仕事を効率よくこなすことがオンとオフの切り替えにつながる

こんにちは。
金川顕教です^^

 

オンとオフ、切り替えられてますか?
これがうまくできていないと、
だらだら長時間労働してしまったり、
せっかくの休みも台無しです。

 

特に完璧主義な人は、
一つの仕事に必要以上の時間をかけるので、
プライベートの時間を削ってしまっています。

 

完璧主義=切り替えが下手
というふうに言えると思います。
時間をかければいい仕事ができると思われがちですが、
決してそんなことはないんですよね。

 

テキパキと仕事を終わらせる人のほうが、
実は完成度が高かったりします。
そのうえオフも充実しているので、
とても効率がいいと言えます。

 

なので、オンとオフは
うまく切り替えたほうがいいです。

 

===============
だらだら働くことのデメリット
===============

・疲れが溜まる
・集中力が下がる
・仕事の完成度が下がる

 

人間がピークの集中力を維持できるのは、
30分ほどが限界だと言われています。
30分を過ぎると集中力が低下してしまうので、
結果として効率が悪くなってしまうのです。

 

なので、長時間仕事をするよりも、
短時間で集中的に終わらせたほうが
いいと言えますね。

 

===============
オンとオフを切り替える3つのポイント
===============

①制限時間を決める

「8時までに終わらせる」とか、
「30分以内に終わらせる」といったように
時間を制限することで、
だらだら仕事を長引かせることがなくなります。

ここでポイントなのは、
仕事が途中であってもその時間に終わることです。
時間を過ぎるとモチベーションが下がるので、
結果だらだらしてしまうからです。

 

②スケジュール管理をする

仕事のスケジュールは前日までに決めましょう。
当日の朝に一日のスケジュールを考えるのは
かなり効率が悪いです。

朝から昼にかけては最も集中できる時間帯なので、
その時間をスケジュール管理に使うのは勿体ないです。
朝からスタートダッシュすることで、
午後からの仕事もスムーズに進むのです。

 

③仕事後の予定を入れる

予定が入っていれば、
それまでに仕事を終わらせようという意欲が生まれます。
だらだら仕事をすることもなくなりますから、
仕事の効率も上がるのです。

予定は何でも構いませんが、
習い事や趣味があると、
オンとオフの切り替えが
より自然になると思います。

 

オンとオフを切り替えるには、
いかに仕事を効率的にこなせるか、
ということだと思います。

 

仕事の効率を高めることができれば、
自然とプライベートの時間も
確保することができます。

 

結果、オンとオフの両方が
充実したものになっていきます。

 

オンとオフの切り替えができなかった人は、
3つのポイントを実践してみてくださいね。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

金川顕教

 

■■金川顕教の無料YouTubeはこちらから■■

金川顕教のYouTubeでは
あなたにとって有益な情報をすべて無料で
配信しています。

「このYouTubeで年収がおよそ10倍になりました」(30歳男性)
「現在の年収は2400万円以上です。僕はこのYouTubeをきっかけに
ビジネスを始めました」(25歳男性)

これらは視聴していただいた方からのお声です。

ぜひご覧ください。

金川顕教のYouTubeはこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/youtube/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。