初対面の相手に自分を印象づける方法

こんにちは。
金川顕教です。

 

パーティーや合コン、ビジネスのシーンで
自分をアピールできていますか?

 

誰の記憶にも残らない影の薄いやつで終わってしまったら
虚しいですよね。
ましてやビジネスだったら次につながらないかもしれない。

 

今日はそんな限られた時間で
“自分を印象づける”方法をシェアします。

 

人の印象は3秒で決まると言われています。
アメリカの心理学者アルバート・メラビアン氏が唱えた
“メラビアンの法則”です。

 

ということは、見た目が重要なのです。
最高のスマイルと清潔感のある服装を用意してください。
初対面で眉間にしわを寄せていらいらしていたら
誰だって「この人なんか怖!」って思いますよね?
笑顔でいることで、
この人話しやすそうだなと思ってもらえるんです。

 

会話がはじまりました。
どんな風に会話したらいいのか?
適度に”間”を作ってください。
相手が聞く姿勢になってくれるのです。
一方的にマシンガントークするのは危険です。

 

パーティーや合コンでは当たり前ですが、
ビジネスのシーンでもプライベートな話を交えてください。
あなたのビジネスだけではなくあなた自身に
興味を持ってもらうことができます。

 

あとはあれもこれも喋らないこと。
アピールはひとつだけ、
いくつもアピールするのはマイナス効果を生みます。
本当にアピールしたいことをひとつだけアピールした方が印象に残ります。
信憑性もあります。

 

それから事前準備です。
いくら会話の得意な人でも相手は十人十色ですから、
その全ての人に的確な話題を出すのは難しいでしょう。
今やSNSで相手の情報はある程度得られます。
事前にリサーチしておくというのは、
ビジネスマンの間で当たり前の行動です。

 

以上のことをまとめると、

 

・清潔感のある服装で笑顔をつくる

・会話に適度な”間”をつくる

・プライベートな話を交える

・本当にアピールしたいことをひとつだけアピールする

・事前準備をする

 

ということになります。
これらを徹底するだけで、あなたの存在は相手の記憶に
きっと残ることでしょう。

 

因みに、こんな統計が出ているので見てみてください。
「初対面の相手に会う際、何か工夫はしていますか?」という質問で、
年収1000万円以上の人は40パーセント以上の人がYesと答えています。
年収300万円以下の人はその半分でした。

 

年収1000万円以上の人の方が、
初対面の人との出会いがビジネスにつながるという意識が強いのでしょうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。