仮想通貨の基本のキの部分

こんにちは。
金川顕教です^^

 

今日は仮想通貨についてのお話です。
基礎の基礎の部分になりますので
しっかり見てみてくださいね。

 

そもそも、仮想通貨とは
一体どのようなものなのでしょうか。

 

「仮装」という言葉から、
「怪しいもの」「信頼できないもの」
というイメージを持ってしまいますよね。

 

確かに仮想通貨は、
現行の通貨のように「紙幣」として流通しているのではなく、
ネット上でのみ扱うことができる通貨です。

 

しかし、だからといっていつか消えてしまうというものではありません。
「ブロックチェーン」という高い技術が仮想通貨の取引を支えているので、
世界中で取引ができており、
仮想通貨自体が消えるということはないのです。

 

今日は基礎の基礎の部分なので
ブロックチェーンについては割愛させていただきますが、
ブロックチェーンは仮想通貨の取引を支えている、
とても高い技術です。

 

ここをきちんと理解してもらえば、
仮想通貨は皆さんが思っている以上に安全に取引されている通貨
ということがわかります。

 

そして通貨としての信頼性が高いだけではなく、
ネットショッピングで利用できるケースも増えており、
今では世界中で使える通貨として、
どんどん需要は増えていきます。

 

また、「仮想通貨はどうやって世界中で使われているのか?」
と疑問に考える人もいるかもしれません。

 

仮想通貨は円はもちろん、
ドルやユーロ、人民元などに換金できます。
将来的には監禁することなく、
そのまま仮想通貨を使って買い物ができるようになるでしょう。

 

実際、アメリカでは年金の支払い方法のひとつとして、
仮想通貨の1種類であるビットコインが採用されています。

 

また、仮想通貨の大きな特徴として、
中央銀行のような「公的な管理機関が存在しない」
ということも挙げられます。

 

例えば、どこか特定の機関や組織が通貨を管理する場合、
その機関や組織に大きな変化が起こると、
その国が管理している通貨の価値に影響を及ぼします。

 

極端な話、日銀が突然「円の価値を半分にする」という決定をしたら、
私たちはそれに従うしかなく、
資産をすべて円で持っていた場合、
その資産価値は半分になってしまいますよね。

 

しかし仮想通貨の場合は、
そもそもそのような意思決定を行う管理機関が存在しないため、
何らかの外的要因に左右されることなく
その価値が保障されています。

 

また、「現実世界に存在しないお金」という概念の説明をすると、
「電子マネーと同じようなものなのでは?」
と考える人もいますよね。

 

しかし仮想通貨と電子マネーは似ているようで
まったくの別物です。

 

日本で言えば、円という通貨を物質的なやり取りを抜きにして、
電子的にやり取りをするために設けられたシステムが
電子マネーであると言えます。

 

例えば、「Suica」であれば
JR東日本が管理している電子マネーになりますが、
Suicaにチャージした電子マネーは鉄道(使えない地域もあります)、
コンビニ、スーパー、ショッピングセンター、家電量販店など、
様々な場所で使うことができます。

 

とはいえ、使えるのは日本国内の店舗のみになります。
皆さんもご存知のように、
日本の電子マネーは世界共通で使うこともできなければ、
換金することもできません。

 

一方で仮想通貨はビットコインやイーサリアムなど、
ヴロックチェーン技術が用いられた、
世界各国で使えるネット通貨になります。

 

例えば、皆さんはロールプレイングゲームなどをしたことはありますか?
そのゲームの世界でのみ使われている通貨がありますよね。
ドラゴンクエストでいえばゴールド、
ファイナルファンタジーでいえばギルです。

 

実は、これらのお金は広い意味での仮想通貨の一種なのです。
とはいえ、そのお金を使用することができるのは、
そのゲームの中のみですよね。
現実世界でゴールドやギルを使おうと思っても、
当たり前のことですが何も買えませんし、
円と換金することもできません。

 

そこで、これをもう少し発展させ、
スマートフォンのゲームの中のお金だと考えてみてください。

 

スマートフォンのゲーム自体は、
無料でダウンロードすることができます。
そしてプレイする中で必要になるお金を手に入れるために、
課金する必要が出てきます。

 

このように現実世界のお金が、
ゲームの世界のお金に換金されるのです。
そしてゲームの世界で
何らかのアイテムを買うことができるようになります。

 

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーでは
現実のお金とゲームの世界のお金に繋がりがありませんでしたが、
この場合は繋がりが生まれています。

 

このような状況を発展させたのが仮想通貨です。
現行通貨でゲームの中でのみ流通している通貨を買うのではなく、
逆にゲームの世界で使われる通貨を、
現行通貨(例えば日本円)に換金できる状況が生まれれば、
それは実際の仮想通貨にかなり近くなります。

 

そして、全世界のそのゲームをプレイしている
プレイヤーに配られるゲームの世界の通貨の総量が
決まっているとしたらどうなるでしょうか。

 

例えば、「全世界のプレイヤーの所持金の合計額の上限を
10,000ゴールドにする」としましょう。

 

もし無限にゲームの世界の通貨が発行されるのであれば、
現王の通貨とゲーム世界の通貨の相場は変わらないといえます。

 

しかし、上限が決まっていることによって、
そのゲームに人気が出て、
そのゲーム世界の通貨を欲しがる人が増えれば増えるほど、
「多少高くてもゲームの世界の通貨を買いたい」
と考える人が出てきます。

 

そしてゲームの世界のお金の価値が高くなっていくという仕組みですね。

 

ここまでくると、
だいたい仮想通貨の仕組みに近づいてきます。
なんとなくイメージできたのではないでしょうか?

 

いかがでしたか?
仮想通貨は「怪しいもの」「信頼できないもの」
というイメージを少しは払拭することはできたのではないでしょうか?

金川顕教

 

■■金川顕教の新しい電子書籍が出版されました■■

「完全放置で手堅く稼ぐ仮想通貨入門」

仮想通貨やビットコインというワードは今かなりホットで、
CMなどでも耳にするようになってきましたよね。

それでも、未だに

「ビットコインがよく分からない」
「とりあえず、怪しい」
「買う気はないけど…興味はある!」
「全く分からないから教えて欲しい!」

という人達もいると思います。

そこで、今回は12冊連続で仮想通貨の内容にしました。
1冊でボリューム多く書くと頭がパンクする可能性があると思いましたので、
2冊に分けて読みやすくしています。

まだ読んだ事がないかたは、ぜひ一緒に読んでみて下さい!

1冊30分程度で読めるので、今すぐダウンロードしてください。

金川顕教の無料電子書籍はこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/production/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。