作業者と指導者

金川です。

作業者と指導者

引き寄せの法則で有名な、『ザ・シークレット』にはこう書いてあります。

「世界の1%の人口が、世界の96%の富を保有している」

どう思いますか?

純粋に、「格差社会ヤバ!」と思うかと思います。

日本で生まれた僕たちは、そこまで感じる事は無いでしょうけど、事実日本の収入格差は広がるばかりです。

僕たちは、もっっっっっと!この問題と真剣に向き合うべきです。

サラリーマンだろうが、高卒のフリーターだろうが、大企業のエリートサラリーマンだろうと、主婦だろうと向き合う必要があると思います。

あなたは、格差を無くす運動、経済的平等をテーマにして行動していきますか?

もしくは、低所得者に差を付けて、高所得者になるために行動しますか?

ちなみに、平等をテーマにして行動した事例があります。

旧ソ連です。

自由で民主主義、社会主義の平等な国にしようとしたんです。

簡単にそのエピソードを話すと、農地の面積、農民の収入・労働時間、土地の平等など、考えうるすべてを平等にしていきました。

わかりやすく農民に限った話をしていくと、働く時間は同じ、どんなに一生懸命働いても、給料は同じなので、さぼりだす人がいます。

働く時間・仕事の能力・売り上げに関係なく、給料が平等なんですよ!笑

それは、さぼります。笑

すると、それを管轄する人が必要でした、でも、給料は同じです。権限だけあるみたいな感じです。

「そこーーー!ちゃんとやれ!」

という人です。でも、給料はみんなと同じ。

それでも、騒動やサボリーマンは収まる事はありません。

解決策はその管轄する人を神的な存在にして、権限を強めたんです。

権限が強くなったので、人々は、言う事は聞くようになりました。

でも、問題は、神的な扱いをするということは、平等主義に反しているという事です。

そうすると、みんなその権力者になりたがります。

内部戦争みたいな風になっていきますが、権力者の方が強いです。権力で自分の立場を狙ってくるひとを殺していったんです。

こうして、独裁者が出来上がりました。

こうなってしまえば、平等な世界はありません。

そして、1991年ソ連は崩壊しました。

これで話は終わりですが、この話であなたに伝えたかったのは『平等になる可能性は限りなく低い』ということです。

ほとんどの人たちは、「どうにかなる」と考えているかもしれませんが、平等になる可能性が限りなく低いのであれば、なにもしなければ、格差社会の下の部位にいくのは至極当然のことです。

なぜなら、「このままじゃやばい!」とどうにかしようとしている人がいるからです。

この文をこうしている読んでいるあなたですから、当然、あなたは後者である事は間違いないですよね!^^

そんなあなたへ。

あなたが、格差社会で高収入側になっていくために、方法は、1つしかありません。

作業者を辞めて、指導者になることです。

コンビニでレジをするアルバイトを辞めて、コンビニに雇用している人を仕切っていく。

ネジ工場で淡々と作業をする事を辞めて、ネジ工場を経営していく。

メルカリで転売をするのではなくて、メルカリ転売を教えていく。

無駄遣いをするのではなく、資産となる物に投資する。

作業者から指導者にならなければ、この格差社会を勝ち残る事はできません。

だって、実際に作業者で経済的自由を手にしている人は、見た事がありません。

「俺はネジの部品を作るのに、普通の人は10分に10個できればいい方だけど、俺は10分間に1000個できるぜ!」

と、腕と指を超高速に動かして、普通の人の給料100倍の給料をもらっている人は、多分いません。笑

作業者として経済的自由をてにしている人がいるとすれば、芸能人や俳優、ハリウットスター、スポーツ選手、歌手くらいだと思います。

彼らは、自分の潜在的能力を活かしているので、センスのある人は、そういう作業者のまま経済的な自由を手にする事もできます。

僕も含め、それはなかなか難しいと思っています。

逆に、経済的自由をもっている人は、例外無く指導者側になっています。

作業者としての雇われ社長の場合もありますが、普通のサラリーマンよりは給料がいいです。

指導者になっているのに、給料が下がるということは、ほぼあり得ません。

つまり、あなたは、

「もっと指導者側に!もっと指導者側に!もっと指導者側に!」

と自分に言い聞かせる事によって、自然と収入ものびていくという事です!

では、今日はここまでです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメントいつもありがとうございます!

内容共感頂けましたら、共有ボタン、コメントもらえると嬉しいです^o^

■■追伸1■■
ビジネス経験ゼロでも初月から5~20万円をメルカリ無在庫転売で稼ぎ、3ヶ月以内以内で月1000万円以上稼ぎたい方は、コミュニティーの詳細動画を無料でプレゼントさせていただきます。

追伸4にある僕の個人LINEへ『KNJ』とメッセージをください。

■■追伸2■■
毎月、月利300%を出す投資法を知り、10万円を翌月40万円、翌翌月160万円と、小資本からウナギのぼりに資産を増やしたい人は、コミュニティーの詳細動画をプレゼントさせていただきます。

追伸4にある僕の個人LINEへ『KKA』とメッセージをください。

■■追伸3■■
年収700万以上(又は夫婦合算で年収800万以上)の方で、不動産投資で不労所得を作ることに興味ある方は、不動産投資法の詳細動画集をプレゼントさせていただきます。

追伸4にある僕の個人LINEへ『不動産』とメッセージをください。

■■追伸4■■
連絡は下記のLINEまで

【個人LINE】
http://line.me/ti/p/Wfgpf8e6Ca
IID→akinori226 (URLで飛べない方)

■■追伸5■■
KKA、KNJともに、ここまで講師陣が揃っているコミュニティはありません(指導実績、生徒の実績、講師の数、指導力等)

サポート体制、教えてきた生徒の数、再現性の高いノウハウ、稼げる環境の整備、等には自信があります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。