ニーズに見合ったものを提供できれば収入アップ間違いなし!

こんにちは。
金川顕教です^^

 

はい、昨日に引き続き、ダンケネディーのマーケティング概念3Mの
お話をしていきたいと思います。

 

昨日のブログでは”マーケット”についてお話しているので、
まだ見ていない人は要チェックしてください。
今日は2つ目の要素です。

 

・メッセージ(何をどのように伝えるか、動画で伝える?文章で伝える?)

何かを伝える時に、誰に向けてどんな方法をとるのか考えてみましょう。
昨日もお話したように、伝えたいターゲットを明確にしなければいけません。

 

例えば、20歳の友達に「焼肉食べに行こう!」と誘う時、
わざわざ文通はしないですよね?
今ならLINEのスタンプひとつで伝わるかと思います。
20代であればそれで完結する話ですよね。

 

おじいちゃんに話すなら「LINEが使えないからショートメールがいいかな?」とか、
相手によって連絡手段を変化させるということが自然だと思います。

 

そして、メッセージと一概に言いましたが、連絡方法だけの話ではありません。
お客さんの目に触れるすべてがメッセージだと、金川顕教は考えます。

 

お金を稼ぐという”商売”は自分を改革させるということ。
自分をすべて変えていくような気持ちが必要になります。

 

なぜなら、どんなに隠しても会ったらそのまま自分の表情が見えてしまうからです。
すべて伝わってしまうので、魅力的なメッセージを発信し続けることが大切です。

 

特に、新規のお客さんは商品を手にする前にお金を支払ってもらわないといけません。
30万の商品を売りたいのであれば、まずは30万以上の商品の価値を感じて、
感情が揺れ動かないと財布を開いてはくれません。

 

それが人間の心理であり、振込やカード決済をするには感情を刺激しなければ動かないと考えていいでしょう。
不動産だったら敷金礼金家賃と計算すると、30万40万ってかかるわけですよね。
お気付きのように、住む前に「ここに住みたい!」と感じるから30万40万支払ってでも住むのです。
飲食店だったら「美味しそう!」、洋服屋であれば「かっこいい!」と値段以上の価値を感じていれば買うのです。

 

つまり、商品がまったく売れなくて嘆いているのならば、
売れない理由を探すのではなく、
値段以上の価値がメッセージとして伝わっていないことになります。

 

・一方通行なメッセージではないか?
・マーケットが一致しているか?
・どんなお客さんを捕まえたいか?

 

という部分に着目して、ニーズに見合ったものを提供していけば、
収入は自然と上がってくると、金川顕教は感じています。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
明日はダンケネディーのマーケティング概念3M、最終章です。
3つ目の要素”メディア”についてお話しいたしますので、
お見逃しなく^^

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。

今日

まだデータがありません。

週間

まだデータがありません。

PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。