スランプは対処しないに限る??

こんにちは。
金川顕教です。

 

今日はスランプからの脱出方法について
お話していきたいと思います。

 

「なんかうまくいかないなー」
「仕事が捗らない」
誰にだってこんな経験あると思います。

 

特に『完璧主義者』の人は
日々スランプと対峙しているでしょう。

 

完璧主義の人は
周囲から信頼されやすく、
細かく丁寧な作業が得意などの
メリットがある一方で、
デメリットもあるんです。

 

それは「臨機応変に対応できないこと」。
これこそがスランプに陥りやすい
最大の理由でしょう。

 

例えば完璧主義のAさんが
デスクで黙々と作業しているとしましょう。

 

そんなとき上司から
「A君、お昼までにこれやっておいてくれないか?」
なんて言われたらもうアウトです。

 

完璧主義の人って
何時にコレをやっていついつまでアレをやって
というように1日の流れを
頭の中で細かく計画して、
その通りに進まないと
イライラする人が多いんです。

 

これ自体はもちろん悪くないですが、
臨機応変に対応できない人が
頭の中の計画を崩されると、
それを元に戻すことにエネルギーを
使ってしまいます。

 

そうなると、
本来やるべきことに
集中できなくなります。

 

「なんかうまくいかないなー」
「仕事が捗らない」
とスランプに陥った状態になります。

 

スポーツ選手の話なのですが、
遠征などで普段とは違う環境になると
本来の力を発揮できない選手が多いそうです。

 

いつもとは違うベッドや枕の高さ、
食べ物や飲み物、それらが普段と違うことに
ストレスを感じ、スランプに陥ってるんだそうです。

 

要するにスランプというのは、
理想と現実のギャップによって生じるもの
だと言えるでしょう。

 

では、スランプに陥ったら
一体どう対処するべきなのでしょうか?

 

スランプから抜け出すためには
さまざまな方法がありますが、
「対処しない」というのも
実は一つの方法なんですね。

 

どういうことかというと、
調子の良いときの自分と比較せず、
「今ここ」に意識を集中させたうえで
目の前のやるべきことをやっていくだけ、
ということですね。

 

もしスランプに陥っても
それを止めることなく自分の得意なこと、
比較的取り組みやすいことをやり続けることで、
スランプから抜け出すことができるんです。

 

イチローもこのように言っています。

 

「スランプは対処しないことです。
辛いけどそのままやってください。
どうすればいいかわからなくても
わからないままやり続けるしかない」

 

「スランプだから」となにもしなかったら
スランプから抜け出すことはできません。
周りのライバルとの差もどんどん開いてしまうでしょう。

 

スランプだからこそ頑張る、
辛いという自分の感情とは関係なく
とにかくやれることをやるべきですね。

 

スランプは乗り越えれば乗り越えるほど
自分自身の成長につながります。

 

なので、もし
「なんか全然うまくいかないなぁ」
とスランプに陥ったら、
そんなときこそ、目の前のことに
集中してください。

 

それこそがスランプを抜け出す
唯一の方法であり、
自分自身を成長させる方法だと思います。

 

ぜひスランプから抜け出し、
進化していってください。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

金川顕教

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

金川顕教 プロフィール



◉──経営コンサルタント、ビジネスプロデューサー、投資家、事業家、作家。 三重県生まれ、立命館大学産業社会学部卒業。 大学在学中に公認会計士試験に合格し、世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツ勤務を経て独立。

トーマツでは、不動産、保険、自動車、農業、飲食、コンサルティング業など、様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査を担当。数多くの成功者から学んだ事実と経験を活かして経営コンサルタントとして独立し、不動産、保険代理店、出版社、広告代理店など様々なビジネスのプロデュースに携わる。

◉──「量からしか質は生まれない」をミッションとして、1人でも多くの人に伝えるために執筆活動を開始し、ビジネス書、自己啓発書、小説など多岐にわたるジャンルでベストセラーを連発させている。

著書に「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!」「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」「財布はいますぐ捨てなさい」「初心者を代表して不動産投資について教わってきました!」(いずれもサンライズパブリッシング)「ラクラク・かんたん・超楽しい!はじめてのブックメーカー投資入門」(秀和システム)「すごい効率化」(KADOKAWA)「20代の生き方で人生は9割決まる!」(かんき出版)「これで金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。」(ポプラ社)「毎日チェンジ手帳」(扶桑社)「1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考」(すばる舎)「シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法」(あさ出版)「仮想通貨投資入門」(秀和システム)「ひとりでも、君は生きていける。」(学研)などがある。
PAGE TOP

8000人が愛読中の「理想が叶うLINE通信」はこちらからご登録ください。