中心性、感情移入をしない度合い、
服従しない力、無責任さ、冷酷さという8つの要素で分析したところ、
トランプ大統領はサイコパス度が非常に高いことがわかったのだそうです。

 

納得です。

 

そろそろ本題に入っていきましょう。
サイコパスではない人が、サイコパスの人並みに集中力を高めるには
どうしたらいいのでしょうか?

 

マインドフルネスという言葉があります。
例えば外科医なら手術中など「今、この瞬間」に意識的に目を向けることで
脳を休めるストレス解消法です。
これにより、一時的に脳の機能を停止させることができ、
集中力アップやパフォーマンス向上につながるのです。

 

ノーマルなマインドフルネスというのは瞬間を味わうことを教えられますが、
サイコパス的なマインドフルネスというのは瞬間を味わうだけでなく、
その瞬間を貪り、できるだけ自分のためになることを最大限得ようとするのです。

 

サイコパスではない人がサイコパスの人の集中力を得たいのなら、
サイコパス的なマインドフルネスを意識すればいいということです。

 

現代はサイコパスの人が圧倒的に有利な立場にあるのかもしれません。
なぜなら、ソーシャル・メディアやスマホなど身近にあるもの全てが
集中力を妨げているから現代でも、
それに影響されることなく集中することができるからです。

 

ちなみにサイコパスの人は、
株式市場で成功する人にも多いと言われています。
それは重要な情報だけを取り入れられるためパニックにならず、
冷静さを保ち集中することができるからです。

 

こうして考えてみると納得できるのではないでしょうか。

 

サイコパスという言葉がネガティブではなく、
ポジティブな意味に使われはじめるのも
時間の問題かもしれませんね。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント、シェアしていただけると嬉しいです。

 

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。