一生にいくらものお金が必要になるかご存知でしょうか?

こんにちは。
金川顕教です^^

 

あなたは一生にいくらものお金が必要になるかご存知でしょうか?

 

日本人の平均寿命は男女合わせて84.9歳になるので、
仮に85歳まで生きるとして、
一生涯必要なお金を試算してみたいと思います。

 

例えばあなたがまだ20代だとしたら、
残り60年もの人生にいくらお金がかかるのか、
そんなのイメージしにくいですよね。

 

では、現実的に考えて
一生にいくらものお金が必要になるのかというと、
仮に定年まで独身で過ごすと1億2453万円、
家庭を持った場合は、なんと2億2305万円が
必要になると言われています、、

 

ただし、これはあくまでも試算になります。
マイホーム購入したり、子どもを全て私立校に入れたり、
習い事をさせたりしたらもっと多くのお金がかかります。

 

大卒のサラリーマンが23〜65歳まで働いた場合の
生涯賃金は約3億円と言われているので、
「贅沢しなければギリギリ足りそうじゃない?」
と思うかもしれませんが、この「生涯賃金3億円」というのは、
あくまでも総支給額になりますので、税金を差し引かれたら
手取りは試算よりも少なくなります。

 

そして先ほどお話した生涯賃金は65歳までの話です。
老後約20年の生活費を考えると、
さらにお金がかかってくることがわかります。

 

今と同じ生活レベルを老後も維持しようと思ったら、
85歳までに7500万円ものお金がかかるのです
(生活費で月30万円かかる場合)。

 

では、老後のお金を年金でまかなえるかといったら、
今でさえ年金の受給額が減ってきている時代で、
将来も年金が満額もらえる保証なんてどこにもありません。

 

今20代である皆さんが
将来どんな生活を送りたいかにもよりますが、
毎日お金を気にしたギリギリの生活ではなく
ゆとりのある生活を送りたいと思っている人は多いはずです。

 

そうすると、一生涯ゆとりのある生活を送ろうと思ったら、
最低でも3億円以上は稼ぐ必要があるでしょう。
皆さんが将来結婚するのか、
それともずっと独身でいるかは分からないですが、
一生のうちにこれだけのお金が必要になるなんて、
ちょっと信じられないですよね。

 

「年齢が重なればなんとかなるのでは?」
と考える人もいるかもしれませんが、
そんなことはありません。

 

お金の心配は何歳になっても尽きないのです。

 

まだ20代であればこれからの生活のこと、
ましてや老後という40年も先のことなんて
当然イメージしにくいです。

 

日本も、皆さんの収入もこれからどうなっていくかなんて、
誰にも分かりません。先ほど一生に必要なお金についてお話しましたが、
金川顕教は皆さんの不安を煽るつもりでお話した訳ではないです。

 

でも、この心配は20代にとどまらず、
30歳、40歳、50歳になっても尽きません。
将来どうなるかわからないからこそ不安になります。

 

これまでの話を聞いた皆さんは、
「年功序列の会社に入って昇進すれば、給料はもっと増えるのでは?」
と考える人もいるかもしれませんね。

 

確かに年功序列の会社とか公務員であれば
基本的に勤務年数が長くなれば、
それと同時に年収が上がっていきます。

 

しかし、今は全部が全部年功序列の会社な訳ではありません。
勤続年数が長くても結果が伴っていなければ
給料が上がらない会社なんてたくさんあります。

 

しかも大手企業であっても、
例えば50歳になったら年収が下がったなんていう会社も聞くので、
必ずしも「年を重ねれば年収があがる」と言えるわけではないのです。

 

それに大手企業でもいつ倒産するか分からない時代です。
そんな時代の中で、自分の生涯賃金を
定年まで会社員として収入を得るというのは、
一見安定しているように見えるかもしれませんが、
実はかなりハイリスクなのです。

 

一方で、「俺は一生独身だと思うし、就職して稼げてれば問題ない」
と考える人もいるかもしれません。

 

でも何があるか分からないのが人生です。
結婚してもしなくても、もしかしたら今後、他にやりたいことができて
想定外にお金がかかることもあるでしょう。

 

そういった時に自由に使えるお金がなかったらどうでしょうか。

 

お金のせいでやりたいことができないなんて、
人生ちょっとつまらなくなりますよね。

 

仮に将来結婚して子どもが生まれたとしましょう。
先ほどもお話したように、子どもにいい学校へ通わせようと思ったら、
その分学費は必要になるし、自分や家族が病気やケガをしたら
想定外の出費も必要になっていきます。

 

そう考えると、年収はあがったとしても会社員で働き続ける限り、
一生お金の不安が消えることはないのです。

 

でも、20代のうちに一生分のお金を稼ぐことができればどうでしょうか。

 

30歳以降かなり余裕のある生活が送れそうですよね。
金川顕教はよく「20代のうちにお金を稼いだ方がいい」
という話をしています。でもそういった話をすると、
必ずといっていいほど「人生はお金が全てじゃないですよね?」
と言う人がいます。

 

皆さんの中でもそう考えている人は多いのではないでしょうか?

 

実際に「お金が全てじゃない」と考える人はとても多いです。
もちろん、その考え方も間違ってはいないと思います。
お金持ち全員が幸せかといったら、人それぞれ違うはずです。

 

でも考えてみてください。皆さんが例えば、
「大切な人へ海外旅行をプレゼントしたい」と旅行を計画するとします。
本当は5つ星の素敵なホテルに連れていってあげたいけれど、
予算の関係で3つ星ホテルでないと泊まれない。

 

それでも相手の人は喜んでくれるかもしれませんが、
大切な人にプレゼントするなら
「5つ星の素敵なホテルに一緒に泊まりたい」
と誰もが考えると思うはずです。

 

もしこの時自分が、
旅行のプレゼントに50万円以上の予算があったら、
間違いなく5つ星ホテルを選びますよね。もっとお金が出せれば、
スイートルームにも泊まれるかもしれません。

 

5つ星ホテルと3つ星ホテル、
相手の人にどちらが喜ばれるかといったら、
反応を想像してみると分かりますよね。

 

20代(特に独身のうちは)は、
自分のためにお金を使うことが多いと思います。

 

もちろんお金の使い道は人それぞれですし、
特に決まっている訳ではありませんが、
お金があればその分選択肢を増やすことができるのです。

 

その他にも例えば、人生のあるタイミングで
やりたいことができたとしましょう。
でも「お金がないから」っていう理由で諦めるのって
もったいないと思いませんか?

 

今までやりたいことを諦めた人にとっては
経験があるかもしれませんが、一度やろうと思って諦めた経験って
「あの時やっておけば良かった」という気持ちが、
ずっとつきまとうんですよね。

 

そんな気持ちを一生持って生きるなんて、
金川顕教はつまらないし非常にもったいないと思います。

 

先ほどもお話したように、人が一生にかかるお金は
最低1〜2億円という膨大な金額です。
もしかしたらそれ以上に必要になるかもしれません。

 

もし皆さんが20代で一生分のお金を稼ぐことができたら、
残り60年を悠々自適に暮らすことができます。
それか、もっと売上を伸ばし続けて、
色々な事業にチャレンジしてもいいですね。

 

チャレンジしようと思い立ったら、
すぐに事業に投資してチャレンジすることだってできます。

 

このように20代のうちに一生分のお金を稼ぐことが出来れば、
お金の事を気にせず40代、50代を迎えることができます。

 

それってかなり魅力的だと思いませんか?

 

繰り返しになりますが、
20代のうちに一生分のお金を稼いでおけば、
人生の選択肢が増えるということがいえるのです。

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。