得意なことを伸ばしてカリスマ起業家を目指せ!

こんにちは。
金川顕教です^^

 

ある知り合いがパソコンのトラブルで振り回され、
2日もムダにしてしまったと嘆いていました。

 

パソコンのスペシャリストでもない彼が、なぜ2日間も格闘したのかが理解できませんが、
本人は2日間の格闘の末、トラブルを解決したと大変ご満悦な様子。

 

金川顕教は、人にやってもらえることならどんどんアウトソーシングしてしまいます。
自分がやらなくてもいいことは他人に任せた方がいいということです。
そうすれば、自分にしかできないことに時間を費やすことができますね。

 

ですから、パソコンのトラブルがあれば速攻でプロに電話します。これが一番早いです。
グーグルでいろいろ調べていけば、自分でも直せるかもしれませんが、時間のムダでしかありません。
それに、”その道のプロ”と呼ばれる人たちのクオリティは間違いなく高いので、
お任せしちゃったほうが絶対にいいです。

 

苦手なことを頑張ろうとしたり、それがうまくいかずにイライラしたり、
歯を食いしばってまでクリアしようとするなんてナンセンスです。
苦手なことはそれが得意な人に任せればいいんです。

 

とはいえ、アウトソーシングにはそれなりのコストがかかるのもまた事実です。
「自分でやったほうがコストもかからないし得でしょ!」と考える人もいるでしょうね。
一見そう思えるかもしれませんが、そのために費やした時間は二度と返ってきません。
そう考えると、損失のほうが大きいと思いませんか?

 

「一期一会」という言葉がありますが、この日、この一瞬の時間は人生でたった一度しかありません。
時間はそれほど貴重なものなのです。その時間をムダにしなくて済むのなら、多少のコストは返って安上がり。
安上がりどころか、その時間を使ってそれ以上の利益を生み出すことができます。

 

また苦手なことを無理して伸ばすよりも、得意なことを伸ばしたほうが、
より大きな成果に結びつくものです。
この点からも、苦手なことに時間を費やすのは得策とはいえないと思います。

金川顕教

 

■■金川顕教の無料YouTubeはこちらから■■

 

金川顕教のYouTubeでは
あなたにとって有益な情報をすべて無料で
配信しています。

 

「このYouTubeで年収がおよそ10倍になりました」(30歳男性)

「現在の年収は2400万円以上です。僕はこのYouTubeをきっかけに
ビジネスを始めました」(25歳男性)

これらは視聴していただいた方からのお声です。

 

ぜひご覧ください。

 

金川顕教のYouTubeはこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/youtube/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。