先延ばしはダメ!成功者は目の前の1分1秒を大切にする

こんにちは。
金川顕教です^^

 

例えば時間に余裕があると、
「やりたくないことを先延ばしにしてしまっていませんか?」
耳が痛い話ですよね。

 

面倒くさいなと思ってしまうことや、
別にやらなくてもいいと思ったことは
後回しにしてしまい、結局行動しないまま
終わってしまう人は少なくありません。

 

実際にやろうと思っていても、
行動を起こすタイミングを先延ばしにすればするほど、
人は行動しなくなっていきます。

 

例えば、仮に起業する目標を
3年後に設定してみたとしましょう。

 

3年後までの計画を立ててみるものの、
「まあ3年あるし、ゆっくりやっていこう」と
思ってしまう人が多いはずです。

 

この考え方では、3年後に起業するという
目標も達成できないでしょう。

 

ではどうすればいいのかというと、
前日に「明日やることを考えてみてください」。
目標から逆算し、目標を達成するために、
何をやるべきかを考えておくのがおすすめです。

 

1年後のことを考えると、
「1日くらい、何もしなくていいか」と
思ってしまいがちになります。

 

先延ばしにする期間が長ければ長いほど、
行動に移せなくなってしまうのです。

 

ここで意識したいことが、
数年後や数か月後の長期的な未来ではなく、
「目の前の1時間」を大切にするということです。

 

目の前の1時間を大切にすることができれば、
最短距離で成功へと進めるようになります。

 

つまり「時給思考を意識するということは、
毎日の行動の仕方を変えることができる」ということです。

 

成功している人は目の前の1分1秒を大切にしています。

 

目の前の時間をどう使うかを考えたほうが、
より差し迫った課題に動けますし、動いた分早く結果が出ます。

 

そして早く行動に移すことで、
たとえ想定外の出来事があったとしても対応することができます。

 

もちろん、成功している人もそれが分かっています。

 

時給思考を意識することで
周りと差をつけていきましょう。

 

成功している人たちは同じ1日どころか、
同じ1時間でも過ごし方が違います。

 

とはいえ
「たった1時間で、そんなに変わるものなのか」と
思う人もいるのではないでしょうか。

 

それでは、次に1時間あたりの生産性が
人によってどれくらい違うかを見ていきましょう。

 

何も考えずにただ毎日を過ごしている人と、
仕事で結果を出している人では
時間の使い方が変わるとお話ししました。

 

同じ1日でも、もっと細かくいえば
同じ1時間でも過ごし方が違います。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、
アインシュタインの相対性理論によれば、
“時間が進む早さは、人によって感じ方が違う“と
いいますね。

 

例えば、あなたが会社で働いている
8時間の労働時間のうち、
「1時間」の過ごし方を思い出してみてください。

 

無理に仕事をしている時の1時間と、
やりがいを感じられる仕事をし、
充実している1時間では
「同じ時間を過ごしていても、時間が過ぎる早さが違う」と
いうことはありませんか?

 

これは誰でも経験したことがあると思いますが、
時計の針が進む速さは同じでも、
すごく長い時間と短い1時間があり、
時間の感じ方が全く違うということがあります。

 

1時間の中であることを嫌だと思いながらやっている人と
モチベーション高くやっている人とでは、
同じ1時間を過ごす中身の差があるのです。

 

仕事であれば、もちろんモチベーション高く進める方が
圧倒的に成果が出やすいです。

 

無我夢中でやっていたら
「いつのまにか時間が過ぎていた」
なんてこともあるのではないでしょうか。

 

例えば趣味をやっている時間や、
自分が興味のある分野のセミナーを受けている時間など、
没頭している時間はとても有意義といえます。

 

むしろ没頭できない時間はマイナスと捉えてもよいでしょう。

 

会社で長時間に及ぶ会議があった時に、
「会議あと何分で終わるのかな、早く終わらないかな」
なんて考えている時は生産性が下がり、
マイナスな時間といえます。

 

さらに、何となく皆と話したいから飲み会に行ったり、
行きたくもない二次会に行ったりと、
目的もないのにその場で過ごす時間はマイナスといえます。

 

つまり、どのように時間を過ごすかによって
満足度や質の高さが違うのです。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

金川顕教

 

================

金川顕教の無料メルマガはこちらから

あなたの先輩成功者たち3.5万人が愛用する金川顕教の
無料メールマガジンの内容とは?

「僕の人生を変えた、お金を稼ぐ力をつけるためのメルマガです」(30歳男性)
「これを読んで年収1000万円達成しました!今や年収は2400万円です」(31歳男性)

これらは購読者のお声です。

超有料級の内容をお届けいたしますので、是非ご購読ください!!

金川顕教の無料メールマガジンはこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/mailmagazine/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。