人の集中力はたった3分で切れる

こんにちは。
金川顕教です。

 

「この人話長いんだよねー」
とイライラした経験ありませんか?

 

例えば
「銀座で食べたパフェが美味しかった」
ということを伝えたいだけなのに、
やたらと回りくどい説明をして
10分も話を聞かされたとか。

 

聞く分にはまだいいかもしれませんが、
あなた自身がこのように
要領を得ない説明をしてしまうと、
あなたの評価を下げかねません。

 

「話す」という行為は
人を評価するとき、印象を決めるときに
とても重要な役割を担っているからです。

 

上司に評価されたり
周りからの人望が厚い人というのは、
たいてい話が上手な人です。

 

しかし、話すのが得意と豪語できる人って
そんなにいないと思うんですよね。

 

金川顕教自身、
今でこそ人前で話したりしていますが、
元々は話が苦手な方でした。

 

でも、話し方って
生まれ持った才能とかではなく、
ほんの少し意識するだけで
かんたんに変えられるんですよ。

 

今日は、
長話で相手をイライラさせない方法を
シェアしたいと思います。

 

これをマスターすることによって、
「話が長い」とイライラされることがなくなるばかりか、
仕事で評価される人になれるかもしれません。

 

これはとてもかんたんなことです。

 

「結論から話す」ということを
意識するだけです。

 

例えば、
上司になにかを伝えるとき、
結論のよりもまず「過程」について
話す人は多いと思います。

 

もちろんそれも大切ですが、
多くの人は過程よりもまず
「結論」を知りたがります。

 

上司もきっと
「○○君、それはいいから早く結論を教えてくれ」
と思っているはずです。

 

なので、まずは結論から話すということを意識してください。

 

ここでポイントなのが、
「私が伝えることではないかもしれませんが、
念のため話しておこうと思いまして」
「私はこの問題を知ったばかりなので
知っている範囲でしかお話できませんが」
などというムダな前置きや言い訳は言わないこと。

 

こうした前置きや言い訳は、
時間がかかるので相手をイライラさせてしまいます。
評価を下げる原因にもなりかねません。

 

では、一体なぜ結論から話すこと、
手短に話すことが
そんなに重要なのでしょうか。

 

それは、人は相手の話を
たった3分しか集中して聞けないからです。

 

結論を後回しにしたら
余裕で3分経ってしまいますよね。

 

相手が集中しているうちに
内容を伝えるために、
結論から話すことが望ましいんです。

 

とはいえ、
たった3分で伝えきれないことが
あるのもまた事実ですよね。

 

そんなときは、
「コミュニケーションのある会話」を
心がけましょう。

 

コミュニケーションのある会話とは、
こちらが一方的に話すばかりではなく、
相手の積極的な参加を促すコミュニケーションです。

 

例えば友だちに
「銀座のパフェが美味しかった」
と伝える場合でも、
「いちごがたくさん乗ってて」とか
「ボリュームが凄くて」とか
延々と一人で喋っちゃダメです。

 

定期的に質問を投げかけてください。
「いちごがたくさん乗ってたんだけど、
○○さんはいちご好きですか?」とか。

 

そんな風に
参加型のコミュニケーションをとることで、
相手の集中力は3分以上続きます。

 

結論から話すこと、
コミュニケーションのある会話を心がけるだけで、
「この人話長いなー」とイライラされることは
随分なくなるはずです。

 

ぜひ心がけて
会話上手になってくださいね。

金川顕教

 

=================

『金川顕教〜理想の叶うLINEの通信』

人気急上昇中、登録者数35000人を突破!!

副業、脱サラ、起業家希望の方、
4万人にアドバイスしてきた、実績ある
『理想の叶う思考法』『収入の上がる考え方』等、
限定情報を無料で配信中。

金川顕教〜理想の叶うLINEの通信の登録はこちらから
⇒ http://line.me/ti/p/%40rgt0375y

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。