人生を変える、心の免疫力をアップさせる方法

こんにちは。
金川顕教です。

 

「自分はなんてダメなやつなんだ」と、
必要以上にネガティブになってしまう人がいます。
金川顕教もこういう人を何人も見てきましたが、
ビジネスでもチャンスをモノにできず、非常にもったいないです。

 

このような人を心理学の言葉では、
「自己肯定感が低い人」と言いますが、
精神的に健康でいるためには、
この自己肯定感を高く持たなければいけません。

 

今日は、自分を嫌いになってしまった時の応急処置法を
シェアしていきたいと思います。

 

自己肯定感は常に上がったり下がったりしています。
嫌なことがあれば一時期的に下がるということです。
これは、誰にでもあることなので特に気にする必要はありません。

 

しかし、自己肯定感の低い状態が長く続いたり、
それが原因で周りの人との人間関係がいびつになってしまった場合は、
自己肯定感を高める必要があります。

 

自己肯定感が低くなっている時は、
精神の免疫力が下がっています。
肉体の免疫力が下がると病気にかかりやすいのと同様に、
精神の免疫力が下がっていると、
ちょっとしたことで傷つきやすくなります。

 

例えば、メールの返信がなかったり、仕事で些細なミスをしただけでも、
深い傷を負ってしまいます。
こうなると、「またメールが返ってこないかも」「また失敗するかも」と、
再び挑戦する勇気がなくなってしまうのです。

 

仮に挑戦したとしても、
このような状態ではいつもよりミスや失敗をしやすくなるので、
さらに深い傷を負い、悪循環に陥ってしまうのです。

 

自己肯定感が低い人は、ストレスホルモンである
コルチゾールの血中濃度が高いという結果も出ています。

 

ふたつ目の問題としては、
ポジティブな情報を受け入れられなくなることです。

 

「自分はダメなやつだ」と思っている人は、
他人に褒められても素直に信じることができません。
逆に怖くなって、逃げてしまう可能性もあります。

 

知らず知らずのうちにダメ人間をアピールするようになり、
その結果、本当に「あいつはダメなやつだ」と思われるのです。
「やっぱり自分はダメなやつだ」と再確認してしまうと、
症状はさらに悪化します。

 

何かポジティブなチャンスがあっても手を伸ばそうとしなくなります。

 

せっかくポジティブな情報があるのに
わざわざ自分で遠ざけてしまうことに自己嫌悪し、
精神の免疫力をますます下げてしまうのです。

 

それから、自己肯定感が低くなっていると、
嫌なことを必要以上に我慢するようになってしまいます。
自分の主張ができなければ断ることもできません。

 

相手が悪いのかといえばそういうわけではありません。
人は必要以上に努力をしない生き物ですから、
「相手がいいと言ってるからいいんだ」と、
自分の行動をわざわざ見直すことはしません。

 

相手に何も要求できなくなってしまうと、
一方的に不利な立場に置かれてしまいます。

 

では、どうしたらこのような辛い状況から
抜け出すことができるのでしょうか?

 

いたってシンプルです。
自分に優しい言葉をかけてください。
これは、自己肯定感の低い人にとっては
とても必要なことです。

 

例えばテストの点数が悪くて、
「お前はゲームばかりやってるからだ!」
「お前はなんてバカなんだ!」と、
我が子を罵倒している親を見たら、
他人でも、「何もそんなに怒らなくてもいいのでは?」という気持ちになると思います。

 

自己肯定感が低い人は、
自分自身に対してその親と同じことをしているのです。
ですから、その親に対して思ったことを自分に言ってあげればいいのです。

 

メールの返信がなかったり、仕事で些細なミスをしたのは事実かもしれませんが、
メールを返さないからあなたを嫌っているというのはただの憶測ですし、
些細なミスをしたから上司に軽蔑されたというのもまた憶測でしかありません。

 

自己肯定感が低いときは、
人の表情や反応が必要以上に気になってしまい、
どんなことでもネガティブに捉えがちです。

 

先程お話しした、自分に優しい言葉をかけるという方法を、
1日1回、3日間実行してみてください。
頭の中の批判的な声が優しい励ましに置き換わるまで、
そのサイクルを繰り返してみましょう。

 

自己肯定感を高くするには時間がかかります。
自分のペースで焦らずに実行してみてください。
そのうち、ポジティブな言葉を受け入れやすくなるはずです。

 

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。

今日

まだデータがありません。

週間

まだデータがありません。

PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。