人間関係の限界は150人

こんにちは。
金川顕教です^^

 

LINEの友だちの数が
交友関係の広さだと
思っている人は多いですが、
それは大きな間違いです。

 

よく考えてみてください。
例えばLINEの友だちが500人いたとして、
その中でよく会うのって
何人くらいですか?

 

いても10人とか20人とか
それくらいのレベルだと思うんです。

 

仕事で連絡をとる人が
100人くらいいたとしても、
残りの400人なんなんだって話なんですよ。

 

実は、オックスフォード大学の
研究によると、
人間が円滑に安定して
維持できる人間関係は
150人程度であることが
わかっています。

 

要は、150人以上とは
親密な関係になれないということ。

 

この数はイギリスの人類学者である
ロビン・ダンバーによって提唱されたことから
ダンバー数と呼ばれています。

 

ダンバー数にカウントされるのは、
「もしバーで偶然出会って
その場で一緒に飲むことになっても
気まずさを感じない人」
というように定義されています。

 

そう考えると
たいていの人は150人も
いないんじゃないでしょうか。

 

先ほども言ったように、
よく会う人となると
普通は10人とか20人くらいですよね。

 

つまり何が言いたいのかっていうと、
人脈作りに一生懸命になって
LINEの友だちを増やす行為は
意味がないんですよ。

 

成功したい人って
だいたい「人脈が大事!」と思って
いろんなパーティーに行ったり
SNSを使って人脈作りに一生懸命です。

 

でも、人が維持できる
人間関係の限度は150人。

 

そう考えると
友だちを増やすことよりも
絞り込んでより濃い人間関係を
作ったほうがいいと思います。

 

群れたって仕方ないんですよ。
大事な時間がどんどん奪われてしまうだけです。

 

その時間でどれだけ
成功に近づけるでしょうか。

 

あなたが成功を目指すなら、
信頼できる少数の人たちと
一緒に仕事をするべきです。
そのほうがよっぽど気持ちいいし
効率も上がりますよ。

 

つまり、友だちの数は増やすのではなく
減らすべきなんです。

 

あなたが本気で成功を目指すなら、
スマホから必要のない連絡先を消すことが
第一のステップですよ。

金川顕教

 

===========

金川顕教の新しい書籍が発売されました

“フリル、ヤフオク!、Amazonだけじゃない! 決定版 無在庫転売入門”

●内容紹介

無在庫転売は
「もっとお金が欲しい」
「もっと自由な時間が欲しい」
と思っているあなたの夢をかなえるビジネスです。

資金ゼロでも
パソコンとスマホさえあれば、
いつでもどこでもはじめられます。

本書は、これからはじめる人のために
無在庫転売の知識とノウハウを
徹底的にわかりやすく解説した入門書です。

無在庫転売で儲ける仕組み、
お金の知識、仕入れ、おすすめプラットホーム、有在庫転売へのステップアップまでわかります!

金川顕教の書籍はこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/books/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。