幸せな起業家の”お金についての考え方”

こんにちは。
金川顕教です^^

 

「幸せな起業家」と「不幸な起業家」のライフスタイルを比べると、
いくら年収が増えてもそれだけでは幸せになれないということがわかります。

 

幸せな起業家を目指すのであれば、”お金についての考え方”を変えていかなければなりません。
では、まず大富豪たちににとって、「お金を払う」ということは、どういうことなのでしょうか?

 

「生き金を使わなきゃダメだよ」
大富豪の方はよくそんなことを言います。例えば食事、
大富豪や幸せな成功者は、もちろん一流の三つ星レストランで食事しますし、
それこそ1本で何十万円もするワインを開けることだってあるでしょう。
しかしそれは、「誰かと食事をするとき」に限ります。

 

自分一人だけ、あるいは家族だけで食事をするときは、むしろ質素です。
「仕事中のランチはコンビニのおにぎり」「バナナだけ」という大富豪もいました。
金川顕教だって一人だったらわざわざレストランを予約するなんていうことはありません。

 

つまり、「今そこまで、高いものを購入する必要はない」と思えば、
一切お金は使わないのです。その代わり、「今使うべきだ」と判断すれば、いくらだろうが惜しみません。

 

大富豪たちがクルーザーなどを所有するのも、
そこで船上パーティーを開催して、仲間たちを楽しませるためなのです。
見栄のために買っているわけではありません。
そこをわかっていない人がそれを購入すれば、結局は維持費に追われ、
処分せざるを得なくなるのです。

 

彼らがお金を使うときは、単に「欲しいから」というだけでなく、
ひとつひとつきちんと目的があるのです。彼らのように目的を持って消費する習慣をつけなければ、
ただ物欲のままにお金を使う生活から抜け出せません。

 

もし何か欲しいものがあるなら、まず買う前に「それを購入することによって、どんな付加価値があるのか?」
ということを考えることです。

 

旅行にしても、ちょっと気分転換するためだけなら、そんなにお金をかけるだけの価値はありません。
しかし、勉強になるならいくらかかろうがどんどん自己投資していいと思います。
あとは、それをもとに自分自身を成長させるだけなのですから。

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。