三途の川を見た話

金川です。

 

三途の川を見た事がありますか?

 

三途(さんず)の川とは、

死と生の狭間で、

渡れば死んでしまうという

恐ろしい川の事です。

 

要は、

『三途の川を見た人は死の一歩手前』

という事です。

 

昔から、伝説みたいな感じで

みんな知ってますよね?

 

実際に三途の川なんて

存在するのかわかりませんが・・

 

毎年50回くらい飛行機に乗る

先輩起業家が

面白いことを言っていました。

 

『三途の川を見て覚醒した』

 

基本イカれている先輩なので

面白い話が聞けると

興味を示すと…

 

話しだしました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

飛行機でニューヨークから

ワシントンへ向かっていて

ちょうど着陸するところでした。

 

その時、いつもと何かが違う

と気が付きました。

 

そして、

 

ファーストクラスで

アイマスクをしてくつろいでいると

 

「ドドドォォォオオ!!!」

 

と聞いたこともない爆発音がしました。

 

機体は大きく揺れ、

キャビンアテンダントがコケていました。

 

子どもは次々と泣き叫び

いつもなら親御さんが面倒を見るのに

そんな余裕はありません。

 

綺麗な白髪をした

裕福そうな老夫婦は抱き合い

神に祈りだしました。

 

墜落を覚悟してか、

財布など貴重品をポケットにしまい込む

おじさんもいました。

 

隣の女性は青ざめた顔で

キャビンアテンダントに

 

「大丈夫ですよね?」

 

というのですが、

 

「状況を確認します、

落ち着いてお待ちください」

 

としかいいません。

 

キャビンアテンダントは、

前の方に集まり

なにやら会議を始めました。

 

客室は大パニックです。

 

当の自分はどうかと言うと、

今までも何度か

死に直面する場面や

 

自殺未遂などをしたこともあり

純粋に死を覚悟できたので

冷静でした。

 

結局、飛行機は墜落もせず

普通に着陸しました。

 

原因は前の飛行機が着陸時に

事故が起きた兼ね合いで

不具合があっただけでした。

 

年に一回の旅行に

こんなことが起きたら

たまったもんじゃないですが、

 

お金稼ぎもマンネリ化してきて

退屈していたので

ちょうどいい刺激でした。

 

若いころは、毎日が刺激的で

限界まで魂を燃やして

仕事に打ち込んでいました。

 

「1億稼ぐぞ!」

 

なんて希望と不安を抱きながら

目標に向かって

一生懸命でした。

 

でも、最近は

人生に燃えないというか

 

昔ほど、楽しくない日々でした。

 

しかし、この飛行機のことがあって、

まさに覚醒しました。

 

まさに、

 

「三途の川を見て覚醒」

 

したんですね。

 

死ぬ直前に、過去の記憶が

ビュアーって蘇ってきて

 

後悔とかやりたかったこととか

改善点とか生きてこれをやりたいとか

無数に頭の中に広がりました。

 

たった10分くらいの

騒ぎだったけど

 

1日くらい

過去に帰った感じです。

 

『死』に直面して

いろんなところが見えて

 

「あ!俺はこれがやりたかったんだ・・」

 

というのが少し見えました。

 

貧乏だったころに比べれば

何もかもが自由になった今。

 

でも、どこか退屈でした。

 

人間、夢や目標がないことが

一番退屈なのかもしれません。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

この先輩起業家にいただいた言葉を

あなたに伝えたのは、

 

「三途の川を見て、目標を作りましょう」

 

という事ではありません。

 

『真実の目標』

 

というキーポイントです。

 

良く、目標を作りましょう。

 

と口を揃えて

言われています。

 

フェラーリを買う

ハワイに別荘を買う

月収100万円を達成する

脱サラする

 

など。

 

紙にとにかく

自分のやりたいこと、欲しいものを

書き出しましょう。

 

みたいな感じのやつです。

 

こういった見せかけの目標は、

あまり意味がありません。

 

確かに、目標を見つけることは

かなり大切です。

 

でも、見せかけの目標は

意味がないし

 

下手をしたら、

逆効果の可能性があるんです。

 

