バリデーション療法を会話のスキル向上に取り入れる

こんにちは。
金川顕教です^^

 

今日はトーク力向上につながる、バリデーション療法について書いていきたいと思います。
そもそもバリデーションって聞いたことありますかね?
認知症の高齢者に対して、
尊厳と共感を持って関わることを基本とした
コミュニケーション方法です。

 

認知症の高齢者とコミュニケーションをとる場合、いわゆる健常者とのコミュニケーションと
同じように考えていると、当然うまくいきません。
認知症の方は、こちらが思ってもいない行動をとったりするといわれていますが、
それらを否定することなく、肯定し共感することによって、
認知症の方の懐に入らなければいけません。
そして、相手の言動に同調することによって症状が和らぎ、相手を落ち着かせることができるのです。

 

そんなバリデーション療法は、ビジネスやプライベートの会話術としても注目されています。
バリデーション療法にはさまざまな手法がありますが、
今日は日常の会話にも活用できる手法を3つ紹介していきたいと思います。

 

①まごころを込めたアイコンタクトをする

まずはアイコンタクト、相手の目を見て話すというのはとても大切なことです。
ただ、このアイコンタクト、目を見開いてじっくり相手の目を見ると威圧的なイメージを与えてしまう場合があります。
軽く微笑むような感じで優しい目線を送ることによって、相手に安心感を与えることができるのです。

 

②言ったことを繰り返す

相手が言ったことを繰り返します。
そうすることによって、
話を共感してもらえるというイメージを与えることができます。

例)

Aさん「こんな大きな犬がいたんだよ!」
Bさん「そんな大きな犬がいたんですか!」

自分が言ったことを共感してくれていると思わせることができます。
相手の話に対して否定から入ると、相手はその段階で心を閉ざしてしまいかねませんよね。
ですから、まずは肯定から入り、相手の心の扉を開けておいてから自分の意見を伝えましょう。

 

③極端な表現を使う

これは相手が感情的になっている場合にかなり有効な手法です。

例)

Aさん「この商品は高すぎる!」
Bさん「これを買ったら生活できなくなってしまいますか!?」
Aさん「いや、そこまではいかないけど」

相手の気持ちを静める効果があります。
ただ、使い方によっては相手に対する嫌味に取られてしまう場合もありますから、
落ち着いている時には使わないほうがいいです。
あくまで感情的になっている場合のみ使用しましょう。

 

これらは日頃の会話や人前で話す時なんかでも
かなり使えるんじゃないでしょうか。
会話が苦手だって人は頭に入れておいてくださいね。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

金川顕教

 

■■金川顕教の無料メルマガはこちらから■■

 

あなたの先輩成功者たち3.5万人が愛用する金川顕教の
無料メールマガジンの内容とは?

 

「僕の人生を変えた、お金を稼ぐ力をつけるためのメルマガです」(30歳男性)

「これを読んで年収1000万円達成しました!今や年収は2400万円です」(31歳男性)

これらは購読者のお声です。

 

超有料級の内容をお届けいたしますので、是非ご購読ください!!

 

金川顕教無料メールマガジンはこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/mailmagazine/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。