ピアニストのように指を素早く動かす方法

「カチャカチャカチャカチャ」

 

嘘でしょ!?
コピーを書いていて
ピアニストのような指さばきができる。

指が止まらない笑

 

どうも金川です^ ^

 

コピーって最強ですね!

一度コピーを仕上げてしまえば、
勝手にセールスをかけてくれて、
お金を稼いできてくれるレバレッジの効いた
最強の営業マンですです!

 

あとはいかに広告費をかけるだけです。^ ^

 

ただ、いざコピーを書いてみると、
なかなか書けないし、
書けたとしても、反応が取れずに
ただ文章を投稿しただけという苦い経験をしていませんか?

 

今回の内容である

『反応の決定打はリサーチ』

を読んでいただければ、
最強のコピーをかけることができます。

 

・見込み客の心に突き刺さる言葉を突き刺すことができる。

・記事を書くまでの時間が激減する。

・反応が取れるようにいなる。

・予備知識がついて、ひとつの業界を網羅することができる。

 

コピーを最強の営業マンにするためには

『生の声』

を知らないといけません。

 

あなたが洋服屋さんで、かっこいいと思った服を手に取っている時、
店員さんから「こちらの商品は、ただいま30%オフとなっています」
と言われた時。

月収17万円の人は、
心打たれると思います。

月収17万円の人に「30%オフ」と言っても
響きにくいんですね。

 

もし裕福なターゲットに向けて言葉を選ぶのなら、
「この洋服はブランド品で、あの国民的俳優が愛用しているんです」
と声をかけるだけで購買意欲は大きく変わります。

 

だけど、実際にタイピングを始める時って、
なかなか指が動きませんよね。

「ん〜、どうやって書こうかな…」

悩み始めたら、
いつの間にか30分経っていたなんてことはよくあります。

 

その原因は、

あなたが文章の書き方を知らないわけでも、

タイピングに慣れていないからでも、

考える力がないからではありません。

 

ただ、
見込み客のことを知らないだけなんです。

見込み客のことを知ることができたら、
親指から小指までがピアノを奏でるかのように
リズム良く動くようになるます。

 

そのために必要なことが

『リサーチ』です。

 

どうやってリサーチをするのかというと…

1、悩み

2、それに隠れている感情

3、原因

4、解決方法

5、失敗

6、悩み以外の関心

1、悩みについてです。
あなたがターゲットとている人たちは、
どんな悩みを抱えているのか調べます。

 

例えば、太っている人なら、
スーツ姿がダサい、
不健康そう、
会社の後輩から陰で「デブ」と言われているなどあるかと思います。

 

2、それに隠れている悩みについてです。
悩みの背景には必ず感情が隠れています。

太っていることに悩んでいるサラリーマンなら、

スーツ姿が似合わなくて悲しい。
不健康で嫌だ。
後輩から「デブ」と陰で言われてムカつく

などが、出てくるかと思います。

 

3、原因についてです。
太っている人なら、

毎日外食で脂っこいものを食べている。
帰宅したらお酒を飲む。
不規則な生活習慣をしている。

などがあります。

 

4、解決方法についてです。
太って人の場合、
運動や食事制限という答えが
一般的な回答になることは目に見えています。

だから、本で調べます。

ネットの場合だと誰でも
解決策を知ることができるから、
記事を読む人の離脱率が高まるんですね。

専門的な本から解決策を導くと、
「そんな方法があったのか!?」
と驚きの解決策を見つけることができます。

 

5、失敗についてです。
太っている人なら、
これまでどんなダイエットで失敗してきたのか調べます。

「自分は、毎日運動する時間がなくて失敗しました」

「自分は深夜にお酒を飲んで失敗しました」

という声を集めます。

 

6、最後に、悩み以外の興味について調べます。
太っている人なら、

エクササイズに興味があるのか。

ファッションに興味があるのか。

女性からモテることに興味があるのか。

かっこいいスーツを着ることなのか。

悩み以外のことを知っておくと、
ターゲットとする人にメッセージを送る時、
突き刺さるワードを選びやすくなります。

 

つまり反応が取れるということです。^ ^

 

この6つの項目に沿ってリサーチする時間は、
最低2週間はやりましょう。

 

2週間、書店に足を運び続け、
図書館にこもり、
ネット検索をします。

 

そこまでしないと、
この6つのラインナップを
調べ上げることはできないと思います。

 

ただ、いますぐ2週間リサーチするとなったら、
なかなか難しいかもしれませんね。

 

まずは、近くにある図書館が
どこにあるのかを探すところから始めてみてください!(^ ^)

 

共感してくださったかたは、共有。

感想をお持ちになってくださったかたは、

コメントいただけると大変幸いです。

 

スタンプだけでも、いただけると
大変励みになります。

 

2冊目の出版セミナーを
全国でやります!

 

懇親会もあるので、一緒にワイワイしましょう!

http://bit.ly/2fuSZCZ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。

今日

まだデータがありません。

週間

まだデータがありません。

PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。