上司にはラッキーと思わせ意図的に逆鱗から逃れる方法

金川です^ ^

 

 

今日の内容は

なるべくきつく叱られずに済む方法

です。

 

 

「トゥルルルル〜」

会社のデスクにあった電話がなりました。

 

 

電話に出ると、
取引先からのクレームの電話です。

 

 

そのミスを作った張本人が、なんと私。

上司に報告しないといけません。

 

 

上司は眉間にしわを寄せて、
鬼の形相をしています。

火山噴火3秒前のような状態です。

 

 

恐怖で冷や汗が出て、
手が震えてきました。

 

 

「ドックン、ドックン」

 

 

心臓の鼓動も感じ取れるほど
緊張状態になった私。

 

 

「怖い…」

 

 

怒られるときに
心にじわじわとしみ込んでくる恐怖。

 

 

怒られるときって怖いですよね?

 

 

今日はビクビク恐怖に覚えながら
仕事をしている人を助けるために記事を書きました。

 

 

今日の記事で知ったことを
試していただくと…

 

 

・もう会社での失敗に恐れません。

 

・上司が小さく見えます。

 

・人を思うように操ることができます。

 

・上司を手のひらで転がすことができます。

 

 

そのために
「相手の目線が意味する感情」
を把握します^ ^

 

 

人は目先と感情がリンクしています。

目というのは、脳と直接神経で結ばれているからです。

脳が体の外に出たものが目になります。

 

 

脳で感情が思考され、
目に表現として出てきます。

 

 

人間は感情的になったとき、
感情を心の中で空間ごとに配置させています。

 

 

例えば、

「あと3日でボーナス日ですけど、
どんな使い道をするんですか?」

と質問されたとき。

 

 

ニコニコしながら、
目線が”右”に流れて
「家族と旅行に行ってこようと思っています」
と答えた人がいます。

 

 

そのとき、
目線を向けた”右”が、
その人の「楽しい」が心に配置されている
場所ということがわかります。

 

 

相手が楽しいことを思い浮かべるとき、
右を見るということは、

「相手は右側にあるものを、
無意識にいいイメージとして認識してしまう。」

ということです。^ ^

 

 

この

『目線と感情がリンクしている』

ことはかなり使えます。

 

 

仕事で失敗して、
上司に報告しなければならない状況が
働いていると必ず訪れます。

 

 

それは、
あなたの上司も同じです。

 

 

上司が失敗すると
部長に怒られます。

 

 

あなたの上司が叱られるとき、
立っていたポジションを
覚えておいてください。

 

 

その立っていたポジションが、
あなたの上司にとって、
「恐怖」のポジションになている可能性が高いです。

 

 

飲み会の席で上司に失敗談を聞いて、
「恐怖」を感じていたポジションと
目線がマッチしていたら…

 

 

あなたは
上司の心に配置された「恐怖」位置を把握できます。

 

 

あとは、
あなたの失敗を報告するときに、
上司にとって「恐怖」する位置に立つだけです。

 

 

きつく叱られずに済みますよ^ ^

 

 

ただですね。

最初から心にある感情の配置を
把握することは、
むずかしいと思います。

 

 

まずは、
相手の目を見ることから
始めてみてください。

 

 

そこからが

火山噴火3秒前のような
鬼の形相をした上司から
なるべくきつく叱られずに済みます。

 

 

会社での「恐怖」が
一つ減ります^ ^

 

 

では、最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。

 

 

共感してくださったかたは、共有。
感想をお持ちになってくださったかたは、
コメントいただけると大変幸いです。

 

 

スタンプだけでも、いただけると
大変励みになります。

 

 

2冊目の出版セミナーを
全国でやります!

 

 

懇親会もあるので、一緒にワイワイしましょう!
http://bit.ly/2fuSZCZ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。