儲かる投資、投資とギャンブルの違いを徹底解説

こんにちは。
金川顕教です^^

 

「投資ってギャンブルでしょ?」こんな言葉をよく聞きます。
確かにお金をかけてリターンを得るという点では似通っていますね。

 

今日は、投資とギャンブルがごっちゃになっているあなたに向けて、
投資とギャンブルの違いを説明したいと思います。

 

投資とギャンブルでは、意味合いがまったく異なります。
硬く利益を上げていくという観点でみると、ギャンブルの感覚では難しいと思います。

 

自分の趣味や遊びとして楽しむ分にはギャンブルでもOKですが、
自分の人生を向上させていくための収入源と考えるならば、
投資の捉え方を身につける必要があります。

 

一般的に日本の賭け事という大きな枠で見てみると、

・宝くじ
・競馬、競艇、競輪
・パチンコ

など聞き慣れたものも多いことでしょう。

 

先程も述べましたが、
やり方やジャンルはさまざまあるものの、
お金を勝敗にかけてリターンを得るという仕組みは共通しています。

 

これらの賭け事には平均還元率というものがあり、

・宝くじ(50%)
・競馬、競艇、競輪(75%)
・パチンコ(80%)

のような数字が出ています。

 

つまり、宝くじでいうと1000円賭ければ50%の500円が返ってくるというわけで、
必ずギャンブルは運営側に利益が出る仕組みになっています。
この平均還元率が高ければ高いほど、負けにくく勝ちやすいということです。

 

あくまで趣味で行うなら自分の好きなものでいいのです。金川顕教は何も言いません。
しかし、利益を上げるという目的では、還元率が高いものを選ぶ必要があります。

 

賭け事というと、確かにギャンブルと捉えることも投資と捉えることもできますが、
決定的に違うのは利益を上げるために計画し、冷静に取り組んでいるか、と言う部分です。
ただの運試しではなく、自分の資金を増やしていくことを意識する必要があるのです。

 

投資に向いている人の特徴

・コツコツと着実にできる人
・感情ではなく冷静に判断できる人
・計画を立てて長期的に考えられる人
・マニュアルや解説をしっかり読む人
・素直な人
・間違えを修正しながらできる人
・自己制御することができる人

というような特徴があり、
すべてに共通するのは、”自分自身としっかり向き合えるかどうか”ということ。

 

投資というのはお客様相手の仕事ではないので、
他人と接することがない分自分のことを自分で管理し制御する必要があります。
人は無意識のうちに周りの人間関係や環境に大きく影響を受けているので、
いざひとりで何かしようとした時にもっとも難しいのは、
やり方や技術ではなく自己管理なのです。

 

投資を今までしたことがないという方は、
もしかしたら意外な要素かもしれません。
しかし、この当たり前のようなことが見落としがちなポイントです。
逆に投資に失敗する特徴は上記のような性格の逆をしてしまう人です。

 

投資を始めて利益を出し始めると、人はだんだんと欲が出てきます。
感情的になり始めたら要注意。
その日は1度深呼吸して頭を冷やしてください。
金川顕教からのお願いです。笑

 

投資は遊びではありません。
低賃金から始められるとはいえ、手持ちの賃金を使って増やしていく、
感情に任せて勝負し始めた時点で、数字に支配されていると考えていいでしょう。

 

“数字は操るものであり、支配されるものではない”
そんな言葉がぴったりだと思いますが、数字に管理されるのではなく、
計画を立てて自分が管理していくという意識を持つことがもっとも重要です。

 

しかし、人間誰しも目の前の自己資金が減っていくと焦るもの。
そんな時に心がけたいのは、短期的な目線ではなく長期的な目線を持つこと。
長いスパンで感じることができるようになると、目の前の数字で一喜一憂しないメンタルへと変化していきます。

 

「あともう一回やったら勝てる気がする!」などという欲は捨てて、
自制心を保つことが投資を攻略するマインドなのです。

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。

今日

まだデータがありません。

週間

まだデータがありません。

PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。