チーム全体のモチベーションを上げるテクニック

こんにちは。
金川顕教です^^

 

「ホーソン効果」って聞いたことありませんか?
ホーソン効果は仕事のモチベーションを上げる
テクニックの一つです。

 

“ホーソン効果とは、治療を受ける者が信頼する治療者に
期待されていると感じることで、行動の変化を起こすなどして、
結果的に病気が良くなる(良くなったように感じる、
良くなったと治療者に告げる)現象をいう”

↑ Wikipediaより抜粋。

 

この説明では病気の患者が例になっていますが、
ビジネスに置き換えることもできます。

 

例えば上司や友だち、あるいは信頼している人に
期待されていると感じると、
ついつい頑張ってしまいませんか?

 

高いモチベーションで仕事をこなすので、
結果的に生産性が上がります。

 

逆に、誰にも期待されずにいると
モチベーションがなかなか上がらず、
究極サボってしまうこともあるかもしれません。

 

ホーソン効果を使ってモチベーションを上げる方法

ホーソン効果が発動するポイントは2つです。

①誰かに期待されている
②誰かに見られている

この誰かというのは上司や友だち、
信頼している人のことですね。

 

では、どうやってこのような
シチュエーションに持ち込むのか?
意図的に作ればいいんです。

 

①の自分が期待される環境を作るには
2つの方法があります。

 

1.メンターを見つける

師匠は弟子に期待するものです。
あなたが本気で教えを請うことで、
期待度も上がるでしょう。

 

2.上司や友だち、信頼している人のために頑張る

あなたが人のために頑張ろうと思えば、
その人もまた期待してくれるものです。
その期待に応えるために頑張ることで
強力なパワーを発揮することができるんです。

 

②の誰かに見られている環境は
簡単に作ることができます。

 

例えばこんな経験ありませんか?

「上司が見ているからサボれない」
「後輩の前だから威厳を保とうとする」
「かわいい子が見ているから張り切ってしまう」

 

これも突き詰めると、
誰かに見られていることで
爆発的なパワーを発揮しています。

 

なので、できるだけ人の目につくところで
仕事をするということが、
モチベーションを上げる一つの方法なんですね。

 

例えば、あえて上司に見られる場所で仕事する。
後輩を連れて営業にいく。
かわいい店員がいるカフェで仕事する。
こんな感じです。

 

まとめると、
ホーソン効果というのは
「自分自身にプレッシャーを与え、
それをモチベーションに変えている」
ということなんですね。

 

できるだけ誰かに期待され、
誰かに見られる環境で仕事をすることで、
あなたのモチベーションは上がるはずです。

 

また、あなたが後輩や部下を持つ立場であれば
期待してあげる。
意図的にホーソン効果を使うことで
全体のモチベーションが
上がるかもしれませんね。

金川顕教

 

=================

金川顕教の新しい電子書籍が出版されました

「完全放置で手堅く稼ぐ仮想通貨入門」

仮想通貨やビットコインというワードは今かなりホットで、
CMなどでも耳にするようになってきましたよね。

それでも、未だに

「ビットコインがよく分からない」
「とりあえず、怪しい」
「買う気はないけど…興味はある!」
「全く分からないから教えて欲しい!」

という人達もいると思います。

そこで、今回は12冊連続で仮想通貨の内容にしました。
1冊でボリューム多く書くと頭がパンクする可能性があると思いましたので、
2冊に分けて読みやすくしています。

まだ読んだ事がないかたは、ぜひ一緒に読んでみて下さい!

1冊30分程度で読めるので、今すぐダウンロードしてください。

金川顕教の無料電子書籍はこちらから
http://akinori-kanagawa.jp/production/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



株式会社Social River代表取締役。
三重県生まれ、東京都港区在住。

中学校のころ両親の離婚をきっかけにグレてしまいヤンキーになる。勉強は一切やらず、偏差値は35。しかし、そこから奮起し驚異の猛勉強。2浪を経て立命館大学に入学。大学在学中に三大国家試験、公認会計士の試験に合格、のち世界一の会計事務所デロイトトウシュトーマツに就職。「これで自分の人生はバラ色だ」と満足するも、3年後、「もっと自己成長して、自由になりたい」と考え始める。

そこから起業を考え始め、副業を開始するとなんと給料の10倍を稼いでしまう。これを機に、副業開始から4ヶ月後に会社に辞表を提出し、起業。
事務所なし、従業員なしの「一人会社」は年々売上をのばし、3年間で2億6600万円を売り上げる。今期で4期目を迎え、年商は5億円を見込んでいる。サラリーマン時代では想好きな時に、好きな人と好きなことをする、自由を日々満喫している。

2016年には初の紙の本「チェンジ~人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる! ~」を出版。アマゾン本総合ランキング10位(漫画、絵本含め)、アマゾンビジネス部門1位、アマゾン本レビューランキング1位を獲得。店頭の書店では、総合ランキング1位と多くの人にその価値観が受け入れられている。都内の電車内や日経新聞でも著作が紹介され、もはや知らない人の方が少ないかもしれない。
電子書籍は月間ランキング1位、更に4冊の書籍は常にランキング6位以上を独占、累計6万部を優に超え、サラリーマンの多くに多大な影響を与えている。

あなたは「天才的なセンスを持ってるんでしょ、私とは違う」とわたしの印象を持つかもしれない。しかし、わたしの人生は、実際に山あり谷ありで誰よりも過酷だ。両親の離婚問題、偏差値35からの大学受験、養子問題、心はズタズタになるまで攻撃され、誰よりも精神的なピンチを味わってきた。それでもわたしは、『ピンチはチャンス』を合い言葉に逆境を乗り越えてきた。
わたしはあなたにもどんな逆境にも負けずに成功を勝ち取って欲しいと思っている。その活動の一環であるメルマガでは購読者が1万9千人を突破し、その教えで実際に成功を収めるものは数知れない。


現在は起業家の育成、経済的な自由という同じ志を持つコミュニティー運営に力を入れている。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。