他人の印象に残る自己紹介の方法

こんにちは。
金川顕教です^^

 

今日は、
「他人の印象に残る自己紹介の方法」という
お話をしたいと思います。

 

あなたは自己紹介する時に、
「うわー何話そう」と話の内容を考えませんか?
ほとんどの人はそうだと思います。

 

しかし、何を言うかは正直どうでもいいです。

 

メラビアンの法則によると、
相手に伝わるのは

7% 言語情報(話の内容)
55% 視覚情報(見た目、体の動き)
38% 聴覚情報(声のトーン、大きさ)

という割合になっています。

 

いくら凝った話をしても、
話の内容はたった7%しか伝わらないのです。

 

記憶に残るのは入り口と出口だけ

 

お笑い芸人を想像してみてください。
彼らは自己紹介がうまいですが、
大したことは言ってません。

 

お笑い芸人は見た目や声の大きさにインパクトがあるから
記憶に残りやすいんです。

 

いくらいいことを話そうと思って
長々自己紹介しても、
相手の記憶に残らないのが現実です。

 

話には必ず入り口と出口がありますが、
記憶に残るのも入り口と出口だけです。
残念ながら間の話は記憶に残りません。

 

なのに、ほとんどの人は
「いっぱい話した方が覚えてもらえる」と思って
だらだら話してしまいます。

 

自己紹介で長々話す必要はありません。
ズバリ1分でいい。

 

「自分はこういう人間です!」
究極これだけでいいです。

 

ネガティブ発言は絶対NG!

 

「今仕事していません」
「カードが止まりました」
「借金が○○円あります」

 

自己紹介でマイナスのことを話す人が多いですが、
これはやめたほうがいいです。

 

本人はあくまでネタのつもりかもしれませんが、
こういった自己紹介をすると
「あの人は駄目だ!!」というイメージがついてしまいます。

 

もし、マイナスのことを話したいなら、
最終的にはプラスの話で帰結してください。

 

プラスで帰結すると生産性が34%上がる

 

当時金川顕教のメンターがフェラーリに乗っていたら、
後ろからパトカーが追ってきました。

 

メンターはその瞬間
「よしっ!!」
とガッツポーズをしたんです。

 

たいていの人は
「うわー、まじかよ!」
と思うと思いますが、
無理やりでもプラスに切り替えたのです。

 

なぜかというと、
プラスで帰結すると
生産性が34%上がることを
知っていたからです。

 

なので、仮に財布を盗まれても、
「中身が少なくてよかった!」
「これで盗まれるものがなくなった」
などと考えるようにしたほうがいいです。

 

新橋の居酒屋で愚痴ってる人は、
「財布盗まれてさー」
と延々愚痴っていることでしょう。

 

愚痴ったところで財布は返ってきませんし
切り替えなければどんどんマイナスになります。

 

金川顕教は大学受験に失敗した時、
1日でプラスに切り替えました。
(ほとんどの人は2浪する場合1ヶ月くらい休むと思います)

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが、
プラスで帰結することがいかに大切かが
伝わったのではないでしょうか。

 

うまい自己紹介をするためには

 

ほとんどの人は、
人が自己紹介している時に
「あの人はどういう人なんだろう?」
と完全に聞く側になります。

 

しかし、うまく自己紹介する人は
「自分があの人だったら何を話すか」
そういう視点で自己紹介を聞いています。

 

そこで思ったことを
自分の自己紹介に活かせば、
きっと相手の記憶に残る、
刺さる自己紹介ができるはずです。

 

まとめると、

・話の内容はどうでもいい
・自己紹介はたった1分でいい
・マイナス発言はしない(プラスで帰結すればいい)

これらを踏まえて自己紹介すれば、
相手の記憶に残る確率は高くなるはずです。

金川顕教

 

===========

■■金川顕教の無料YouTubeはこちらから■■

金川顕教のYouTubeでは
あなたにとって有益な情報をすべて無料で
配信しています。

「このYouTubeで年収がおよそ10倍になりました」(30歳男性)

「現在の年収は2400万円以上です。僕はこのYouTubeをきっかけに
ビジネスを始めました」(25歳男性)

これらは視聴していただいた方からのお声です。

ぜひご覧ください。

金川顕教のYouTubeはこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/youtube/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。