劣等感を廃棄処分

ども、金川です。

 

数千人のいう起業家の金の卵を見てきていますが

クヨクヨして前へ進めない人も

たっくさんいます。

 

もしかしたら、このブログを見てるあなたも…

 

結局クヨクヨ悩んで

悩んでいるだけでは

何も解決しません。

 

Aさん「あの人に告白しようかな〜〜

 

あ〜〜

 

でもな〜〜どう思う??」

 

Bさん「告白しちゃえよ!」

 

Aさん「いや〜〜でもな〜〜」

 

なんでもそうですが、

悩むことで前進することはありません。

 

ここで言えば、告白して初めて

物事は動き出します。

 

とはいえ、そういった場面になった時

悩みこんでしまう気持ちはわかります。

 

僕自身、サラリーマンをしている時

起業したいけど…

とクヨクヨしている時は確かにありました。

 

今でも、悩んでしまうことはあります。

 

そんな中僕が大切にしていることは、

『劣等感は捨てる』

と言うことです。

 

劣等感とは

「自分が他人より劣っていると感じること」

です。

 

人の習性で

「比べないと価値がわからない」

というのがあります。

 

例えば、初めての海外旅行で

タイのバンコクに行きました。

 

タイバーツで支払うタクシーは初めてです。

 

ちなみ観光客をカモにするのは

日常茶飯事です。w

 

まず1回目のタクシーは10kmで800円でした。

 

日本と比べれば破格ですよね。

 

なので

「安すぎる!!」

となるはずです。

 

でも、2回目のタクシーは

10kmで600円でした。

 

ここで少なくとも1回目のタクシーは

ボッタクられていたことが判明します。

 

「流石に安くはしないだろ」

 

と2回目のタクシー料金を基準とします。

 

で3回目のタクシー

 

10kmで1500円でした。

 

なるほど、良心的で10km600円くらいだな

それ以上はボッタクリとなります。

 

3回のタクシー乗車で

タイバンコクのタクシーの価値を

認識するわけです。

 

と言うように、人は

何か比較対象がないと

価値を認識することができません。

 

特に新しいことを始める時、

比較を無意識でします。

 

「よし!起業しよう!!」

 

となった時も無意識的に

他人と自分を比較します。

 

大概の人はうまく言っている成功者と比較して

「自分には何もない。。。」

と劣等感に襲われます。

 

まさにこれ!!

 

この劣等感こそ行動力を低下させる元

なんですね。

 

で、よく「人は人自分は自分で

他人と比較することは無意味」

という言葉を聞いたことが

あると思います。

 

ごもっともなのですが、

僕の考えは、

 

「人は無意識的に比較するので

比較しないということは無理

 

だから、劣等感は絶対に生まれるもの」

 

と言う考えです。

 

劣等感が出てきてしまうのは

仕方がないことですが、

劣等感を引きずることこそが

一番やってはいけないことだと

認識しています。

 

だから、

 

『劣等感は消せ!!』

 

です。

 

劣等感は挑戦するときに

最大の敵です。

 

敵を意識しながら

チャレンジしていくことは大切ですが、

敵を意識するがために怯んで

行動できないのであれば

敵を意識すべきではありません。

 

ボクシングの試合で

プロになった瞬間に世界王者と対戦と言われたら

間違いなくビビると思います。

 

僕なら棄権です。w

 

と言うように、劣等感は最大の敵なので

無視です!!

 

新人プロボクサーの監督は

「試合がある」とだけ伝えて、

 

計量があるときに初めて

相手が世界王者だと知る

くらいがいいということ。

 

今回話したことは

なかなかチャレンジできない

という人への考えなので

 

もしそういう方いましたら

参考にしてみてください。

 

では。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

40,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。