見せかけの目標を持っていて

逆効果になっている

典型的な例は、

 

「モチベーションが上がりません。

 

どうやったら

モチベーションが上がりますか?」

 

と質問をするような人たちです。

 

『真実の目標』を見つけることができると

モチベーションややる気なんて考えは

ありません。

 

目標を達成するために、

やる気を上げる、なんて工程が

存在しないんです。

 

だから、お金稼ぎの塾に入っても、

教材を実行することなく

 

モチベーションが上がらないことを

言い訳にして、行動せずに

幽霊部員化していくんです。

 

『真実の目標』を見つけることができれば、

モチベーションややる気といった概念が消えます。

 

常に、やりたくてやりたくて

仕方がない状況です。

 

やらないといけない

そのためにモチベーションを管理しなければ…

なんて余計な心配がいらないんです。

 

では、

真実の目標は

どうやって見つけることができるのでしょうか?

 

「金川さん、

真実の目標を見つけるには、

一番安全な飛行機にいっぱい乗って、

事故に巡り合うしかないのでしょうか?」

 

そう思う人もいると思います。

 

ただ、これに関しては

明確な改善策がありません。

 

なぜなら、僕でさえ、

見つけ切れていないからです。

 

真実の目標とは常に変化するものです。

 

基本的には。

 

例えば、世界的数学者の人で、

○○予想を証明することに

人生をかけた人はたくさんいます。

 

彼らは真実の目標に出会えたと

言えると思います。

 

でも、それは天才だと思っています。

 

「月で暮らす」

 

というのが真実の目標と

思った人も天才です。

 

僕は凡人ですので、

そんなに世界に影響を与えるような

大きな目標はありません。

 

1つずつ目標を達成していき、

徐々に成長している感じです。

 

でも、これが一般的ではないかと思います。

 

野球選手のイチローさんだって、

メジャーに行く前から、

世界一のバッターになろうと

思っていなかったと思います。

 

常に目標を自分の一歩手前に置き、

それを常に追い求めていく。

 

だから、真実の目標とは、

すごく漠然としていることが

実は重要なんじゃないかと

思っています。

 

イチローさんだったら、

「世界で活躍するバッターになりたい」

 

僕だったら、

「常に成長して、すべての自由を極めたい」

 

あなたも、少し考えてみてください。

 

人生をかけて達成したいこと

ミッションです。

 

今まで、あまり考えたことがない人は

かなり難しいと思います。

 

なかなか出てこないと思います。

 

もしかしたら、見せかけの目標のことを

真実の目標と勘違いしているかもしれません。

 

そう勘違いしたままだと

結局逆効果になりかねないので、

真実の目標をちゃんと

見つけないといけません。

 

でも、これは難しいです。

 

真実の目標に出会うことなく

人生を終える人も

沢山いると思います。

 

真実の目標に出会えるのは、

目の前のことを本気でやる人

だけです。

 

すべてに本気の人です。

 

あなたは手を抜いていませんか?

 

「本気出してないだけ」

 

なんて言って、

ダラダラと過ごしていませんか?

 

残念ながら、そういう人は、

真実の目標に一生出会えないと思います。

 

結局、冒頭と同じ感じで

オカルト的な話になっちゃいますが、

 

神様が認めてくれた時に

プレゼントしてもらえるものが

真実の目標です。

 

だから、いついかなる時も、

神様に頑張ってアピールしないとですね。

 

「真実の目標を見つけるために

がむしゃらに頑張るって、

 

矛盾してね…」

 

と思うかもしれませんが、

与えられた試練を本気で解決できないような人には、

神様からのプレゼントはもらえません。

 

真実の目標を手に入れると、

本当に毎日が楽しくなります。

 

人生に退屈など、

1秒たりとも感じません。

 

そして、どんどん目標を達成していきます。

 

目標を達成していくと、

それが報酬に繋がって

理想が叶っていくということです。

 

モチベーションなんて関係ないので、

いつも最高のパフォーマンスで

理想がどんどん叶っていく感じです。

 

ぜひ

 

真実の目標に出会えるように、

今与えられた試練を

本気で取り組んでみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

40,000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。