今日から実践、ついイライラしがちな自分を変える方法

こんにちは。
金川顕教です。

 

最近イライラすることありましたか?

 

ストレス社会なんて呼ばれる現代、
会社での人間関係や満員電車の中など、
あらゆる場面で怒りを感じてしまうかもしれません。

 

仕事場でついイライラしてしまい、
「あー、やっちゃったなー」と缶ビールを
飲みながら後悔した人も少なくないと思います。

 

このように怒りを人にぶつけて後悔するのか、
ぐっと我慢するのか、
いずれにせよ怒りを感じるのは辛い状況です。

 

怒りは誰にとってもストレスで厄介なものです。

 

今日は、そんな怒りを克服する方法をシェアしたいと思います。

 

そもそもなぜ人はイライラするのでしょうか?

 

極端な例ですが、車で走行中、
後ろの車がわけもなくパッシングしてきたら、
イラッとしませんか?
これは、”物理的な刺激”からくるイライラです。

 

しかし、前述のように物理的な接触がなくても
イライラしてしまうことがあります。
これは、”精神的な刺激”からくるイライラです。

 

この、精神的な刺激の理由を突き止めることで
怒りを克服することができるのです。

 

ブッダの知恵を生かせば怒りのタイプは3種類です。
タイプごとに怒りを克服する方法を書き出してみたいと思います。

 

①貪欲タイプ

貪欲、つまり求めすぎな精神状態からくる怒りです

 

例えば、「もっと評価されたい」「もっと稼ぎたい」
「もっと早く行きたい」などといった願望です。

 

人間関係で「あいつとは話が合わない」という不満やストレスも、
これと同じ怒りです。
相手に「~してほしい」という過剰な期待や要求が、
思い通りにならない現状に怒りを生み出してしまっているのです。

 

こうした貪欲タイプの怒りは、
自分が求めすぎているということを
客観的に理解することが大事です。

 

求めすぎている精神状態では、
相手と分かり合えることもなく
平行線のまま。
自分が求めすぎていることに気づき、
自分の考え方を変える必要があります。

 

②怒りタイプ

これは怒りが怒りを生み出すパターンです。
例えば、過去に嫌なことがあって怒りが残っていると、
その怒りを別のことに向けようとします。

 

これはいわば、怒りの自家発電状態です。
怒りっぽい人は怒りタイプの人が多いかもしれません。

 

こういう人は、過去の怒りは関係ないと自覚しなければいけません。
実際心にくすぶっている怒りは今とは関係ありません。
しょせん怒りの残りカスみたいなものです。

 

「残りカスくらい解消できる」と考えてみてください。
その上で趣味や食事などで有意義に時間を使い、
残りカスを完全に消すのです。

 

つい思い出してイライラしてしまったら、
「過去の怒りを今起こる理由にしない、忘れていい怒りなのだ」と
自分を戒めてください。

 

③妄想タイプ

妄想が生み出す怒りは厄介です。

 

「俺が正しい、お前は間違っている」という風に決めつけたり、
自分と他人を比較したり、勝ち負けにこだわって感じる怒り、
さらには、自分が全く関与していない他人事や、
世間を賑わしているニュースに1人で憤慨している状態も
妄想タイプの怒りです。

 

事実と妄想は違います。
当たり前ですが、これは革命的な力を持った言葉です。

 

事実とは妄想の外にあるもの、
要するに脳の外にあるものです。
今目の前に存在しているモノやコトが事実です。

 

これに対して、脳の内で存在している言葉や映像が妄想です。

 

この妄想を消してしまえば、
妄想が作り出す怒りも消すコトができますよね?

 

例えば、相手が自分に対して非難や中傷をしてきたとしましょう。
ここで反応すると、瞬時に妄想の世界に飲み込まれます。
このことを記憶に刻んで思い出して、相手を攻撃するという状態になってしまいます。
これが、妄想が生み出す怒りです。

 

ここで反応さえしなければ、
怒りを記憶に刻むこともなくなるのです。

 

なかなか難しいかもしれませんが、
日々こんな心構えで過ごしてみたら
妄想が怒りを生み出すこともなくなるでしょう。

 

・外の世界・相手に妄想から入って、期待や判断に走らない
・そうした自身の思いが妄想だと気づく
・不快な相手に何か言われたら「あなたにとってはそうなのですね」
と理解はしていることを伝える

 

妄想せずに、理解から入るということを心がけてみてください。

 

怒りをなくして健康的な生活ができたらいいですね。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
コメント、シェアしていただけたら嬉しいです。

 

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。