成功者たちが意識する時間対効果とは

こんにちは。
金川顕教です。

 

費用対効果という言葉は、
きっと多くの人が
耳にしたことがあるでしょう。

 

かけた費用に対して
どれくらいの成果があったか、
という意味ですね。

 

では、「時間対効果」って
聞いたことありますか?

 

意味はそのまま、
かけた時間に対して
どれくらいの成果があったか
という意味です。

 

例えば、
いくら2倍の成果があったとしても、
かけた時間も2倍だったら
意味がないですよね。

 

時間は有限です。
1日24時間。
これはすべての人に
共通しています。

 

そんな限られた時間のなかで、
いかに効率よく成果を生み出すか。
成功者と呼ばれる人たちは
皆時間対効果を意識しています。

 

では時間対効果って
一体どうしたら高められるんでしょうか。

 

時間対効果を高める働き方は
たくさんあります。

 

まずは100%を目指さないこと。

 

パレートの法則で考えてみると、
80%の完成度には2割の時間で十分、
残り20%を完成させるには8割の時間がかかる、
ということになります。

 

それなら鼻から100%なんて目指さず、
80%を目指せばいいんです。
2割の時間で80%の完成度なら、
時間対効果の側面からみても
成功と言えるのではないでしょうか。

 

マーク・ザッカーバーグの言葉に
「完璧を目指すよりまず終わらせろ」
というものがあります。

 

まさにその通りだと思うんです。
もちろんケースバイケースだとは思いますが、
100%を目指す必要ってあんまりないんです。

 

お金で解決できることにはお金を使う、
というのも時間対効果を高める方法です。

 

例えば金川顕教は
半年に一度パソコンを買い換えます。
半年も経つとパソコンの動作が
遅くなっているからです。

 

これでは生産性が下がります。

 

「半年は早すぎじゃない?」
とよく言われるんですけど、
今使っているものを下取りに出せば
結構高くなりますし、
ちょうどいい期間なのかなと。

 

新しいパソコンは
やはり圧倒的に速度が速いです。
このようにお金で解決できるものであれば、
惜しみなくお金を出すべきです。

 

それから、
スピード感を高めるという観点でいうと、
過度な礼儀はいらないのかなと。

 

どういうことかというと、
例えばLINEなんかで
「お疲れ様です!○○です。△△の件で」
という感じでメッセージしてくる人が
いるんですけど、ここまでしなくていいです。笑

 

金川顕教的には
気軽な感じでやりとりできて、
レスポンスが早いところが
LINEの魅力だと思っているんです。

 

なので、要件が伝わればいい。
メンションするときだって
別に呼び捨てでもいい。

 

もちろんその前提として
お互いの人間関係が成り立っている
必要はありますが、
そのほうがスピード感を持って
やりとりできるんですよ。

 

いかがでしたか?

 

1日24時間という時間を
変えることはできませんが、
使い方次第では24時間以上の成果を
生み出すことができます。

 

まずは時間対効果を高めるために、
100%を目指すことを
やめてみてはどうでしょうか。

 

ぜひ意識していってください。

金川顕教

 

=================

金川顕教の無料YouTubeはこちらから

金川顕教のYouTubeでは
あなたにとって有益な情報をすべて無料で
配信しています。

「このYouTubeで年収がおよそ10倍になりました」(30歳男性)

「現在の年収は2400万円以上です。僕はこのYouTubeをきっかけに
ビジネスを始めました」(25歳男性)

これらは視聴していただいた方からのお声です。

ぜひご覧ください。

金川顕教のYouTubeはこちらから
→ http://akinori-kanagawa.jp/youtube/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。