仮想通貨の値動きが大きい理由

こんにちは。
金川顕教です^^

 

仮想通貨は良くも悪くもその値動きが大きいです。
例えば、昨日100万円分の仮想通貨を購入して、
次の日50万円のマイナスなどということも可能性としてはあります。

 

しかし、ずっとマイナスが続くわけではなく、
その後高騰して結果的にプラスになる、
ということももちろんあります。

 

そのため、メンタルをやられてしまわないためにも、
あまり頻繁にチャートを見るということはオススメしません。

 

では、なぜ仮想通貨はここまで大きく値が動くのでしょうか。

 

今日は仮想通貨の値動きが大きい理由について
解説していきたいと思います。

 

例えば株の場合、その株式を発行している
企業の業績によって株式が変動します。

 

一方でビットコインの場合、業績といったものは存在せず、
純粋にその需要によって価格は変動します。
需要が高くなれば高騰し、少なくなれば暴落するのです。

 

これが仮想通貨の価格変動の基本的な考え方ですが、
それだけでは説明がつかないほど
大幅に価格が動くことがあります。

 

考えられる理由は3つあります。

 

①株式市場に比べて仮想通貨の市場がまだ小さい

仮想通貨は株式市場に比べると、市場がまだ小さいです。
それは、仮想通貨を購入している人や
取引量が少ないということを意味しています。

 

少ない取引量の市場に、
大きな買い注文や売り注文が発生すれば、
それだけで市場価格に大きな影響を及ぼすのです。

 

②仮想通貨にはストップ高、ストップ安の設定がない

株式市場の場合、大きな価格変動を防ぐために
ストップ高、ストップ安というシステムがあります。

 

証券取引所が1日に価格変動する上限を決めているので、
例えば今日、一株100円の銘柄を買ったとしても、
次の日に1万円にまで跳ね上がることはありえません。

 

一方で、仮想通貨の場合はこのようなシステムはありません。
そのため、需要と供給の動きに比例して
価格はどこまでも変動していきます。

 

③世界情勢に左右されやすい

国が行う規制などによって、
仮想通貨の価格が乱高下することがあります。

 

仮想通貨に関する法律や規制は、
どの国も徐々に整ってきてはいるものの、
世界のどの国でも「完備された」とは
まだまだ言えない状況です。

 

そんな中、仮想通貨に関する規制が行われると、
規制対象となった仮想通貨は価格が暴落する危険性があります。

 

実際に2017年9月に
中国が仮想通貨の取引所を閉鎖するという発表を行い、
さらに数日後、仮想通貨の発行による資金調達(ICO)を
禁止するという発表も行いました。

 

この立て続けの発表によって、
ビットコインの相場は20%程度下落したのです。

 

このように様々な要因によって
株では考えられないほどのチャートの動きをする仮想通貨ですが、
これは「危険」という考え方もできれば「チャンス」
という捉え方もできます。

 

仮想通貨は日々の値動きが大きい分、
長期保有の方が稼ぎやすい状況でしたが、
これから先いつまでも長期保有が安定して
稼げるというわけでもありません。

 

長期保有と短期保有、
両方の運用方法をマスターするのがベストですね。

 

仮想通貨の値動きが大きい理由が
お分りいただけたでしょうか?

 

もっと詳しく知りたいという方は、
仮想通貨の無料電子書籍を出版したので
以下よりダウンロードしてくださいね。

金川顕教

 

=================

金川顕教の新しい電子書籍が出版されました

「完全放置で手堅く稼ぐ仮想通貨入門」

仮想通貨やビットコインというワードは今かなりホットで、
CMなどでも耳にするようになってきましたよね。

それでも、未だに

「ビットコインがよく分からない」
「とりあえず、怪しい」
「買う気はないけど…興味はある!」
「全く分からないから教えて欲しい!」

という人達もいると思います。

そこで、今回は12冊連続で仮想通貨の内容にしました。
1冊でボリューム多く書くと頭がパンクする可能性があると思いましたので、
2冊に分けて読みやすくしています。

まだ読んだ事がないかたは、ぜひ一緒に読んでみて下さい!

1冊30分程度で読めるので、今すぐダウンロードしてください。

金川顕教の無料電子書籍はこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/production/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。